本日、水曜日のカンパネラの11月11日発売の「ジパング」のジャケット写真とアーティスト写真が解禁となった。

 今作の「ジパング」は、国外から見た日本、ユーラシア大陸の旅というキーワードで制作されているとのことで、そのテーマに合わせた異国情緒溢れる世界観がジャケットのイラストにも盛込まれている。
今作のジャケットは水曜日のカンパネラ初のイラストの紙ジャケット仕様で、イラストはKOHH のアルバム『MONOCHROME』なども手がける上岡拓也氏が担当したとのこと。


ジパング表1_s


また、新アー写では、コムアイが今回のアルバムを作るきっかけにもなったロケ地、舞浜の鉄鋼通りにある工場内で撮影したとのことでコムアイからもコメントがよせられている。


●コムアイ・コメント
撮影をした 舞浜の鉄鋼通りは、鉄加工の工場がズラーッと並んでいて、ガキーン!ゴゴーン!とインダストリアルな音が響いている、素材だらけの場所です。そこで働く人たちは、物事をとてもわかりやすく物理的に現実的に捉えていて、撮影をお願いした時に、実際に出来るかどうか、すぐ想像して答えてくださる、そういう人たちでした。

撮影をした鉄屑などを仕分けるリサイクル工場の女社長も最高の人格者で、私が鉄屑が磁石で引き上げられるところを見て鼻息荒くガッツポーズしていると、「そうでしょ、格好いいのよ」と言って、仕事場を眺めていた。

そのキラキラの景色を見ながら、この強い金属が長い旅をしてきたように妄想して、それが大陸の西の西の、もっと西の方で出土して、鉱石は職人に加工されて、踊り子や旅人の手を渡り、人の死に何度も立ち会って、恋人への贈り物になって、砂漠や大河を渡って、東の端の小さな島へ。黄金の国と噂されるジパングへ。
ユーラシア大陸サイズに膨らんだ妄想をジャケットに落とし込むために、絵を依頼しようと思って思いついたのが、半年くらい前に作品を見ていた上岡さん。色鮮やかにビジュアルを作ってくれました。お気に入りの赤いベトナムジャンパーを着るコムアイの顔があまりにコムアイで、嬉しくて笑ってしまいました。
とりあえずまだ曲が全曲仕上がってないので、水曜日のカンパネラもう少し踏ん張ります。

皆さんの冬のお楽しみになりますように。

コムアイ
H27.09.24


【水曜日のカンパネラ / ジパング】
発売日 : 2015年11月11日(水)
価 格 : ¥2,315+(税)
品 番 : TRNW-0150
収録曲 :
シャクシャイン、ツイッギー、ラー 、他 合計10曲入り


【水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー「ジパング」 】
11/18(水) 赤坂 BLITZ 18:30/19:30
11/27(金) 大阪 umeda AKASO 18:30/19:30
12/4(金)   札幌 Sound Lab mole 18:00/19:00
12/6(日)   仙台 CLUB JUNK BOX 17:00/18:00
12/12(土) 福岡 BEAT STATION 17:00/18:00
12/18(金) 名古屋 CLUB QUATTRO 18:30/19:30
12/23(祝・水) 沖縄 ガンガラーの谷・ケイブカフェ 18:30/19:00  ※ゲスト有り
前売:¥3,400-(税込・ドリンク代別途)  
一般チケット発売日: 10/17(土) 10:00〜

【関連URL】  
水曜日のカンパネラ・映像「ジパングツアートレーラー」: https://youtu.be/c5yoJqLc_FU
水曜日のカンパネラ・HP: http://www.wed-camp.com/
水曜日のカンパネラ・Twitter:https://twitter.com/wed_camp

 



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)