お笑いコンビ、アンタッチャブルの柴田英嗣さん(40)が今日9日放送予定のフジテレビ系バラエティー番組「『ダウンタウンなう』2時間スペシャル」に出演しており、2010年から1年間にわたる突然の芸能活動休止の理由について「実は逮捕されていた」と、衝撃発言している。柴田さんはこれまで「女性問題だった」としていたが、真相が違うかったようだ。

今回のスペシャル番組は、ダウンタウンの2人と坂上忍さんが大物芸能人がいる店を回り「ハシゴ酒」を敢行する「本音でハシゴ酒」という企画で、お酒の力を借りて本音で語り合うという内容だ。その二軒目で登場したのがアンタッチャブル柴田さんである。柴田さん今まで“女性問題”とグレーにしていた2010年の”活動休止”について「実は逮捕されていた」と衝撃発言をして、その後「冤罪だったんで無実ですよ」という発言をした柴田さんに対してダウンタウンの2人と坂上忍さん3人は驚きの表情を浮かべていたという。

事実、冤罪だったと語る柴田さんですが火のない所に煙は立たぬと言いますが、彼はその冤罪にまったくの無関係だったのかと言われれば違うと思います。活動を休止していたのは2010年の2月から1年間で、2011年の2月からは活動を再開している。休止している間に何も言わず世間は柴田さんが何をしていたのか全く知りませんでした。しかし、再開後に女性問題と発言し、どうして女性問題で活動を窮していたのかすごく気になったと思います。そして、“SNS不倫”をテーマしたイベントでは、『不倫は良くないと身を以って感じた。ドラマの結末は1年休業だから』と言っていました。またある番組では、活動休止の理由について“浮気”と言い『示談金を払った』と発言したり、休止していた理由は活動再開後に言い方は違えど何度も説明してきたはずなのに、なぜに今になって、活動休止の話をするのかと注目が集まっています。

ですが、注目が集まるのと同時に、なんで今なの?小出しにして、今更再起したいの?という厳しい声も多々あるのも事実である。同じような浮気問題で一時謹慎していた矢口真里さんも起死回生するのに苦労している。一時はレギュラーの数が5本以上もあった矢口さんでさえも、活動再開後には苦労しているのだから、柴田さんの場合はなおのことであろう。

そして、アンタッチャブルはコンビ芸人だ。ザキヤマこと山崎さんとコンビなのに、なぜ一緒に出演しないのかという声も上がっており、山崎は新婚でクリーンなイメージがあるので、自分と一緒に出ても仕方ないと思っているので今のところ共演することはないそうだ。一度の過ちで苦しむこんなに大変な思いをするんじゃなかったと思うだろうし、しかしそれは後の祭りだから言えてしまうのだろう。絶対に過ちはしないと決めることも大切だとは思うが、どちらが人間らしいかと言われれば、一度の過ちがある方が人間らしいと思う。

さて、このスペシャル番組で何を語るのであろう。楽しみである。



1223出典元:LAUGHY

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)