「プロ彼女」という言葉、耳にしたことありますか?「何?そんな仕事があるの?」と思ってしまいますよね。最近テレビで話題になっていましたね。一般女性と称し、一流芸能人と結婚するような女性のことを差しているようです。その秘密に迫ってみましょう。


「プロ彼女」

芸能人の男性が相手が一般人女性と結婚というニュースこの頃立て続けに聞いています。
一般女性ってどんな人なんだろうと疑問に思ったことありませんか。一般女性と言えば自分も含んだ普通の人のことです。でも、一般女性には、まず芸能人と知り合えるチャンスなんてそうそうないのになぜ?って思ったことありませんか。

そもそも「プロ彼女」という言葉を生み出したのは漫画家でありエッセイストでもある能町みね子さん。ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが結婚した際に、お相手を「プロ彼女」と称したことがきっかけでした。

能町さんのプロ彼女の定義は以下の事のようです。

・芸能人やスポーツ選手のみと付き合う
・本人は無名(過去にモデル経験等があってもその証拠を残さない)
・ネット検索しても自分のブログが出てこない
・報道では「一般女性」とされる女性
・彼女として完璧にプロ級
・プロ彼女と結婚した芸能人の株は上がる

たとえ、過去に読者モデル等で芸能関係でお仕事したことがあっても、それをおくびにも出さずあくまでも一般女性っぽい女性というのがポイントだそうです。


「プロ彼女と結婚した芸能人」

・西島秀俊さん

筆頭に挙げられるのはやはりこの方でしょう。西島さんは「結婚相手にもとめる7つの条件」というものがあったそうですが、それがすごい。


1:仕事のワガママは許すこと
2:映画鑑賞にはついてこないこと
3:目標を持ち一生懸命な女性であること
4:「いつも一緒」を求めないこと
5:女性の心理の理解を求めないこと
6:メールの返信がこなくても気にしないこと
7:1ヵ月半会話がなくてもガマンすること

本当ですか?と目を疑うような条件だと思いますが、いかがでしょう。
いくら西島さんが相手とはいえこれはかなり大変なレベルですね。これをクリアして容姿端麗で性格もパーフェクトという女性に対する畏敬の念から生まれたようです。

・藤原竜也さん

藤原さんも9年間お付き合いした一般女性と結婚されました。交際10年目を迎える区切りにとのことです。6年間同棲もしていたそうです。粘り強く陰から支えてくれたことがポイント。

・藤木直人さん

やはり9年間の交際を経て結婚されました。撮影の休憩時間に差し入れをそっとするような気の利いた女性とのこと。モデル顔負けのスタイルに美人女優の顔をのせたような女性だそうです。それでいて心遣いも出来るなんて、男性なら誰もがほっておきませんよね。

・ロンブー敦さん

元モデルの一般女性。一度別れてから復縁されての結婚。「何でも許してくれる出来た女性」ということです。飲み会で遅くなっても何も言わず、メールもせず、朝まで帰ってこなくても起こらないのだとか。そんな心の広いところが敦さんのハートを射止めたのでしょうね。
彼女が作ったお料理にダメ出しをしても、「ごめんなさい」と瞬時に謝るのも可愛いところなのでしょう。なかなか真似出来る事ではありませんね。

・坂口憲二さん

30代前半の一般女性と結婚されました。京都ご出身の和風美人だとか。赤坂で飲食店を経営されているそうです。某有名人の元カノという噂もあるそうです。

・堤真一さん

5年の交際を経て結婚。30代前半の会社員の一般女性。深津絵里さんと北川景子さんに似た美人とか。「清楚で物静か、美しく華がある」とも言われています。

このように見てみると、一般女性と結婚された男性とても多いですね。


「プロ彼女」になるには

当たり前ですが、プロ彼女には誰もがなれるわけではありません。
やはり、一般人と言ってもかなり容姿端麗であることが求められます。そして、芸能界にはいないけれどそれなりのコネクションがあることもポイントです。いくら容姿端麗で性格がよくても知り合えなければ結婚はありえないのですから。そして、相手を尊重する努力をかなりできる人でなければ無理だと思いますが、皆さまはいかがですか。


芸能人が一般女性と結婚と聞いて驚きましたが、そこには「プロ彼女」のような存在があったのでしょうか。作り上げられた存在のような気もしますが、やはり普通の一般女性とは程遠いような気がしていますが・・・・・・
でも、これを読んでいらっしゃる一般女性の皆様にもチャンスはあるかもしれませんよ。



YUUSEI85_yaritenodezaina15234707-thumb-815xauto-12375
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)