今年も1ヶ月を切ってしまいました。あっという間だと感じた方も多いのではないでしょうか。 クリスマスが終わればすぐに年末&お正月ですが、来年の初日の出はどこで見るか、まだまだ迷っていられる時間はたっぷりありますよ☆ 今回は2017年の初日の出スポットを、初日の出を楽しむ際の注意点と一緒にご紹介していきます。 1年の始まりとなる一大イベントです、是非ご一読いただき、参考にしながら決めてみて下さいね。

撮影は?注意点は?初日の出を最大限に楽しむポイント


 

1.防寒対策は「やり過ぎ」ぐらいにしっかりと

 

出典:weheartit.com

 

元日の深夜から待つ方もいらっしゃると思います。

とにかく気温が低く、寒いのでしっかりと防寒対策をしてから出発しましょう。

 

平均気温は、東京で大体0度~4度前後。

ダウンコートや手袋、マフラーはもちろんの事、爪先や腰にカイロを貼っておく、暖かい飲み物を持参したりすると随分と待ち時間の寒さが違います。

 

初日の出は「動かないで待つ」事がほとんどのはずですので、この部分を怠ってしまうと寒すぎて耐えられず帰ってしまう・・・という可能性も大。

とてももったいないですよね。

寒さ対策は「やり過ぎ」ぐらいの意識で万全の準備を整えていきましょう。

 

 

2.カメラはスマホ?デジカメ?どちらにしろバッテリーに注意

 

出典:weheartit.com

 

「気温が低いとバッテリーの消費が早くなる」なんて聞いた事はありませんか?

これはちょっと違うようです。

正しくは「バッテリーが正しく作動しなくなる」という表現が正解。

 

特に便利なスマホは、極端に低い環境下での動作は(一部の機器を除いて)想定されていません。

バッテリーの電圧が安定しないと、スマホやデジカメは正常に動作しなくなってしまうんですね。

できるだけ、スマホやデジカメの精密機器は常温で維持するようにしておくと、いつも通りに使えます。

外の場合は、コートの内ポケットに入れておく、車の中でエンジンを切ったまま放置しないように心がける・・・等のちょっとした気遣いが大切になってきます。

 

ちなみに、使えなくなるのは一時的なもので、室温に環境が戻ると正常に動作するようになりますので、万が一寒さで動作がおかしくなっても慌てず、室内で再度確認してみるといいですね。

 

 

3.「日の出時間」チェック!場所によって時間が違います

 

出典:jp.pinterest.com

 

既に2017年元旦の天気予報と初日の出時間がネットでも発表されてきています。

「大体○時ぐらい」と思っていると、初日の出を逃してしまうかもしれません…。

 

日本全国でも、初日の出時間はそれぞれ数分~数十分変わります。

場所によっては30分以上の差がある場所も。

自分の見に行くスポットをチェックすれば必ず同時に初日の出の予定時間も出ていますので、そちらも忘れずにメモしたり、覚えておくようにしましょう。

 

出る前に寒い中ぼんやり待っているのも辛いですし、出てしまった後ではガッカリですよね。

新年早々ですから、できるだけイヤな思いをしないよう、万全の準備で臨みましょう!

 

2017年の初日の出はここがオススメ:東京編


 

東京スカイツリー:天望デッキ・天望回廊

 

出典:jp.pinterest.com

 

高さ世界一を誇る東京スカイツリー。

元旦の初日の出時間(5時~7時30分)に特別営業を設けています☆

東京全体を見渡せる景色の中から初日の出が見られるとあれば幸先もいい感じがしますね。

 

ただし、特別営業時間のチケットは抽選形式になっています。

早い遅いは関係無くあくまで「運」と言ってもいいでしょう。

来年の運試しも兼ねて、申し込んでみるのもいいかもしれません。

日の出時間は6時47分の予定になっています。

 

 

東京都青梅市:御岳山

 

出典:jp.pinterest.com

 

山頂に「武蔵御嶽神社」があり、初詣と一緒に初日の出を待つ方が多いようです。

標高は929m。

新宿の高層ビルまで見渡せる中での初日の出と初詣も、また風流なものですね。

 

「山」と言っても自力で登る必要はありませんのでご安心を。

大晦日から元旦まで、ケーブルカーが終夜運転をしています。

楽々登って、初日の出、初詣と両方済ませてしまえるのがいいですね。

 

日の出時間はスカイツリーより1分早い6時46分の予定。

混雑具合によっては辿り着けない可能性もありますので、ちょっと早めがオススメです。

 

2017年初日の出はここがオススメ:関西編


 

大阪府:関空展望ホール「スカイビュー」

 

出典:jp.pinterest.com

 

海の対岸から昇る初日の出と、迫力ある飛行機の離着陸。

両方楽しめるお得なスポットが関空の展望ホール。

淡路島まで望める絶景は美しく、是非とも見ておきたい光景です。

 

こちらは4時からのオープン。

料金は無料ですが、無料だからこそ少し早めに出かけておきましょう。

日の出時間は7時4分の予定になっています。東京とのズレに注意して下さいね。

 

 

兵庫県:神戸ポートタワー

 

出典:jp.pinterest.com

 

神戸の水面に浮かぶ108mのオシャレなタワー。

こちらも初日の出営業を行っています。

 

展望台からは神戸空港や六甲山まで、360度のパノラマで初日の出を楽しめるのが強み。

オシャレ感たっぷりの都市で楽しむ初日の出も素敵ですよ。

 

こちらのオープンは6時30分。

日の出時間は7時3分の予定になっています。

オープンから日の出までの時間があまりありませんので、できる限りオープンと同時に入っておくと安心して見る事ができますよ。

 

 

いかがでしたでしょうか?

2017年の初日の出、気持ちよく迎えてからお正月を楽しめるといいですね。

是非参考にしていただき「ここ!」と思える場所での初日の出、楽しんで下さい☆



関連記事

・寒い季節はやっぱり温泉でしょ♡全国のおすすめ温泉♪10選

・彼氏と見に行きたい♪あまり知られていない!?穴場イルミネーションスポット

・いよいよクリスマスシーズン到来!今年のUSJクリスマス&今後の冬のイベントまとめ♡