今年も残りあと少しですね。1年振り返ってみてどんな一年でしたか?
日本では年間を通して季節に合わせて様々な行事が行われますが、12月にはいったいどんなことが行われるのでしょうか。ご存知の方もおさらいしてみましょう!
古くから伝承されてきたものも含む、12月(師走)の主な行事を紹介していきます。

★印のものは中国由来の季節の区切りを表す二十四節気です。これも一緒に見ていきませんか?面白いですよ♪


◎7日頃 ★大雪(たいせつ)

雪がたくさん降る時期という意味があります。雪がこの頃から多く降り始めます。またクマが冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころでもあります。

◎13日 「正月事始め」

お正月に向けて準備を始める日です。現在の大掃除のもととなるものが、全国で行われている「すす払い」です。この日に神社では神様を迎えるためのすす払いが行われます。TVでもよく見かけますよね。
昔からお雑煮の材料を用意したり、神棚や仏壇の掃除をしたりして新年を迎える準備をする習わしがありました。

この時期から少しずつ家の掃除をしておけば、慌ただしい年末にバタバタしなくても済みますよね。カーテンを洗ったり、下駄箱の掃除や整理整頓。換気扇の掃除など大きなことはこの頃から手を付けて済ませてお年末は要所だけ掃除すればいいようにしておけば余裕ができますし、とても楽ですよね!この古くからある習慣をぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。

◎21日ごろ ★冬至(とうじ)

1年の中で昼間の時間が最も短い日です。夕方17時には暗くなるこの時期。寒さも本番…
この日は「ゆず湯」に入り、身体を温めて風邪をひかないようにします。また、冬至には「ん」がつく食べ物を食べると「運」がつく、運を呼び込めると言われているそうです!
にんじん、だいこん、レンコン…ぎんなん、きんかん、みかんなどたくさんありますね!運がつくなんてステキ!何だか試してみたくないですか?楽しそうですよね!

また昔から冬至にはかぼちゃを食べる風習があります。なぜでしょう?!
かぼちゃは漢字で書くと南瓜(なんきん)…これにもちゃんと「ん」がついていますね♪南瓜にはビタミンAやカロチンが多く含まれていますので風邪予防にもなります。煮たりスープにしたりしても美味しいかぼちゃ。
ゆっくりと香りの良いゆず湯に入り、温かいかぼちゃ料理で寒い冬を乗り越えましょう!

◎25日 「クリスマス」

キリスト生誕祭です。クリスマスカードを出す場合は、24日までに届くようにしましょう☆
今は単なるカードではなく、立体でツリーになったりして可愛く飾れるカードもたくさんありますよね!こんなカードでしたら少し早めに出したら相手の人にクリスマスまで部屋に飾って楽しんでもらえるかもしれませんね。
また、海外に出す場合は混み合ってしまいますので11月下旬から12月初旬には出すようにした方が良いでしょう。

◎31日 「大晦日」

1年の終わりの日。お正月の準備をすべて済ませます。大晦日にはさまざまな年越しの行事が行われます。
年越しの夜のことを「除夜」とも言います。除夜は年神を迎えるために一晩中起きている習わしがあります。年越しそばを食べて、眠らずに新年を迎えます。ぜひ静かに除夜の鐘の音を聞きましょう♪


いかがでしたか?
忘年会やクリスマスパーティ…何かとイベントが入り慌ただしく過ぎてしまう12月ですが、これらの行事や習わしごとに少し意識を向けて昔ならではの習わし事もやってみませんか?そして早めにお家を綺麗にしてスッキリ年始を迎えたいものです。

大切な人と、家族と…元気に楽しく年末を過ごして下さいね☆




9a60a27a8598deecc46890e84fedf0ba_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)