人気の沖縄ですが、沖縄にはたくさんのパワースポットがあります。
せっかく沖縄に行くんですから、パワースポットもぜひ堪能してきてくださいね。

・沖縄観光のついででも楽しめるパワースポット3選

①聖なる祈りの場、世界遺産「斎場御嶽」(せーふぁうたき)

斎場御嶽は、沖縄の数ある御嶽の中でも最高位とされている場所です。
斎場御嶽は世界遺産に指定されており、観光名所ではありますが、今でも聖なる祈りの場に変わりはありません。

②神の島「久高島」

沖縄本島から高速船で約15分のところにある小さな島「久高島」。
琉球開国の祖アマミキヨが天から舞い降りて、ここから国づくりを始めたという言い伝えがあるところです。
神の島ですから、いたるところに聖地が点在しています。
そのすべてに意味があり、じっくりと島巡りをすることをオススメします。

③琉球風水の最高峰「首里城」

首里城は有名ですね。
なぜ首里が琉球王国の中心となったのかというと、この地が琉球風水で最高の気脈を持つ聖域だからです。
首里城には県内でも格式の高い御嶽(うたき)が集まり、古くから人々の信仰の拠り所だと言われています。

その他のパワースポットは?

上記3つ以外にオススメしたいのが、太古のオーラを感じる「ガンガラーの谷」です。
那覇空港から車で約30分、鍾乳洞が崩壊してできた谷間に川や森が広がる自然あふれるスポットとなりますが、こちらもパワースポットとしても有名ですね。
また、沖縄県北部のやんばるの森にあるのが、大石林山(だいせきりんざん)ですが、もし時間があるのであれば、帰りにこちらに寄って行ってみましょう。

パワースポットに行く時間帯って関係あるの?

パワースポットには行く時間・・・というかタイミングというのがありますのでご紹介いたします。

その前に、注意事項をお伝えしますね。
まず、パワースポットに行くんですから、パワーストーンを持っていきましょう。
パワースポットを訪れるだけではそのエネルギーを効率よく吸収することができませんので、自分にあったパワーストーンを身につけてパワースポットを訪れるようにしてください。
パワーストーンにパワーを吸収させることで、エネルギーを持ち帰ることが出来ますからね。
ただ、パワー以外は持ち帰らないようにしてください。
パワースポットに訪れて、さらなる効果を期待して土を持ち帰ったり、枝を折ったりする人がいますが、絶対にやってはいけないことです。
パワーを吸収するどころか、負のエネルギーに変わってしまいますよ。
大切なのは、真摯な気持ちでスポットを訪れるということ。
その気持ちさえあれば、パワーは吸収されます。

さて、行くタイミングですが、パワースポットはエネルギーが常に変動しています。
訪れるときのタイミングでその効果にも大きく影響してきますから、晴れている日を選ぶようにしてください。
時間は、午前中のほうがパワーが集約されていますので、できるだけ早い時間に行くようにしましょう。
逆に行かない方がいい時間帯は、夜です。
夜は、負のエネルギーが満ち溢れていますからね。


沖縄には多数のパワースポットがあります。
青い海に心を癒されて、さらにパワースポットにいって元気をもらう。
沖縄に行ったら、ぜひ体験してもらいたいこととなります。
決して人に迷惑をかけないように、パワースポットめぐりをしてくださいね。



81233bddff0922b0ccb6f8766e84844b_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)