ここ数年、神社めぐりが女性の間で流行っているようですね。神社は日本の神様たちの神聖なお住まい。神社にお参りすることは、日本人としてとても良いことだと思います。さてさて、そんな神社ですが、中にはちょーっと変わった神社も!

今回は「へぇ、そんな神社あったんだ!」というユニークなところをご紹介しちゃいます。話のタネにもなりますので、お近くにお寄りの際にはぜひ、立ち寄ってみてくださいね!


★まずはトップバッター。日本で1番お賽銭を入れにくい神社【元乃隅稲成神社】

場所は山口県、長門市。赤い鳥居が連なり、すぐそばの海の青と相まって美しいコントラストを描き出しているこの神社は本当に美しいです。上から見下ろす風景は風光明媚という言葉がぴったりで、なんとなく、神秘的な気持ちになれます。

で…どこが変わってるかと言うと…それは最終鳥居にたどり着いたときに気づくはず。そう、お賽銭箱が見当たらないのです!ちょっ、お参りしたいんだけどさい銭箱どこ行った!とあたりをきょろきょろ見渡すと、「ん?鳥居の狐、かわいいなあ。あんなかわいい飾りが…あっ!」賽銭箱、鳥居の上についてました…。お賽銭を入れるためにはおもいっきり上にあげなければなりませんが、上にあげられたとしてもコントロールがダメならそのまま落下コース。しかも、お賽銭箱めっちゃ小さいやん…「入れ!」と願いながら投入した場合、お願い事は「お賽銭箱に命中しますように」ってことになるんでしょうかねえ(笑)まあ、参拝はお願い事の他に神様への感謝を伝えるという意味もあるので、そこは置いときましょうか!

昔の人もこうやって苦労したんだな~としみじみしたいところですが、このお参り形式、神主さんのお茶目で発案されただけみたい。最後まで「なんなん!?それ(笑)」な神社です。


★続いては何か狙ってるよね!?絶対!【難波八阪神社】

大阪府の難波にある難波八阪神社は何も知らずに行くとちょっとぎょっとする神社。でも、筆者は今回紹介する3つの神社の中で一番好きかな?神社の入口からちょっと中を覗くと…ちょっと待て、何か見えるぞ!?よく見ようと近づくと、デカイ!デカすぎるよ!?普通の本殿って厳かな雰囲気の社殿建築っていうの?アレじゃないですか。でも、ここの本殿は狛犬なんですよ。え?何を言ってるかわからないって?筆者も何言ってるかわからないけど、とにかく本殿が巨大な狛犬なんです!

しかも、筆者は見たことないんですが、夜には目が光るとか…。狛犬のあのごつい顔で目からビームとか一体なんなの(笑)ここをステージにしてロックコンサートが行われたこともあったそうで、結構自由な神社なんだなーということだけはよくわかりました(笑)


★最後に紹介するのは夢…?いや、現実だ!【星宮神社】

夢だけど!夢じゃなかった!というセリフが(いろんな意味で)ぴったりの星宮神社は栃木県下野市にあります。この神社、もう何が何やら…。本当に何もない田舎道。森からぴょこんと顔を出す神社が見えます。よしよし、ここだな!と思ったら「うん?」何かいるぞ?ちょっと待って。神社に何で恐竜なの!?恐竜の骨展示ってそういう神社なの?と思ってたらその近くにはトトロが。意味わからん!そしてそして、あれ…何だろう?まさか…と思いながらオレンジのオブジェに近寄ってみると…すっごくクオリティの低い猫バスが(笑)ちょっ!軽だし!手作り感満載だし!誰が作ったし!

ひとしきり笑ってトトロの中へ…。トトロの中にはトトロ神社なるものがちんまり。恐竜よりトトロの方が本命だったようですね。でも、ここから先がまだあります。ここで終わりじゃないんです!(ボロボロの)ビニールのトンネルを抜けると、なぜかドラえもんとドラミちゃんが…おい、ご神体(?)はトトロじゃないのか!天地石とかいう石はアニメに出てくる悪魔みたいだし、世界観が良く分からない!本当に夢みたいな神社でした。が、なにせ森の中の神社ですから、散策にはもってこいの素敵な場所ではありましたよ!お子様連れにはピッタリの場所かもしれませんね!


どうでした?変わった神社3選。気になったところはありましたでしょうか?良かったら一度足を運んでみてくださいね。

開運したいあなたにおススメ!

torii-1389085_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)