少し前までは、韓国旅行に行く女性がとても多くいらっしゃいました。周りでもよく聞いていましたし、近場で行かれるところとして人気がありました。この頃あまり聞かないと思っていたら、人気はどうも台湾旅行へと移っていたようです。食べ物も美味しく安心して行かれる場所として女性人気が高いようです。どんなところが人気なのか調べてみました。

「台湾って??」

台湾は日本から割と近いこともあり、よく耳にしますが、台湾についてどのくらいご存知でしょうか。せっかくなら、台湾についてよく知ってから出かけたいですよね。どんな国なのでしょう。

【正式国名】
中華民国(台湾) Republic of China (Taiwan)

【国旗】
青天白日満地紅旗。1928年、中国国民党政府により公式に中華民国旗に制定された旗を継続使用しています。赤、青、白は孫文の三民主義、赤は民族主義で自由、青は民権主義で正義、白は民主主義で友愛を表しています。太陽の光線は十二刻を表しています。

【面積】
約3万6千平方キロメートル(日本の九州ほど)

【人口】
2343万3743人(2014年8月現在)

【首都】
台北

【元首】
蔡英文総統

【政体】
民主共和国・1972年に日本と中華人民共和国が国交を結んだことから、中華民国(台湾)は日本と国交を断絶しました。民間レベルの交流は盛んですが、日本政府は中華民国(台湾)を国家とは認めていません。

【宗教】
仏教、道教、キリスト教など

【時差】
日本との時差は-1時間。日本が正午のとき台湾は午前11時。

【日本からのフライト】
台北には台湾桃園国際空港と台北国際空港があります。台湾桃園国際空港へは成田から直行便で約4時間、大阪から約3時間。台北国際空港へは羽田から約4時間です。

【通貨】
台湾の通貨は台湾元。略称は元(ユェン)。ニュータイワンドル、圓(ユェン)とも表記され、口語では塊(クァイ)と呼ばれることも多い。2015年12月20日現在の為替レートは1元=約3.7円。表示額の約4倍が、日本円相当額です。

【税金】
消費税は5%で商品の価格に含まれています。税金還付制度(TRS)実施店で一定額以上の買ものをした時に返却されます。

「台湾グルメ」

台湾と言えばグルメが気になります。台湾に行った方はたくさんの美味しいものを食べているようですね。どんなところがお勧めでしょうか。

・欣葉

台湾料理の老舗です。美味しいお料理とおもてなし。きちんとしたおもてなしを受けられるので日本人のファンの方も多くいます。素敵なエントランスからテンションも上がります。総席数450席と言うから圧巻です。平日でも大賑わいから地元の方からも愛されている老舗であることがわかりますね。初めての時は、スタッフの方に予算を伝えて提案して頂くことも可能です。ぜひ、注文したいのは台湾産の豚肉を醤油、ニンニク、ネギと一緒に煮込んで作られた滷肉(豚の角煮)。日本人にも食べやすい味です。

・芒果恰恰 MangoChaCha

日本でも有名なマンゴースイーツの名店。屋台から始めたお店が今では世界に広がるお店になりました。夏のフルーツのマンゴーを、まぐろ冷凍技術を応用した保存法で冷凍。食べ後の美味しいマンゴーを一年中食べることができます。メニューは全てマンゴーづくし。有名なかき氷をはじめ、パンナコッタ、お酒までありますからこの際マンゴーを満喫してみてはいかがでしょうか。台湾各地にお店はあります。

「台湾 見どころ」

・九份

千と千尋の神隠しの世界がまるでそこにあらわれたかのような景色に驚くことでしょう。不思議な世界にまるでタイプトリップしたかのような気分を味わえます。グルメスポットとして有名な「老舗茶芸館」にも行ってみる良いでしょう。名物タロイモ団子が人気のお店、賴阿婆芋圓。35元でボリューミーなスイーツが味わえますよ。

・台北101

アジア1高いビルです。観光客にも大人気のショッピングモールでもありますね。89階にある展望台から是非その景色を楽しんでみて下さい。ショッピングモールは、台北101ビル地下1階から地上5階の6フロアに展開しています。台北101の展望台を観光したついでにショッピングも楽しめます。

101のタワー部は8層おきに節があり、節は全部で8つあります。これは「發財」といって、お金がどんどん入ってくる数字と言われる「八」にこだわりました。また、節は竹の節を表し、遠くから101を望むと確かに1本の竹のように見えます。竹も縁起のいい植物で、昇進した人に「歩歩高昇」(どんどん出世していくこと)と書いたカードをつけて竹の盆栽を送ったりします。

節のところに丸いものがついていますが、これは中国の昔のお金で、8層の節ごとについているのは金庫のカギを表します。こんなわけで101は、竹であり、ドル箱であり、天下無敵の縁起担ぎのビルなのです。これはぜひ訪れてみたいスポットですね。

日本から近く手軽に行くことが出来る台湾。魅力的なところがたくさんありますね。まだまだ紹介出来ていないスポットがたくさんあります。2016年の旅行は台湾できまりですね。



51b7b63ac5ac52a030ab4fd631d18cbe_s
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)