ルンバをはじめとしたお掃除ロボット、日本の家電メーカーも参戦して機能も高度になりどれを選んだら良いのか迷ってしまいますね。
とは言っても「本当にきちんとお掃除してくれるの?」といった疑問も払拭されたわけではありません。
便利な家電の代表選手ともいえるお掃除ロボット色々探ってみましょう。

「お掃除ロボットとは」

そもそもお掃除ロボットとはどんなものをいうのでしょうか。
掃除機が自ら動いて部屋の掃除をしてくれる究極の時短家電です。洗濯機やオーブンレンジも全自動じゃない?と思う方もいるかと思いますが、これらの家電は最低でも洗濯物や料理を出し入れするなど人の手が必要となります。しかし、お掃除ロボットはタイマーを使えばスイッチをONにすることなく掃除が完了するのです。そこが「お掃除ロボット」と言われる所以です。
発売されたときは「本当にお掃除してくれるの?」「きれいになるの?」など性能を疑問視する声が多くありましたが、利用者が増え口コミなどでその性能について書かれるとともに人気が上がり、欲しい家電の上位にランクインするものとなりました。「ルンバ」、そして日本メーカーのもの、激安お掃除ロボットとたくさんのメーカーから発売されています。

「どんなお掃除ロボットを選んだらいいの?」

購入する前にご自分が求めているのがどんな事なのか、よく考えてみましょう。メインの掃除機として部屋全体をきれいにしたいのか、自分も掃除機をかけるときもあり、できない時に掃除して欲しいとか用途によって選ぶものも変わってきますので、そのあたりをしっかり考えましょう。
言うまでもありませんが、あまりにも散らかった部屋ではロボットの活躍の場面もありません。価格も千差万別。高価なものを買ってあまり使わなくなってはもったいないですものね。ご自身の用途とお掃除ロボットの機能があっているものを購入できるようにしましょう。

「ルンバ」

お掃除ロボットの代名詞とも言える「ルンバ」。愛用者には名前までつけている方もいらっしゃるとか。
ルンバが出来るお掃除とはどんなものなのでしょう。ルンバには人工知能が搭載されています。それによって床面積をほぼ100%掃除してくれるのです。ルンバの掃除方式はブラシかき込み式+微細ゴミは吸引式。センサーが壁との距離を測り、最適なポジションで走行。側面のエッジクリーニングブラシが壁際のゴミをかき出します。入り組んだ家具の脚元もエッジクリーニングブラシが沿うように掃除。幅40㎝、高さ10㎝以上のすきまなら入り込んできれいに。ゴミが多い場所をセンサーが感知。きれいになったと判断するまで前後のブラッシング動作で集中的に掃除。
人がお掃除するときは1方向から掃除機をかけるだけですが、ルンバは同じポイントを平均4回様々な角度から走行するので、ゴミを取り残さず丁寧にきれいにすることが出来ます。段差を感知して回避するのも有名な話ですよね。やはり人工知能によりかなりのことが出来るのですね。製品のラインナップも豊富で500~800シリーズまで出ています。最新の800シリーズは吸引力が今までの5倍となっています。
よく言われているのが、音がうるさいという事ですが、なかなかこの部分は改善されないようです。しかし、留守中に使うのであれば問題ないと思います。

ブラーバという拭き掃除をしてくれるロボットも出たのも気になります。水拭き、から拭き2つのモードを搭載した床拭きロボットです。ルンバとブラーバを時間をずらして使ったらすごいことですね。
とはいうものの、これだけで100%掃除を済ませるというのは無理なようですし、部屋をある程度は片付けなければならないというところは覚悟をしてく必要があるでしょう。

「ルンバ以外のお掃除ロボット」


売れ筋からいうとルンバが圧倒的ですが、他のメーカーのものも頑張っています。

※東芝 トルネオ
ランダムに動いてゴミの取りこぼしがないようにお掃除してくれます。回転ブラシでほこりをかき込みだすとカップに吸い込むという集塵方法です。

※シャープ ココロボ
初の国産メーカー開発です。サイクロン掃除機で定評のあるhさーぷならではの集塵力とルンバを見習った行動力で掃除機能はまずまずです。

※パナソニック ルーロ
満を持してパナソニックから発売になったルーロ。今までにはないおにぎり型です。角のほこりや狭いスペースでの方向転換など、定番の丸型が苦手とする課題をクリアする新提案です。

※ニトリ ファシル
床ブラシ、自動充電機能、スケジュール予約機能、仮想フェンス発生装置を搭載しています。カーペット用の回転ブラシとフローリング用のゴムブラシがついています。価格は15,000円程度とお手頃になっています。

なければないで済んでしまうお掃除ロボット。でも欲しい家電ランキングでは上位にランクイン。購入するのであれば失敗したくないですよね。よく検討して失敗ない機種選びをしましょう。
今年の秋にはあのダイソンからもお掃除ロボット発売されるようです。ここまで待ったならダイソンのものを見てから決めるのもあり??

 

43229ad807120631f052743290374151_s

















(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)