「キッチン家電」女性なら使っていらっしゃると思いますが、日進月歩の世界。どんどん進化しています。
最新の「キッチン家電」にどのような機能がついているのか見てみましょう。驚きの連続ですよ。


「炊飯器」

日本の炊飯器は中国でも大人気だそうです。あちらで買うと日本の数倍のお値段になるため、日本で買っていかれる方が多いのですね。それほど、美味しく炊けるということ。炊飯器といっても1万円台のものから10万円くらいするものまで、その価格の差にびっくりしてしまいますが何がそんなに違うのかその機能についてみてみましょう。


東芝「備長炭かまど本羽釜」搭載の2.5合炊きIH炊飯器

2015年11月以降に発売される炊飯器。
2.5合炊きで小容量タイプのIHジャー炊飯器。昔ながらの羽釜の形にならった「備長炭かまど本羽釜」を採用し、羽釜同様に羽から上の空間を広く取る「連続沸騰うまみ空間」によって、沸騰初期の加熱量を高めて、連続加熱と沸騰を可能にする。
この連続沸騰の間に、引き出されたうまみ成分(おねば)が、お米一粒ずつを包み、バランスのよい固さと粘りで炊き上がるため、

ごはんの甘みが従来比で約12%向上。、「おすすめ」「しゃっきり」「もちもち」「やわらか」と4通りに炊き分ける「かまど名人」コースを搭載し、お米の特性や好みに合わせて、炊き上がりを選択できる。また、専用の「麦ご飯」コースを備えた。
お値段は6万5千円前後のものと8万5千円前後のものの2種類で、麦飯が炊けるというのが流行りのようです。

◆シャープ「ヘルシオ ホットクック」

「無水調理」が手軽に出来る電気無水鍋。
メニューをセットすることで、自動で火加減が調整され簡単に無水調理できる電気無水鍋。無水調理とは、水を使わずに野菜などの食材に含まれる水分を活用した調理方法。
ホットクックでは、ふたの内側に施した円錐の突起「旨みドロップ加工」が、食材から出た蒸気を水滴にして鍋の中を循環させる。
無水調理では、食材の持つビタミンCや葉酸など抗酸化作用のある栄養素やミネラルを多く残せる、食材本来のおいしさを味わうことができるという。他では見ない新しい電気調理器です。カレーも出来ちゃう優れもの。店頭予想価格は6万円前後。

◆バルミューダ「The Toaster」

パン好きの間では、話題になっているのがこちらのトースター。理想的なトーストを焼き上げてくれる夢のようなものなのです。
最大の特徴は、水を入れて発生させる「スチーム」と「温度制御」の2つの独自のテクノロジーが搭載されていることだ。一見すると普通のオーブントースターにしか見えないが、焼き上がりは全く今までのトースターとは別物です。
トーストだけでなく、バゲットやクロワッサンも美味しくなります。価格は2万5千円弱

◆クイジナート「オートクッキングブレンダ―」

加熱ヒーターを搭載したブレンダー。6枚刃のステンレスブレードが、1分間に約7,500~21,000回転して食材を撹はんします。
ヒーター内蔵のプレートにより加熱した食材をそのまま混ぜられ、スムージー作りだけでなく、スープやソースなども1台で調理できるのです。
音が少しうるさいのが難点のようです。食材を入れただけで調理できる自動プログラムも搭載。店頭予想価格29,800円

◆バイタミックス「バイタミックスS30」

スムージーブームと芸能人の愛用者が多いことから人気の出たバイタミックス。スターバックスなどでも使われていることでも有名です。そのバイタミックスから1~2人用のコンパクトなタイプが登場しました。
トウモロコシとジャガイモ、ニンジンを少量の水で煮込んだところにコンソメを1つ放り込んで、S30で攪拌すればあっという間にスープができあがる。裏ごしの必要なんてまるで感じない、滑らかなスープのできあがりです。
お値段が10万円近くするので、簡単に買うというわけには行かないが、これで作ったスムージーやスープを飲んでみると、とても欲しくなってしまうのです。希望小売価格 89,000円


最期にキッチン家電ではありませんが、気になったのでご紹介。

◆ダイソン「V6 Animalpro」

ダイソンからはスティックタイプ掃除機がお披露目されています。カーペットの間に入り込んだペットの毛も一網打尽。ペットを飼っている家ではペットのためにカーペット敷きにしているところが多く、ペットの毛の掃除は悩みどころです。そんなペットオーナーのお悩み解消。
「V6 Animalpro」には、ふとんやソファーの掃除に適したミニモーターヘッド、玄関の床にこびりついた泥汚れも落とせるハードブラシ、延長ホースなども付属しています。犬と一緒に家に入ってくるアレルゲン(ノミや花粉、泥に混じったカビなど)を取り除くツールも充実。


電化製品の進化といったら、とどまるところを知らず、ついていけなくなってしまうほど。便利なものは取りいれられるなら取り入れて快適な生活をしたいと思うのは誰しも同じです。それぞれの家庭に合ったものを選んで快適な生活をしたいものですね。



KIJ_gyoumuyougasudai-thumb-815xauto-13805
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)