子供から大人まで、様々な年代の人が使っているアプリであるLINE。日常生活においてなくてはならないと言ってもいいほどにまでなっていますよね。いつの間にか、電話やメールではなくLINE一つで済むようになりましたね。そんなLINEですが、軽く使っていますがマナーなど守っていますか?どうせLINEなんて思ってマナーを守らず問題やトラブルになってしまっているケースも増えてきているようです。そんな今回は、LINEのことで気を付けたいことを紹介したいと思います。そんなこと知ってるよと言う人も、再確認しておきましょう。


◆スタンプ連打でトークを埋める

トークの中には大事な内容や、見返したいと思っていた内容だったり人によっては様々ですよね。ところが。スタンプの連打によって会話が流れてしまって会話がどこに行ったのか分からないなんてことなってしまっては相手に迷惑ですよね。もちろん自分がされても嫌だなと思うことだと思います。個人トークであれば、もちろんお互いが楽しくてやっているのだと思うのでいいと思いますが、問題になるのは複数のトークの時にやることです。やっている本人たちは楽しくていいかもしれませんが、他の人を巻き込むのはやめておきましょう。


◆未読に対して厳しく当たる

なかなか未読にならなくてそわそわしたり、気になってしまう人って多いですよね。それに対して追いLINEをして急かしたりしていませんか?相手にももちろん、事情があって返せない場合もあります。故意に無視しているわけではないので、あまり急かすことはしない方がいいでしょう。また、複数トークの時に既読しない人に対して、「自分たちは既読してるのになんで既読しないの?」など責め立てるのはやめましょう。先程も言いましたが、あくまでもその人にも予定があります。わかってあげることもマナーの一つなのかもしれませんよ。


◆むやみにトーク内容を他の人に見せる

トークでその人の話題になったとしても、むやみに見せるのはやめておきましょう。明るい話だとして、話すのは問題ないんですが文章になってしまうと誤解を招いてしまう可能性があります。文章と話す言葉では少し内容が違ってくることがあります。そんなこと思っていなくても相手からしたら、違った解釈をしてしまうこともあるということを覚えておいた方がいいかもしれません。


◆グループ内で話が分かる人だけの話をする

これはグループの意味がなくなってしまいますよね。他の人は会話にも入れないし、何のこと言っているのかも分からないので疎外感を感じてしまう人もいたりします。仲間外れな気分にさせるつもりはなくても自然とそうなってしまいがちです。自分たちの会話は個人でるようにした方が変な誤解もさせずに楽しめるのではないでしょうか。


◆アドレスなどLINE以外の連絡手段を交換しておきましょう

機種変更の時にLINEが消えてしまって、連絡手段がなった経験のある人もいるのではないでしょうか。LINEは確かに便利なんですが、いざというときに困ってしまいがちなところがあります。そうならないように、アドレスを交換しておいてバックアップを取っておいたり、電話番号を交換しておいたりと万が一に備えておいた方がいいでしょう。連絡手段が取れなくなってしまうのは怖いですもんね。


これ以外にもいろんなマナーがあったりします。日常では気にしていない方も多いですよね。友達とのやり取りだし...と思いがちですが、メールを使っていた時はこんなことなかったと思うとなんだか気を付けた方がいいのかな?と思う人もいるのではないでしょうか。友達を傷つけないという意味でもある程度のことは気を付けた方がよさそうですね。


稼げるLINEスタンプならスタンプクリエーション

iphone-500291_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)