オーストラリア、シドニー。南半球に位置するこの国は、日本と季節が真逆です。12月、日本が木枯らしに吹かれて雪の降る頃、シドニーの街は暑い夏を迎えます。

みんな半袖にサングラス、休みになればビーチに出かけます。日本の日差しとは全く違う、ヒリヒリ、じりじりするような紫外線を感じつつ、でも日本の夏みたいに湿気がないので、建物の中や日陰に入れば結構涼しいのです。

そんな中、12月と言えば世界はクリスマス。街の至る所に、大きなクリスマスツリーやリース、ヤドリギが飾られています。それはもう、なんとも全く変な感じ。こんなに暑いのに、なんだかまるでみんなが揃いもそろって街中で私を騙そうとしているんじゃないか、ってくらいの違和感です。あっつい真夏の、クリスマスツリー。

一番素晴らしかったのは、市街地のQVB(Queen Victoria Beauty)と呼ばれる建物の中心に、一階から三階に吹き抜けのホールがあって、そのスペース全てを埋め尽くす巨大なクリスマスツリーが設置されます。あんな大きなクリスマスツリーは、後にも先にもなかなかないと思います。
物凄い迫力で、それをみるために、またQVBに人が溢れます。わたしも何度も見に行きました、何度見ても素晴らしかったです。

あとは、大きな教会をプロジェクションマッピングでツリーに変えたり、なんともゴージャスな真夏のクリスマス。そんな「御冗談を・・」と言いたくなるようなクリスマスシーズン。みんなそれぞれに、クリスマスのプランを立てていました。

私は有難いことに、まずクリスマスイブは最初ホームステイをさせてもらっていた家族がディナーに招待してくれて。久々の再会とクリスマスを祝いながら素敵な夜を過ごしました。優しいファミリーと豪華な夕食を囲みながら、今何処でどんな生活をしているんだ、良い環境にいるのか、仕事や音楽は順調か。たまに連絡は取っていたものの、本当にいろいろ心配してくれていたので、彼らの心配を取り除くべく、わたしはとっても沢山話しました。夕食の後はみんなで歌ったり踊ったり、とっても楽しかった。

クリスマス当日は、普段働いているレストランの人たちと海でBBQパーティー!クリスマスに海でBBQパーティーする日が来るなんて思ってもみませんでした。

街には、サングラスをかけたサンタクロースの姿がチラホラ・・。「プレゼントちょうだい」と声をかけると「そんなもんあるかい・・」くらいの基本無愛想な返事。「サンタさんじゃないの?」と聞くと「サンタの格好をしてるだけだ、ほっとけ」みたいな意味不明サンタ多し。笑。時には愛想の良いサンタクロースが、車や建物の窓から、身を乗り出して手を振っていたりしました。別に何もくれはしないけどね・・。

当日、集合場所のビーチへ行くと、みんなもちろん半袖サングラス。でも、せめてものクリスマスらしさ演出みたいに頭に三角のとんがりパーティー帽(クリスマス使用)をかぶっていて、なんだか滑稽でした。
笑いをこらえながらその輪に入ると、さすが料理人だらけのBBQ、そらもう豪華。そんじょそこらのBBQじゃ御目にかかれない豪華なご馳走に溢れていました。お腹いっぱい食べても食べてもご馳走が出てくるので、途中で海へお散歩へ。砂浜をはじっこまで歩いて、岩場の様なところまで来ました。
すると、日本人のっシェフさんが「ええ!?なんだこれ!?」と叫びました。友達と駆け寄ると、その岩場の水の中はなんとウニだらけ!海に入らず、岩場の上から見えるだけでも、物凄い数のウニがそこに生息していました。「すごい!ウニだらけ!」大興奮し、3人で海に足を入れシェフさんのかぶっていた帽子に入るだけのウニを入れてみんなのところに帰りました。

いきなり大量のウニを持ち帰った私たちにみんなも驚いて、ちょっと騒ぎになりましたが、オーストラリア人のオーナーが言うに、オーストラリアでは普段ウニは食べないとのこと。だから、あの高級食材が手の届くところで野放しになっているのです。

なんてこった・・。確かに、お店でウニの説明をするとかなり不思議で珍しそうにたぶん珍味としてみんな食べていました。あんなトゲトゲの生き物を食べようって方が珍しいのかな?まあ、とにかく日本人には高級食材です。私たちは大喜びで、その場でウニを焼いて食べました。美味しかった、笑って笑った真夏のクリスマスは、ウニの思い出。


【JUPITERSTORE】

sydney-772084_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)