このところ、街中にゴルフレッスンを受けられるところが増えています。バブルの時代のスポーツと思われがちなゴルフですが、意外と手軽に楽しめるのです。おじさんみたいなんて言わないで、あなたも一度やってみませんか。

「ゴルフを始めるには」

どのようにゴルフを始めたら良いかわからないという方は、まずレッスンを受けてみましょう。
街中にもたくさんのスクールがありますし、郊外であれば打ちっぱなしやショートコースなどにスクールが併設されているところもあります。
ゴルフをなさっている経験者の方にお話しすると、「教えてあげる」なんてこともありますが、何事も初めが肝心です。きちんとレッスンを受けることをお勧めします。
体験レッスンを設けているところが多いので、自分にあうかどうか受けてから通うことを決めるのが良いでしょう。

「ゴルフ仲間を見つけましょう」

レッスンを受けたら、いよいよコースデビューですね。スクールでコースデビューに関しても、サポートしているところが多いですが、一緒に回ることが出来るお仲間を周りで探してみましょう。
会社の中で、気の合うお友達を誘ってみるのも良いですね。
もちろん、男性の中に混じって連れて行ってもらうのもありです。
一緒にコースをまわる人を探すことが出来る女性向けのサイトもありますので、のぞいてみて下さい。

女性ゴルファーに新しい風をcurucuru
http://www.curucuru.jp/

「道具を揃えましょう」

どの段階で道具を揃えるのか、悩むところです。スクールでクラブは貸してくれるところが多いので、とりあえずグローブだけ買って、少し慣れてからクラブ・シューズなどを揃えていくのが良いと思います。

※女性のクラブ選び
①クラブ選びで大切なことは、自分のパワーに合った重さのクラブを選ぶことです。デザイン・色にこだわるのと同じくらい、重さにもこだわりましょう。
②自分の体力に合った重さを選びましょう。女性の場合、力がないことから軽いクラブを選びがちですが、初心者の場合は、少し重めのクラブの方が良いかもしれません。重さがあった方が、体をしっかり使ったスイングを身に着けやすくなります。

※ボールの選び方
ゴルフは、他のスポーツに比べボールの選択肢が多くなっています。
初心者には、何が違うのかよくわかりませんが、目安を説明します。
ボールの種類は、飛距離を重視するボールとスピン性能を重視するボールの大きく分けて2種類です。
一般ゴルファー向けなのが、飛距離重視のディスタンス系ボールです。耐久性に優れ、アプローチでもボールが上がりやすいのです。
値段は1個150円から800円くらいと幅がありますが、初めのうちはなくすことが多いので1ダース3,000円くらいがおすすめです。
カラーは好きなものを選んで構いません。ゴルフショップにあるロストボールと呼ばれる安いものを練習用に買っておいてもよいでしょう。

※ウエア
ウエアもどんなものを買ったらよいのか、悩みますね。堅苦しい決まりがあるのではと不安になる人も多いかと思います。基本的には襟付きシャツとパンツはデニム以外のものであれば、問題ありません。
名門と呼ばれるコースでは、服装にも厳しいですが、それ以外のコースではそれほど厳しく規定しているところは多くありません。
コースに出ると日陰がとても少ないので、日焼け対策を考えて、帽子、サンバイザーは必須です。

※シューズ
ゴルフシューズは、足が滑るのを防ぐためにスパイクを使用します。
ゴルフシューズには、金属スパイク、ソフトスパイク、スパイクレスの3種類があります。
ソフトスパイクはスパイクをゴムで作ってあり、芝生を傷めにくく、それ以外のところでも歩きやすくしてあります。
また、金属スパイクは禁止しているコースも多いためほとんど店頭でも見かけません。
ソフトスパイク、スパイクレスのどちらかを好きなデザインで選んでみましょう。

※キャディバッグ
キャディバッグは好きなデザイン、ブランドのものを選んでOKです。サイズは8~8.5型くらいが良いと思います。

※ラウンドに必要な小物、持っていた方が良いもの
・ティ  
ラウンドするときに、持っていくのはティです。ドライバーを使う時に必要なので揃えておきましょう。
・グリーンフォーク
グリーンに残ったピッチマークを修復するための道具です。
・マーカー
グリーン上でボールをマークするためのものです。帽子のつばに挟むタイプが人気です。
・レインウエア
ゴルフは雨が降ってもプレーするので、用意しておきましょう。
・カサ 
ゴルフ場で用意してあることがほとんどなので買わなくても大丈夫。

「コースデビュー」

さて、これで全て揃いました。あとは練習あるのみです。コースに出ても初めは、思うようにプレーできないかもしれませんが、大丈夫必ず、上達します。
経験の積み重ねが大切です。コースに出たときには、周りの皆さんに迷惑を掛けないようにマナーをきちんと守ってプレーしましょう。
初めのうちは何度も打つことになるので、素早い行動が大切です。

ゴルフになんてと思っていた方も、ゴルフをしてみたくなったのではありませんか。
あなたもゴルフデビュー、してみましょう。

インドアゴルフスクールならフィットイン

37a526bc26428625c74e483a4394ed1a_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)