初夏の鎌倉・江の島は、散策するのにちょうどいい季節です。豊富な花に囲まれた江の島の街並みに、眺めるだけで心癒される由比ガ浜、そして、6月に見ごろを迎える紫陽花が美しい寺院。あちこち散歩していると、一日だけでは足りないくらい!そんな魅力的な街、鎌倉・江の島の5月、6月の見どころをご紹介します♪

湘南でハワイを味わえる♡第15回鎌倉ビーチフェスタ2016


 

出典:www.walkerplus.com

 

ウインドサーフィンのレッスンを受けたり、貝殻を使ったアクセサリー造りに挑戦したり、砂像を作ったりと、ビーチならではのいろいろなアクティビティに参加できます。

また、屋台や模擬店で飲食を楽しみながら、海辺の景色を眺めてのんびりするのもいいですね♪

メインステージではフラダンスやビーチライブなどのショータイムもあり、一日中いても飽きません!

ハワイ好きの方も、海開き前のビーチでリラックスしたい方もぜひ♪

 

・開催期間

5月21日(土)、5月22日(日)
たった二日間なので、お見逃しなく!10時から16時30分までやってます。

 

出典:www.facebook.com

 

・開催場所

鎌倉、由比ガ浜海岸
由比ガ浜海岸へは、JR・江ノ島電鉄に乗って鎌倉駅下車徒歩15分、

または江ノ島電鉄に乗って和田塚・由比ガ浜駅下車徒歩10分です。 

 

出典:www.facebook.com

 

 

色とりどりの花が壮観♪江の島フラワーフェスタ2016


 

出典:enoshima-seacandle.jp

 

春から初夏に咲く美しいガーデニングを、江の島各所で楽しめます♪

5月の半ば以降に開花する、真っ赤なウィンザーバラも見ごたえありです!

満開に咲いた花々を眺めつつ、江の島の街を散歩してみては。

 

・イベント期間

4月16日(土)から6月12日(日)

 

・開催場所

江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル、中津宮広場、鶴ヶ岡広場、御岩屋道通り、龍野ヶ岡・自然の森

 

出典:www.cityfujisawa.ne.jp

 

紫陽花で彩られる6月の鎌倉・寺院巡り


 

・紫陽花の三大名所の一つ!長谷寺

江ノ電長谷寺駅より歩いて10分のところにある長谷寺は、境内の手入れの行き届いた紫陽花で有名です。

見晴らし台から一望できる由比ガ浜も最高♪

拝観料は300円で、8時から17時まで見学できます。

 

出典:www.kamakuratoday.com

 

・「花の寺」として知られている光則寺

JR鎌倉駅東口よりバスで、「長谷観音前」下車歩いて5分の光則寺。

長谷寺の少し先を行ったところにあります。

四季折々の美しい花を楽しめる、こじんまりしたお寺。

6月は様々な種類の紫陽花を鑑賞できます。

 

拝観料は100円で、拝観は日の出から日没まで。

 

出典:kamakura-guide.jp

 

・「あじさい参道」が感動!成就院

由比ガ浜を見渡せる参道の両側に、紫陽花が一面に咲き誇る成就院。

江の島電鉄「極楽寺駅」より歩いて3分のところにあります。

拝観時間は8時から17時まで。
 

出典:www8.plala.or.jp

 

・「紫陽花寺」として有名な明月院

境内が埋め尽くされるほどの紫陽花を目当てに、平日でも観光客でにぎわう明月院。

6月下旬頃からは2500株もの紫陽花が、一面を「明月院ブルー」で満たします。

 

場所はJR横須賀線「北鎌倉駅」より歩いて10分です。

拝観料は300円で、9時から16時まで公開されています。

 

出典:www.kamakura-burabura.com

 

初夏の鎌倉・江の島の見どころを、あれこれご紹介してきました。

本格的な海水浴シーズン前のビーチを楽しむのもいいし、カラフルな花のあふれる江の島を散策するのもいいですね。そして、6月半ば以降は、紫陽花で美しい寺院を巡るのも素敵です♪

ぜひみなさんも、過ごしやすいこの季節に鎌倉におでかけしてみてはいかがでしょうか?



関連記事

・初夏は赤レンガ倉庫へGo!!イベント目白押し♪

・どこ行く?絶対楽しめる!春のおでかけデートスポット♪

・意外に穴場かも♡ゴールデンウィークに彼と行きたい!温泉も楽しめる道の駅4選♪