夏が過ぎて、心地よい秋風が感じられるようになってきましたね♪ 過ごしやすい行楽シーズンの秋は、各地で楽しいイベントが目白押し。 なかでもビール好きの方は絶対見逃せないイベント、それが横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト2017」です! デートでもご家族でも楽しめちゃう「横浜オクトーバーフェスト2017」の魅力をご紹介します♪

世界最大のビールの祭典!オクトーバーフェスト


 

出典:www.photo-ac.com

 

オクトーバーフェストというのは、ドイツのミュンヘンで行われる世界最大の「ビールの祭典」。毎年9月の下旬から10月初旬まで、約2週間にわたって開催されます。

世界中から約600万~700万人が訪れて、700万リットルものビールを消費するという驚きのイベントです!

 

その歴史は古く、1810年に行われた当時のバイエルン王太子・ルートウィヒと皇女テレーゼの結婚を祝う催しで、ビールがふるまわれたのが始まりと言われています。

ビールの名産地であるドイツではこのイベントが恒例となり、ビールや農産物への感謝祭として定着したのだそうです。

 

お祭りの始まりはミュンヘン市長の「オーツァフトイス(ビールの樽が開いたぞ)」の掛け声とともに始まるのが伝統。

現在でもドイツの民族衣装を身に着けた人々が伝統音楽を歌い踊ったり、メリーゴーラウンドや観覧車などの移動遊園地もやってくるなど老若男女が楽しめるお祭りとして愛されています。

 

会場ではビールだけでなくソーセージなどのドイツの伝統料理、伝統のお菓子などが販売され、ドイツの魅力を存分に味わうことができます。

もしもドイツに出かけることばあれば、ぜひこの時期を狙って行きたいですね!

 

オクトーバーフェストが横浜赤レンガ倉庫で楽しめる!


 

出典:www.photo-ac.com

 

そんな世界最大のビールの祭典・オクトーバーフェストを日本に居ながらにして楽しめるのが「横浜オクトーバーフェスト2017」です!

会場の横浜赤レンガ倉庫は本場・ドイツの建築様式を一部取り入れている歴史的建造物。

日本の中ではもっともドイツを感じられる場所かもしれません♪

 

「横浜オクトーバーフェスト」は2003年から開催され、今年はなんと16回目。

今回初めて、ドイツ政府から正式にオクトーバーフェストの醸造を許可されている由緒ある醸造所「ミュンヘン6大醸造所」のビールが全て味わえることになりました!

 

この6つの醸造所のビールは、600年もの歴史を刻んできたまさに別格の味わい。

本場ドイツで知らない人はいないほどに愛されている「アウグスティナー」や「レーベンブロイ」「ホフブロイ」など、ビール好きなら絶対に味わっておきたいビールばかりです。

 

また、日本初上陸の樽生ビールも話題になっています。

フルーティーな香りが魅力の「マイゼル&フレンズ ババリア エール」や、甘い香りながらややスパイシーな「マイゼルズ ヴァイス オリジナル」、チョコレートとキャラメルのような香りの「マイゼル&フレンズ チョコポーター」の3種類。

日本ではまだここでしか飲めない味なので、ぜひ味わっておきましょう!

 

会場では、ドイツ楽団による生演奏やダンスも繰り広げられ、まさにドイツにいるような気分を味わえます。

もちろんドイツ伝統の郷土料理であるアイスバインやソーセージなどのフードメニューも充実!

ドイツ旅行気分に浸れそうですね♡

 

ビールが苦手でもOK!お祭り気分を楽しもう♪


 

出典:pixabay.com

 

今年は海側のエリアに開放的な屋外席やラグジュアリーな気分を味わえるソファー席などを設置した第2会場が初登場。

ここではノンアルコールドリンクやカクテルなどが楽しめるので、ビールが苦手な方でも楽しい時間を過ごせますよ♪

保護者の同伴が必要ですが中学生以下は無料なので、家族でのお出かけにもぴったりですね!

 

会場/横浜赤レンガ倉庫 みなとみらい21エリア

開催日時/2017年9月29日(金)~10月15日(日)

開催時間/平日12時~21時半、土日祝11時~21時半

※29日のみ15時~

入場料/300円(飲食代別途)

デポジット(ジョッキ預り金)が別途必要。

 

 

座席数も過去最多にパワーアップしている「横浜オクトーバーフェスト2017」!

ビール好きの方はもちろんのこと、老若男女みんなが楽しめるおすすめのイベントです♡

みんなでドイツ気分に浸って、楽しく盛り上がっちゃいましょう♪

 

関連記事

・まだまだ楽しめる!ちょっと変わったおしゃれなビアガーデン4選

・東京土産にいかが?女性に喜ばれる♪東京駅限定コスメ特集!

・夏を楽しむ…♡見に行くべき、人気の向日葵スポット2017!