寒い季節になると、体はポカポカとあたたまり、顔にひんやり冷気があたる温泉がとっても気持ちよいですよね。雪がぽつぽつと顔に当たったりしたら気持ちよさ倍増です。 今日は北から南までオススメの温泉をご紹介していきます。

1.登別温泉(北海道)


 

出典:www.instagram.com

 

泉質:硫黄泉、食塩泉(塩化物泉)、明礬泉、芒硝泉(硫酸塩泉)、緑礬泉(含アルミニウム泉)、鉄泉(含鉄泉)、酸性泉、重曹泉、ラジウム泉(放射能泉)

効能:慢性気管支炎、動脈硬化、慢性皮膚病など

 

北海道と言えば外せないのが登別温泉。

毎年人気の上位に食い込む有名な温泉です。

歴史も古く安政5年に開湯したと言われています。

アイヌの人たちが湯治で重宝していたとか。泉質も豊富な9種類。

それぞれ効能が違っています。

 

硫黄泉には漂白効果がるため肌を白くすると言われており、ラジウム泉は鎮静作用があり更年期障害によいと言われています。

札幌から急行で1時間10分とアクセスもよいので、北海道に行く機会があったら是非立ち寄ってみてください。

 

2.銀山温泉(山形県)


 

出典:jp.pinterest.com

 

泉質:ナトリウム―塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)

効能:きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

 

大正から昭和の初期にかけて建てられた建物がならぶ温泉街は大正ロマン漂うレトロな町住まい。

銀世界を灯すガス灯のあかりがロマンティックです。

パソコンや携帯から離れて、のんびりしたいという気持ちのさせてくれる温泉です。

 

3.月岡温泉(新潟県)


 

出典:www.masyuu.co.jp

 

泉質:含硫黄―ナトリウム―塩化物温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)

効能:肩こり、神経痛、リューマチ、婦人病、皮膚病、切り傷、軽度の高血圧、糖尿病、喘息、胃腸病、痔疾、病後の回復、ノイローゼ、洗顔、入浴による美肌作用

 

特にカップルにオススメしたいのが月岡温泉。

温泉街を揚げてカップルがよりラブラブになれるようバックアップしてくれます。

エメラルドグリーンの硫黄泉は、オイルのように肌にまとわりつき、お風呂上りはツルツルスベスベしっとり!

何度でも行きたくなる温泉です。

 

4.那須温泉(栃木県)


 

出典:jp.pinterest.com

 

泉質:単純酸性 硫黄温泉(硫化水素型)

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

 

かつてけがをした鹿が傷を癒したことからはじまった鹿の湯は、温度の違うお湯を5種類楽しめます。

身体の芯までぽっかぽか。

近隣の温泉施設は皆、鹿の湯のから源泉を引いています。

 

5.万座温泉(群馬県)


 

出典:jp.pinterest.com

 

泉質:酸性硫黄泉(硫化水素泉)

効能:糖尿病、胃腸病、神経痛、膠原病、リュウマチ、心臓病、自律神経失調症、関節炎、腰痛、アトピー性皮膚炎、婦人病、貧血、便秘、ぜん息

 

万座温泉は硫黄の含有量が日本で1番多いことで有名です。

ちなみに2位が先に紹介した月岡温泉。

真っ白な雪の中、真っ白なお湯、山の上で、さえぎるものが何もないので星空も綺麗ですよ。

 

6.草津温泉(群馬県)


 

出典:jp.pinterest.com

 

泉質:酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)※湯畑源泉

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節の強張り、打ち身、挫き、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、動脈硬化症、切り傷、火傷、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病・高血圧症など

 

言わずと知れた草津温泉。

日本有数の名湯として有名ですよね。

 

最近では草津のような古くからある温泉街が減ってきたように思います。

テルマエロマエの撮影の舞台にもなった湯畑での湯もみは、1度は見ておいて損はありません。

 

7.稲取温泉(静岡県)


 

出典:jp.pinterest.com

 

泉質:硫酸塩泉

効能:きりきず、火傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛

 

伊豆半島の岬に突き出たところにある稲取温泉では、四季折々のおいしい海鮮料理を味わうことができます。

オーシャンビューの眺望風呂は海を独り占めした気分に♪ 

疲れもパーッと吹き飛びます。

 

8.城崎温泉(兵庫県)


 

出典:jp.pinterest.com

 

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉

効能:神経痛、筋肉痛、うちみ、慢性、消化器病、痔病、疲労回復など

 

1,300年の歴史を持つ関西エリアの名湯です。

古きよき温泉街もそのまま残り、浴衣で湯めぐりをすることができます。

合格祈願の湯とか良縁成就の湯、商売繁盛の湯など、全部まとめて入っておきたいですね。

 

9.玉造温泉(島根県)


 

出典:jp.pinterest.com

 

泉質:塩化物泉

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、冷え性、健康増進、病後回復期、切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、肥満症

 

昔から美人の湯として有名で、本当に入るとお肌ツルツルになります。

温泉のよい成分がぐんぐん肌にしみこむ感じ。

お風呂に入った翌日は、出雲大社で良縁祈願をしてみてはいかがでしょうか?

温泉から出雲大社行きのバスが出ています。

 

10.湯布院温泉(大分県)


 

出典:jp.pinterest.com

 

泉質:ナトリウム-塩化物泉

効能:切り傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童、神経痛、関節痛、慢性消化器病など

 

九州には魅力的な温泉がたくさんありますが、中でも1度は行っておいて損はないのが湯布院です。

露天風呂から眺める由布岳は絶景ですよ。

湯量が豊富なことでも有名です。

住民が一体となった街づくりも一見の価値ありです。

 

 

ゆっくりとお風呂に入って、おいしいご飯を食べて、ちょっと日本酒でも・・・って、日本人ならではの最高の過ごし方ですよね。

やっぱり冬は温泉に限ります♡



関連記事

・日本人だもの♡「だし」を楽しむ日本橋だし場でほっとひと息ついてみませんか

・SNSにアップしたくなる♡ふわカワ綿あめスイーツの魅力

・大ヒット映画「君の名は。」名シーンのあの場所へ行ってみたい!聖地巡礼マップ