前回、『実は、夢に好きな人が出てくる理由にはこんな意味があった!【仲良しな場合】』を紹介しましたが、今回は逆の仲良くない場合を紹介したいと思います。好きな人に嫌われる夢、避けられる夢など様々ありますよね。かなり、目覚めも悪くなんだか悪夢を見たかのような気分になると思います。しかも、現実的過ぎてこれって正夢なんじゃないの?なんて思って、落ち込んだりしてしまったりする人も中にはいると思います。

しかし、現実に近い夢が全て正夢だったりするわけではありません。夢で嫌われたからといって、正夢になるわけでもありません。しかも、この嫌われる夢ですが、自分の中では嫌われるのが怖いななんて思うかもしれませんが、逆なんです。こういう夢のことを逆夢と呼び、夢で見たことの反対のことが起きる可能性があるよという意味があるんです。


■喧嘩してしまう夢
実際に喧嘩に発展することはなく、もっと親密になれるという意味が込められているそうです。ただ、好きな人だとしても、恋人として仲良くなるのではなく友達として仲良くなってしまうという意味があるそうです。

■殴られてしまう夢
これは、好きな人があなたともっとコミュニケーションを取りたい、もっと仲良くなりたいという意味があります。あまり近い間柄じゃないとしても、自ずと好きな人が近づいてくる可能性があるかもしれません。ですが、恋人としてではなく友達としてもっとあなたを知りたいという意味になるそうです。

■冷たくされてしまう夢
片思いの気持ちが強い人、または強く自覚した人が見やすい夢のようです。この夢では相手の気持ちは関係なく、自分の思いの強さや自覚によって見てしまう事が多いようです。しかし、それ以上に恋愛が発展する可能性が少ないという意味もあるそうです。

■フラれてしまう夢
これに関しては、逆夢というわけではなく正夢になってしまう可能性が強いようです。実際にフラれてしまう可能性もあるので、逆にこの夢を見たときは思いとどまるべきかもしれませんね。


嫌われている夢には、実はポジティブな意味も込められていますが、詳細を見ると恋愛に発展するというケースはなんだか少なそうなイメージですね。しかも、フラれる夢はそのままの意味になってしまったりと、結局マイナスじゃん...なんて考えてしまいますよね。ですが、逆にいうとその夢を見たときにアピールの仕方を変えてみたり、告白しようと思っていたけど少し日をずらそうかななんて思えたり、気付かせてくれる夢だと思いますよ。捉え方はそれぞれですが、夢に捉われず悔いのない恋愛にしましょう。

驚愕の複雑な恋愛成就率!当たる本格電話占いティユール

man-918536_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)