過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生"が生徒たちにしくじった経験を教える反面教師バラエティ番組「しくじり先生」!今回は3時間スペシャルとして、堀江貴文・新山千春・武蔵による熱血授業を開講します!次々飛び出す驚愕エピソードに教室が震撼!そして授業の最後には先生たちによる熱いメッセージで教室は感動の嵐!このスペシャルの回には新山千春と格闘家・武蔵が登場している。

2004年から2014年の12月まで野球選手との10年間の結婚生活にピリオドを打ち、現在9歳になる娘を育てながらシングルマザーとしてタレント活動をしている。そんな新山さんはどうしてしくじり先生を登場するかというと、“主婦層に嫌われちゃった先生"として登場します。日常の子育て記事が世間の主婦たちの反感を買いネットは大炎上し、ネット社会で他人から嫌われないための授業を開講します。

では、どうして嫌われたのか簡単に説明したいと思います。離婚後に(テレビ朝日系)の『中居正広のミになる図書館』に登場した新山さんは結婚式の話になり、元夫が野球選手だったこともありご祝儀の話になった。そこで、ご祝儀の中身のついての話になった時にSMAPの中居さんは目上の人がいるため自分は大体3万縁に抑えているというなか、新山さんは「3万の人はちょっと……、そんなにいなかったかもしれない」と暴露し、新山さんにとっては笑いを誘ったつもりかもしれないが、主婦層の人から、「離婚後にご祝儀の額をペラペラ話すとか、失礼すぎる」「善意であげてるのに、テレビで暴露されたら嫌だなあ」「こんな母親、嫌だ」など、避難の嵐が起きた。

また、その番組の中で「8時過ぎには夫が先寝ちゃうんです。その後、私が仕事から帰ってきて、1人の時間が夜中ずっと続くわけです」「ほかの夫婦の話を聞くと、ご主人とワイン飲んだり、今日あった出来事とかを話している時間があって、うらやましい」などと、元夫への不満を明かした際には、「野球選手が不規則なことくらい、結婚前からわかるだろ」「また人のせいにしてる」とバッシングがとまらない。

ここまで嫌われる人もなかなかいないので、それも才能なんじゃないかと思ってしまうところもあるが、ココまでバッシングされてしまったのなら、ここからどうやって起死回生するのか楽しみである。ここまで嫌われてしまったママタレはもう一人いる。辻希美である。タレントの杉浦太陽の奥さんで、元モーニング娘。なのは皆さんも承知であろう。彼女の場合とは違う嫌われたかであるが、新山さんには自由奔放なキャラでいて、嫌われながらも負けないで強く生きてほしい。

一体どんな話をして、また炎上しないか心配であるが、彼女を見守っていきたい。




default_c54bddbf9f6c492c2fff37b0cc78af59
出典元:(c)テレビ朝日

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)