最近何かと美容や健康食品などのコスメ商品やブランドとコラボするなどよく耳にするのがアロマオイル。色んな種類や効果に合わせたモノを揃えだすとなると結構お金もかかってしまうのが問題ですよね。でも、自宅で簡単に自分でも作れるアロマグッズができれば嬉しいですよね?

そこで、誰でも自宅で簡単につくれちゃう和風テイストのアロマグッズのご紹介をしたいと思います。

【和の香りいろいろ】

◆かみつれ(カモミール)

フルーツをそのまま閉じ込めたような香りを楽しめるのがカモミールと言われるお花です。甘い香りで目の疲れなどを和らげてくれる他、肌の炎症を抑える効果にも最適です。
アトピーや花粉症にも効果的です。

◆緑茶

普段なにげに飲んでいる緑茶が、実はアロマの効果があるなんてご存知でしたか?和のテイストを代表するのが、この緑茶なのです。
心を落ち着かせる鎮静作用はもちろん、記憶力や集中力も高めてくれますし抗酸化作用にも、老化を防止し美肌を作ります。

◆梅

酸味のある爽やかな香りが食欲を増進させてくれます。それ以外に夏バテ防止や保湿効果にも最適で、コスメとしても効果があります。

◆しそ

精神安定作用があり、心を明るく穏やかにしてくれます。
爽やかなしその香りには、殺菌力も優れていてアレルギー・花粉症や症状穏和にも効果があります。

◆月桃

沖縄地方に古くからあるハーブの一種で、甘さと爽やかな香りが特徴です。鎮静作用が高く、特にストレスによる肌荒れにも最適です。

◆菩提樹(リンデン)

やさしく甘い花の香りが気分をリラックスさせてくれ、深い安眠へと促してくれます。カサつきや小じわが気になる・肌荒れにも皮膚軟化作用があるため効果的です。

◆白檀(サンダルウッド)

ウッド系の中で特に人気で高価なのがサンダルウッド。呼吸を鎮め、深いリラクゼーションと共に消毒作用もあり老化帽子や美肌効果にも期待されます。

◆きんかん

懐かしい香りが、心に安心感を与えてくれます。お肌の老化を防ぎ心身共にリラックスします。

◆柚子

お風呂に浮かべたると、血行を促進するので疲れた体をほぐすのでバスタイムには心身ともに温めてくれます。

◆あんず

甘酸っぱい香りが特徴のあんずには、しみやくすみを改善する作用があり、肌を明るくしてくれます。美肌効果には最適です。

◆はと麦

はと麦にはスクラブ効果があり、荒れがちな皮膚バランスを整え古くから利尿・健康薬として使用されてきました。

◆しょうが(ジンジャー)

体を芯から温めるしょうが。スパイシーな香りが弱った心を温めてくれます。刺激作用や食欲増進作用なんかもあります。
解毒効果があり、新陳代謝も良くなるため肌の血行も改善されます。


【アロマでお風呂を楽しもう】
▽抹茶のバスソルト

~材料~
(1回分)  保存期間1ヶ月

塩・・・大さじ2
抹茶・・・耳かき2杯
精油(はっか・ペパーミント)・・・3滴

~作り方~

塩に抹茶を混ぜ合わせ、均等に色が馴染んだら精油を加えて全体になじませる。

~作用~

抹茶甘さと清潔感のあるはっかの香りがお風呂上がりに爽やかななので、夏に最適です。鼻つまりや花粉症対策にもよく使用され、ハンドバスとしても使用できます!


▽ひのきの泡風呂

~材料~
(1回分) 保存期間1ヶ月

無香料のバスシャワージェル・・・25ml
精油 ひのき・・・5滴

~作り方~

バス・シャワージェルにひのきの精油を混ぜあわせます。
フタ付きの容器に保管します。

~作用~

親しみの深い木の香りとやわらかい泡の効果で、深いリラックスと共に解放へと導いてくれます、安眠効果も高く、たるんだ肌や毛穴の開いた肌を引き締め直してくれます。


まだまだご紹介したいアロマ・コスメやアイテムが沢山ありますが、基本的なアロマの種類についてご紹介してみました。
この機会に、においの楽しさを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

引用・・・和のアロマテラピー―精油とハーブで楽しむ手作りアロマ54,Tree of Life 生活の木





アロマ
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)