誰でも一度は通るのが、思春期での悩みです。一般的には子育ての際に親が感じる悩み・思春期を迎える本人の恋愛での悩みや誘惑。そんな思春期だからこそ、一度しか無い人生を楽しまないと損ですよね!
さて、あなたの思春期は人生に何度展開されるのでしょうか♪


【家庭生活で大切にすること】

◆子育て編

家に帰るとホッとする。これが家の基本的な空間ですが、毎日顔を合わす親子とのコミュニケーション以外の大きな原因となるのがやはり、夫婦同士の会話。思春期の頃は、朝起きてすぐのイライラや深夜のワクワクの誘惑などを邪魔される事だけでも気分が悪くなりがちですが、それに付け加えて両親や親の喧嘩や揉め事が更に火をつけコミュニケーションを引き離してゆきます。

家庭での一番の安心感を保つには、基本的なこと以外は穏和に見守ることと、会話の喧嘩をなるべく避ける事です。親が正しいという決め付け・男女の夫婦の譲り合いの無さ。そのような所を蓄積すると溝は更に進み、修復不可能になる頃には、思春期な男女には刺激的な外の世界へと意識向き、基本的な判断するわからなくなる場合が多くあります。

少しのことでも感謝を表現したり、定期的に思春期は特にたわいもない会話程、楽しく聞いてあげることが大切なのです。


◆子供のストレス解消法

子供は柔軟性がよいので、親しくなる友達の影響に左右されたり憧れから色んな分野にストレス解消を行ってゆきます。

そんななかでもやはりスポーツや趣味の習い事などを自由に伸ばせる環境を与えてあげると、親に対する感謝や将来についても、責任ある行動を早いうちに取り始めるので、子供のストレスには、健全なスポーツやアクティブな物に触れさす機会を充分に与えてあげましょう。


◆SEXの経験

思春期にはやはり異性を意識したり、恋愛についての悩みはもちろん性的な関わりに対する関心が盛んな時期ですが、その思春期に家庭での愛情が足りない場合には特にSEXを道具や遊びの対象にしてしまいがちになります。

食べ物やストレスからくるSEXの快楽は、時には最大のドラッグと化するパターンも多くありません。

家族とのコミュニケーションをしっかり行うことは、自然に愛する人を作る清潔な部分にも影響しますので、まず心のケアを重視し思春期の子には優しさと可能性を引き出してあげながらしっかりとしたアドバイスと行ってゆきましょう。


【いじめへの対応】

いじめには、身体的・肉体的いじめがありますが、ひやかしや悪ふざけのエスカレートが一番多いようです。グループでの乱用は、上下関係を保たせる事での劣等感の解消を感じるので、いじめられる側のケアもですが、いじめる側の心のケアをすることで、軽減されてゆきます。


どんな人にも良心というものが存在していますから、気長に辛抱強く・何がこの子には必要なのだろうか?と愛を持って向き合う忍耐力とユーモア性を強く持つことです。いじめの変化にいち早く敏感にキャッチするように心かけ、おかしいと感じたら一人で考えずに周りや頼れる繋がりにまずは伝えてみましょう。


【ボランティア活動の素晴らしさ】

ボランティア活動=人のために役立つ。そう思う方が大半でしょうが、非行やいじめの解決にもとても大切な一環です。自分が人の為になると、人間には母性的な感情や自己肯定する自信にもつながりやすく、未来への自分の夢や希望を意識しだすのにもとても役立ちます。


なによりも心の成長が加速するので、いろんなチャンスや情報などにも関心が高まり、自立する気持ちがどんどん芽生えてくるので、強い精神力を養い社会にも役立つ存在に変化してゆくのです。


◎みんなで協力して、いじめや思春期での悩みを少しでも癒やしてあげる環境を多く備える事と、自由に感じとれるゆとりのある会話や、コミュニケーションを趣味や才能で伸ばせる様にサポートしてゆきましょう。そうすれば、自然と社会でのあり方や関心も深まり平和な社会が広がります。

これからの未来を作る思春期たちの才能を、大人たちの経験や知識を沢山無条件に与えてあげる事が最も大切な課題となりそうです。


引用・・・子育てワンポイントアドバイス





子供

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)