月曜日、朝起きて特に雨なんて降っていたりすると・・。なんとも憂鬱な一日の始まり。

雨の日が嫌いな人は少なくないはず。わたしも家にいる間は、雨の音が結構好きで良く眠れるし気持ちがいいのだけれども。仕事に、学校に行かなきゃって時に雨が降っていると、どうしてもちょっと気持ちが沈んじゃいますよね。

そんな少し暗い気分の雨の日には、色の魔法をかけてみませんか?カラフルなアイテムが、あなたの気持ちを明るくするための助けになってくれるかも。生活やファッションに色を添えて気持ちが明るくなったら、いつのまにか天気までごきげんになっていたりして。

朝、雨、しとしと。寒いし、濡れちゃうし、出来ることなら一歩も外に出たくありません。
そんな日は色に力を借りて、暗い気持ちを明るく彩ってみましょう。

なにはともあれ、まずは体を起こさなくちゃ。

私は、雨の日に限らず、朝はまずコップ一杯の白湯を飲みます。急いで飲んではだめなの、意味がないの。ふうふうしながら、5分から10分かけてゆっくり飲みます。インドの女性には当たり前の健康習慣のよう。
まず空っぽの胃を、ゆっくりコップ一杯の白湯で動かし、目を覚まさせることで、正常に体全体と内臓が動き出すのです。
体の循環もよくなり一番手っ取り早く、費用も時間もかからないデトックスでダイエットだと私は思っていますよ。お試しあれ。

はい、なので、寝起きにはまずあったかいお湯をわかし、癒しのグリーンのマグカップでほっとしましょう。自分のカラダに「おはよう」を告げる作業です。
白湯をのんで、体が目を覚まし、「 よし着替えよう。 」

まず、自分の気持ちを盛り上げるために一番効果的なのは赤色の下着。チャクラカラーも含め、朝、一日の始まりに一番必要なのは始まりの色「赤」なのです。洋服で着ない場合は食べ物で色を補うこともできます。毎日赤い服を着るわけではないのでね。
わたしは毎朝必ずトマトを食べますよ。赤を体に入れると、気持ちがしゃきっとするからね。わたしの朝に「赤」はかかせません。

朝食には、なるべく新鮮な果物を沢山たべましょう。私は朝、だいたい果物が主食なので、オレンジやバナナ、リンゴ、キウイなど、3種類くらいは食べます。特別に元気が欲しい時は、マンゴーやパパイヤなど、南国の果物がお勧め。南国の果物はとてもパワフルです。私の場合、果物をたくさん食べて、その補助で少しパンを食べるくらいです。

心地よい音楽を聴くのもいいでしょう、なるべく綺麗な音楽があなたの心を助けます。

もし、すこし時間に余裕があるのなら、ふとした瞬間に目に入ってくる指先は単色ネイルでピンクにしてみよう。ちょっと車に水を飛ばされたって、ピンクが目に入れば優しい気持ちになれるはずです。

荷物を守ってくれるバッグは、パキッと鮮やかなイエローをチョイスしてみましょう。黄色はみているだけで自然と元気か出る色ですよね。気楽さや、遊び心、創造性を与える黄色は、クリエイティブな感情を心に与えてくれる、言わば「お助けマン」です。

だんだんと自分がカラフルになれば、気持ちは明るくなってきます。雨の日にグレーや黒い服なんて来たらどんどん気持ちが沈んでいっちゃいますからね。なるべく、自分がリラックスできる色や、自分を盛り上げてくれる色を選んでいきましょう。

こころの準備ができたら、さあ、でかけましょう!あなたはそんなにカラフルなのだから、もう雨の憂鬱さになんて負けません!もちろん傘も、黒や紺よりもなるべく明るい色のモノを選んだ方が気持ちも上がりますよね。

むかし、子供のころに「おまじまい」なんて色々試しませんでしたか?そういう自分に合った小さな魔法を少しづつ増やしていき、身に着けてみてください。あなたに合った素敵な魔法が、きっとたくさんみつかるはずですよ。


「おまじない」については、今度またゆっくり書きますね。

とりあえず、いってらっしゃい!



KAZ99_mizutama-thumb-815xauto-18282
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)