昨日、ノーベル賞の発表があったのはご存知でしょうか?そして、ノーベル賞といっても沢山種類があります。今回受賞したノーベル賞はノーベル医学生理学賞です。受賞されたのは、大村智・北里大特別栄誉教授(80)です。大村氏は長年にわたって微生物が作る有用な化合物を探求してきた。その研究がどんなものだったのか簡単に説明したい。

まず、寄生虫や昆虫をまひさせる機能を持つ抗生物質の「エバーメクチン」を発見した。昭和50年、静岡県内の土壌で新種の放射菌を発見し、そこから改良を重ね米製薬大手メルクが家畜の寄生虫駆逐剤「イベルメクチン」を開発したのだ。そのイベルメクチンが、アフリカなどの風土病である「オンコセルカ症」にも極めて高い有効性を持つことが判明したので、メルク社が治療薬として製品化しオンコセルカ症は河川盲目症とも呼ばれ、線虫の幼虫が目に侵入して発症する。途上国では失明の主な原因となる恐ろしい病気だが、イベルメクチンによって症状の悪化を防いだり、感染を防いだりすることが可能になった。イベルメクチンは世界保健機関(WHO)を通じ、アフリカや中南米などで延べ10億人以上に無償提供され、多くの人々を失明の危機から救った。

他にも大村氏は多くの機能を持つ化合物を微生物から400種類以上も発見したことでも有名である。また、大村氏は抗がん剤の研究を大きく進めたとされる「ラクタシスチン」「スタロウスポリン」など微生物由来の化学物質を企業との共同研究で次々と発見。多額の特許料収入を北里大学メディカルセンター(埼玉県北本市)の開設に充てるなど、日本の「産学連携」の先駆けに貢献している。

大村さんは実は苦労されています。大学院生時代は、夜間高校で教べんをとられていたそうで、高校教師から、研究者に転身された方で異例の経歴をお持ちです。高校時代には、スキーで国体に出場経験があって文武両道できる方です。受賞が決まった瞬間に「こんな賞をいただいていいのかな」というほどお茶目な方なのだ。

最近は新しい発見が大きな発展につながる言われ、ほめられることが増えたがその元となったものがあったからこそ、発展は可能だと思う。大村さんはその大きな部分を支えてきた人なのだ。日本は3年連続でノーベル賞を受賞しているので、世界中からも高く称賛されている。



001
出典元:毎日新聞

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)