キャンプに行きたいけれども、どういったキャンプ場を選べばいいのか悩んでいる人がたくさんいるのではないでしょうか。設備が充実しており、きれいでキャンプ初心者でも安心&快適に過ごせるキャンプ場を紹介したいと思います。

キャンプ場にはさまざまな種類やタイプがあるのですが、高規格キャンプ場という手入れが行き届いて清潔感があり、お風呂や水洗トイレ、宿泊施設などの設備が充実していて、まるで公園のように整備されたキャンプ場があります。

・PICA富士吉田(山梨県)

贅沢なアウトドア体験ができるテントヴィラ。食材付き宿泊施設は手軽にキャンプ気分を味わえます。海外の雰囲気漂うキャンプ場でパオやオリジナルのトレーラーハウス、フィンランド製コテージなど、宿泊施設が充実。なかでも注目は1泊2食材付きの「テントヴィラ」。豪華テントと食材が提供され、贅沢なアウトドア気分が味わえます。

・竜洋海洋公園オートキャンプ場(静岡県)

隣接する「しおさい竜洋」には温泉、地場産品直売所、バーベキュー、レストランなどが入っています。直売所では旬の食材が豊富です。サイトはAC電源付きの区画サイトとキャンピングカーサイト、電源なしのフリーサイトに分かれており、電源サイトには流し台が付属しているのが特徴。宿泊施設のコテージ、トレーラーハウスは電化製品・食器・寝具などがフル装備されています。徒歩1分に立ち寄り湯もあります。

・北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

敷地のうち1万坪は森という自然たっぷりのロケーション。自然豊かですが設備は充実。独創的な宿泊施設も魅力で宿泊施設のほとんどに薪ストーブが設置されており、これからの季節も安心です。遊具やドッグランサイトもあり、子どもや犬にもうれしい環境です。

・キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(栃木県)

「こどもにキャンプ」をテーマにしており、低めの流し台や親子トイレなど子ども向け設備も充実。売店は日用品、お酒コーナー、キャンプパーツコーナー、キャンプが楽しくなる厳選グッズコーナーなど品揃え豊富で初心者も安心。また年間イベントも楽しそうです。

・出会いの森総合公園オートキャンプ場(栃木県)

県内有数の清流・大芦川で川遊びやつりが楽しめます。県内有数の清流・大芦川と丘陵、田園風景が広がる美しいキャンプ場です。場内は全面芝のオート/フリーサイト、サニタリー棟、炊事棟などで構成されていて、全体的に清潔。首都圏からのアクセスもよく、自然の見所がいくつかあるのでビギナーからベテランまで楽しめそうです。

・有野実苑オートキャンプ場(千葉県)

場内には手作りの遊具が設置されています。ほかにも竹馬やバスケットゴール、スラックラインもあります。観光農園内のキャンプ場なので、1年を通して楽しめる味覚狩りが楽しめます。サイトは木々で仕切られ、プライベートを重視した造り。お風呂がかなり充実していて、薪で湯を沸かすヒノキ風呂が設置された「野天風呂サイト」も用意されています。

・駒ヶ根高原アルプスの丘 家族旅行村(長野県)

駒ヶ根ICから5分と好アクセス、レクリエーション設備も完備、そして手入れが行き届いているので初心者やファミリーキャンパーも安心・快適に過ごすことができます。村内には「露天 こぶしの湯」という立派な温泉施設があり、キャンプの疲れを癒せます。調理器具なども充実しています。

いかがでしたでしょうか。キャンプ場にはそれぞれの魅力があり設備も充実しているので是非近場や遠出していろいろなところで楽しんでみてください。




vw-camper-336606_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)