今をときめく少女漫画といえば、矢島光先生の「彼女のいる彼氏」ではないでしょうか。作者である矢島先生は、キラキラ女子が多いことで有名なIT企業で働いていたことから、リアルな業界のお仕事事情が作中でも表現されています。

作品のあらすじは次の通り。「主人公である咲は、IT大手「株式会社サイダーエイジ ジャパン」でキラキラ女子とオラオラ男子に囲まれながらお仕事する、UIデザイナー。入社4年目、彼氏なし、最近ちょっと働きすぎの様子。ちょっぴりこじらせている咲の恋は、仕事は、明日はどっちだ? ITきゅんきゅん系!」(引用元:ROLA)つまり、仕事に頑張るアラサー女子の恋愛模様が描かれたリアルタッチストーリーなのです。

◆世の中に「キラキラ女子」は本当に存在する?

作中に出てくる同僚の女子たちは、まさに「キラキラ女子」そのものを表しています。残業明けの朝でもばっちり化粧をして高いヒールを履いてきたり、温泉あがりにストレッチを欠かさなかったり、世の中にはキラキラ女子という人種が本当に存在するようなのです。

主人公の咲は可愛いながらも「こじらせ女子」自称していますから、同僚の女子たちが眩しくてしょうがない様子、まさに多くの読者目線を語ってくれます。彼女自身は仕事も恋愛も不器用であり、それでいて小動物系の可愛げもあるため、等身大のアラサー女子を体現してくれています。

◆リアルあふれる仕事の描写に思わず感情移入

本作の魅力は、リアルな仕事の描写にもあります。職場での上司や後輩とのコミュニケーションや、他部署との連携の取り方など、特にIT会社に務めている方であれば、思わず納得してしまうようなシーンばかりなのです。徹夜もすれば残業もするし、急なエラーにクライアントの心変わり、実際に起こるようなことが次々と作中でも起こります。

たとえば、デザイナーとエンジニアの衝突であったり、クライアントの要望に応えるために広告プランナーが葛藤したり、様々な立場から仕事の様子が描かれているため、たとえ違った業界であったとしても感情移入のしやすい内容なのではないでしょうか。

◆異なるタイプのイケメン2人に心を揺れ動かされる

そして、何よりもストーリーを盛り上げるのは恋愛模様についてですよね! いかにもな肉食系でコミュ力の高い広告プランナー徳永と、隠れオラオラ系の才能あふれるデザイナー佐倉の2人の間で、主人公咲の心は揺れ動きます。

同僚のキラキラ女子たちにイケメン2人、世の中にはここまでキラキラした会社が存在するなんて……と、ちょっぴり咲が羨ましくもなってしまいます。しかし、嫉妬している頃にはすっかり作品にハマってしまっているということなのです。徳永派、佐倉派まで言えてしまえば、もう完璧です!

内容をかいつまんでご紹介した『彼女のいる彼氏』は、雑誌「ROLA」(新潮社)デジタル版で連載されている漫画で、アプリをダウンロードすると無料で読むことができます。また、無料で漫画を読むことのできる「くらげバンチ」でも遅れて読むことができますので、ぜひ1度皆さんもご覧になってみてくださいね!




rensai_kanojyo_key

(画像引用元:ROLA『彼女のいる彼氏』ページ)

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)