9月24日に乳がんで右乳房全摘出手術を受けた北斗晶(48)の夫で元プロレスラーの佐々木健介(49)が1日に昨年の現役引退と同時に辞めたブログを再開し、そこで手術室に入る直前に「大丈夫だよ、パパ」と北斗が涙を流したのを見て「俺が守らなくて、誰が守るんだよ!」と決意を新たにしたことをブログで明かした。

ブログの内容には、健介は「残念ながら乳癌は右胸だけではなく、脇にまで転移している可能性があると分かり、この数カ月、頑張ろうと思っては打ちのめされ、それでも乗り切ろうと思うと乳頭も残せないと告知されて、また打ちのめされて胸が張り裂けそうな話しばかりの日々でしたが、いい先生に巡り会えたことで何とか、心を手術に向けて進めて来れました」と手術までの厳しい道のり、妻と自身の揺れる気持ちを明かしている。

現在は、お陰様で手術は無事に終わりましたが、脇への転移も見付かり まだ…これからが本格的な戦いです。抗ガン剤が始まることが決まっているので、心配なことばかりですが…」と不安を吐露した。最強と言われた佐々木健介でも、不安になってしまうほど妻のことが心配だったと心境を察知することが出来る。

また、佐々木健介は妻の手術の前に子供たちに妻の病状を話すために、それまでは話すことをためらっていたが北斗が入院する10日前の9月13日に病気を伝えることを決意。「大事な話をする前に見て欲しいDVDがある」と2人に「余命1ヶ月の花嫁」を見せ「実はママは映画のこの人と同じ病気なんだよ」と告白するなど、妻の病気を家族で受け入れようとし、家族の絆が凄いと思わせてくれる。

また、これからについて「長い闘病生活になりそうですが皆様の前に元気な姿で一日も早く立てます様、妻も頑張ってくれると」と記して復活を誓い、妻を一生懸命支えていこうと意気込み綴っている。

今どき、こんなに熱くなれる人って実際にいるのでしょうか?ほんとは身の回りにいるはずなのに、私たちがそれに気づくことはほとんどないかと思うます。この家族を見ているといつも224時間テレビのテーマである絆や繋がりをまじまじと感じて、心から応援したくなってしまう。北斗晶と佐々木健介ファミリーには元気になってほしいと思います!

早い回復を願ってます。また威勢のいい声とあの笑顔がみたいです!


げんえき酵素

maxresdefault

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)