厚手のコートを脱ぎ去り、本格的な春の気候になってきましたね。このシーズンは卒業旅行に春休み♪ふら~っとどこかに出掛けたくなりませんか。著者は旅行会社の前を通ってお得なチラシなどを目にするとつい足をとめて「こんな安くいけるの~♪」なんて言いながらつい道草をくってしまいます。
ところで折角の旅行、現地に着いた直後からいつも通りの美容コンディションでありたいと思いませんか?やっと目的地に到着したのに、ロングフライトと機内の乾燥にお肌も顔の血色も、髪までもやられてしまいボロボロ状態。そしてホテルにチェックインした瞬間ベッドに倒れこんでしまうなんて虚しいと思いまいます。特に日程にあまり余裕の無い旅行の場合、一日目こそ有意義に過ごしたいですよね。

時は金なりです…それに一日目から活動的に過ごして、時差ボケなんかも吹き飛ばしてしまいたい。今回は飛行機を降りた瞬間からいつも通りに輝く自分でいられる美容グッズ、美容方法をご紹介したいと思います。



【機内での美を守る三種の神器】

◆保湿力の高い化粧水
もちろん化粧水はミニボトルに入れて持ち込んで下さいね。保湿力が高いという所が重要です。機内の乾燥に打ち勝てる、潤い系の化粧水を持っていって下さい。そしてフライト前にたっぷりつけて下さいね。そしてフライト中にも何回かつけ直しをしましょう。


◆Lサイズのデカマスク
デカマスク⬅ここがポイントです。顔の大きさには個人差があると思うので、自分の顔が怪しい位に隠れる大きさのマスクを選んで下さい。肌の保湿効果を維持させる為に装着します。マスクを着ける事によって乾燥からお肌はほぼ守られます。ちなみに顔隠し&細菌予防にもなるので一石二鳥ですよ。デカマスクの応用編なのですがお気に入りのアロマオイルを1、2滴マスクに染み付けると良い匂いが顔中に広がりリラックス効果も得られます。著者もやってみた所、このアロマ効果のせいかすぐ入眠してしまいました。


◆ワセリン
ワセリンは普段から常用されている方も多いと思いますが、使い方によってはかなりの万能アイテムなのだそうです。飛行機は液体物の持ち込み制限がある為潤いグッズはほとんど駄目ですよね。それに、荷物が増えてしまう事を回避するためにもワセリン一個で事がすめばとても楽になります。ワセリンはまず乾燥した全ての箇所に塗れます。唇、手、アイクリーム変わりになります。そしてメイク落としにも!

機内にはアイメイクのみして搭乗する子って結構いるんじゃないかと思うんですけど、ワセリンでメイクオフが出来てしまうのは有名な話。綿棒につけていつものクレンジングの時と同様に行えば簡単にアイメイクが落とせてしまいます。
あとはなんと現地到着間近のヘアセットにも使える様です。ヘアワックスの変わりになるそうで、髪の毛に艶も出て程よく纏まってくれるそうです。ベタつかない程度の量がポイントだそうです。機内でおかしな寝癖がついてしまってもワセリンで解消出来たんですね。ワセリンを髪に!?って勇気が入りますが実際に試した結果ヘアワックスの使用感に似ていました。

以上フライト中でも美を保つアイテムの紹介でした。続いては機内での過ごし方についてご紹介します。



【女子力高い子程履いている着圧ソックスをあえてやめてみる】
機内はエコノミーなんか狭いし、足が浮腫むからって着圧ソックスは結構みんな履いていますよね。だけどそれ賛否両論らしいです。逆に着圧を履くとその締め付けと座り通しの体勢のせいで全身の血流が悪くなり、美容に良くない事もあるそうです。着圧を脱いだ瞬間一気に滞っていた水分が脚に流れ出す事もあるようで…機内ではやはり定番のゆるふわロングスカート+持参スリッパが大堂スタイルですね。



【機内食は食べ過ぎない】
長時間のフライトでは機内食がどっさり運ばれてきますよね。実はあの機内食、かなりの高カロリーで作られているらしいです。聞いた話では万が一の不時着に備え、あえて高カロリー設定されているそうです。そこまでお腹が空いていない時は果物や飲み物程度で終わらせた方が美容&健康には優しそうな感じです。ただでさえも動かない機内なのに、カロリーを溜め込み過ぎちゃうと胃も疲れてしまいます。



エコノミーの狭い機内に打ち勝つ美容に良さそうなアイディアをまとめてみました。是非参考にしてみて下さい。それでは皆様、いつも通りお肌艶やかきらきら大和撫子で世界を満喫してきてください!

15

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)