だいぶ、春めいて来ましたね。春はそこまで来ています。春といったらお花見。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。今年のお花見、どこで誰とどんな風にしましょうか。

◆2016「お花見情報」

今年の桜は、平年より早い開花となるところが多いでしょう。開花が一番早い予想なのは福岡で3月19日。関東から西の地域では、見頃は3月末ごろとなりそうです。  昨年の11月から1月半ばにかけて気温状態が続き、記録的な暖冬となりました。暖冬は桜の花芽が休眠から目覚めにくく、開花が遅くなる要因となります。

一方で、1月末以降も気温が高い日が多く、この先も15日火曜日ごろから再びかなりの高温傾向となる見込みです。このため、暖冬による影響を考慮しても平年よりも早い開花となるところが多い見込みです。
(さくら開花予想2016)

◆桜の名所

・東京 目黒川

テレビなどで目にされたことは皆様あるかと思います。約4kmに渡る目黒川の桜はとても有名です。800本もの桜が目黒川に沿って並ぶ姿は見る人の心を奪います。近くには個性的なショップやカフェもあり桜を楽しんだ後にはショッピングなどを楽しむのも良いでしょう。

・見頃  3月下旬~4月上旬
・ライトアップ 日没〜21時実施予定
・2016年4月上旬 目黒イーストエリア桜まつり(田道広場公園にて※イベントの問合せ先は目黒イーストエリア商店街連合会03-3491-2566)
・2016年4月上旬 中目黒桜まつり(目黒川と蛇崩川の合流点遊び場にて※イベントの問合せ先は中目黒駅前商店街振興組合03-3770-3665)

・新宿御苑

広い苑内には約65種類ものさまざまな桜があります。1ヶ月以上お花見が楽しむことができるのも人気のポイント。3月中旬にはヤマザクラなどの一重咲き種、4月上旬にはイチヨウやカンザンなどの八重咲き種が次々とつぼみを開き、苑内を鮮やかに彩ります。約1100本の桜が迎えてくれます。

・見頃 3月中旬〜4月下旬
・入園料 大人200円
※酒類は持ち込み禁止です。

・六義園

全国でも人気5位という人気の高さを誇る六義園の桜。和歌の浦の景勝や古今和歌集に詠まれた日本の名勝を八十八境として取り入れた庭園で、国の特別名勝に指定されています。3月下旬になると庭園中心部のシダレザクラが満開になり、流れ落ちる滝を彷彿させるその姿は圧巻というほかないでしょう。通常、ソメイヨシノよりも一足先に見頃を迎えるシダレザクラの開花期間は、夜桜も堪能できます。日本人が長く桜を愛する理由がわかるような気がする桜です。

・見頃  3月下旬〜4月中旬
・ライトアップ 日没〜21時

◆花見の豆知識

お花見の豆知識を少し。お花見の時のちょっとしたネタにもなりますね。昔、お花見は神を迎え、相通じるために穢れをぬぐい清める「お祓い」の意味を含む宗教的行事だったとされています。遠く奈良、平安の時、貴族から始められ庶民は江戸時代から楽しむようになったようです。

わずか2週間ほどで散ってしまう桜は、儚さや潔さを尊ぶ日本人の精神風土に寄り添い、 季節を感じる心そのものの素地となっているとさえ言えるでしょう。多くの日本人の心は昔からだったのですね。

◆桜の花言葉

「桜」の花言葉は「優れた美人・純潔・精神美・淡泊」など。桜の種類別にも花言葉はあるようです。

◆お花見オススメグッズ

・手袋

春とはいってもまだまだ気温は低い日が多く、手袋の温かみがありがたいですね!安い手袋を何双か持っていくといいかもしれませんね。

・カイロ

手袋と同じ理由からカイロも必須アイテムです。

・ブランケット

こちらも言うまでもありませんね。

・クッション

ブルーシートに長時間座るのが辛いという女性にはクッションがありがたいですね。100円ショップのものでもいいので持って行きましょう。

・ゴミ袋

ブルーシートは忘れなくてもゴミ袋は忘れていたという経験ありませんか。レジ袋でもいいのですが、専用のものは沢山入って便利です。

◆お花見スイーツ

お花見にもスイーツは欠かせません。大丸東京店には沢山のお花見スイーツがお目見えしています。

・<鎌倉 豊島屋>さくら さくら(5個入り)1,080円

塩漬けした桜葉入りの紅餡を羽二重求肥で包み、花びらの形にしつらえました。

・<鶴屋吉信>花くれない(1棹)1,404円

村雨と紅羊羹で艶やかな桜を表現した、京菓匠がつくる春の意匠棹菓子です。

 

・<ベビー モンシェール>桜満開ロール(1本)3,240円

いちごとチョコで桜を描いた、堂島ロールのデコレーションケーキ。お花見に行く前立ち寄り、買って行きましょう。

・<パティスリー キハチ>さくらロール(1個)2,160円

桜色のスフレ生地や苺クリームが織りなす美しい春の訪れを感じて。

お花見についていかがでしたか。早くも行きたくなってしまいましたね。大人の女性としてマナーを守って、楽しいお花見を楽しみましょう。



cherry_tree_blossoms_188885
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)