あなたの秋はどんな秋ですか。食欲?読書?今年は芸術の秋にしてみませんか。都内にたくさんある美術館めぐりしてみませんか。たくさんの美術に触れて刺激を受けてみましょう。新しい何かが発見できるかもしれませんよ。

「国立新美術館」

国立新美術館は、コレクションを持たず、国内最大級の展示スペース(14,000m2)を生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たす、新しいタイプの美術館です。
ミッドタウンにほど近く、おしゃれな美術館です。企画展・公募展と様々なジャンルの展覧会が催されているので、何かしら新しい芸術との出会いがあるかもしれません。
「ブラッスリー ポール・ボキューズ」もあるので食の楽しみがあるのも見逃せません。
http://www.nact.jp/

「国立西洋美術館」

昭和34年(1959)に設立。実業家松方幸次郎氏のコレクション、19世紀~20世紀前半の絵画、彫刻を中心に展示しています。クールベ・モネ・ルノワールなどフランス印象派の作品や、ロダンの「考える人」「地獄の門」などの彫刻など。昭和54年には新館もオープンし、レンブラントの作品が展示されている。なお、本館はフランスの建築家ル・コルビュジエによって設計されたものです。
上野公園にある皆に知られた美術館です。これぞ美術館といった格式のある風情は、初心者でも芸術に触れる良い機会を与えてくれることは間違いありません。
http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

「三菱一号館美術館」

東京・丸の内にある美術館です。2010年に開館しました。
建物自体が古く、1894(明治27)年、開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計されました。全館に19世紀後半の英国で流行したクイーン・アン様式が用いられていました。この建物は老朽化のために1968(昭和43)年に解体されましたが、40年あまりの時を経て、コンドルの原設計に則って同じ地によみがえりました。復元に際しては、明治期の設計図や解体時の実測図の精査に加え、各種文献、写真、保存部材などに関する詳細な調査が実施されました。また、階段部の手すりの石材など、保存されていた部材を一部建物内部に再利用したほか、意匠や部材だけではなく、その製造方法や建築技術まで忠実に再現するなど、さまざまな実験的取り組みが行われています。19世紀末に日本の近代化を象徴した三菱一号館は、2010(平成22)年春、三菱一号館美術館として生まれ変わりました。
建物を見るだけでも、歴史を感じることが出来ますが、そこで開催される展覧会も興味深いものが多く、いつ行っても飽きることのない美術館です。
クラシックなカフェはランチからバーまで幅広く利用することが出来ます。
http://mimt.jp/

「東京都庭園美術館」

白金台にある美術館です。建物は20世紀のはじめにヨーロッパで全盛をきわめたアール・デコ様式を随所にとり入れた、昭和8年完成の旧朝香宮邸を継承したものです。日本ではこの様式が住宅に用いられたのは少なく、ここが唯一の例だとされています。展示室は第1から第11まであり、第1から第3展示室などのデザインはフランスのアンリ・ラパンの手によるものです。
こちらも、建物自体が素晴らしく、うっとりとしてしまいます。庭園もありますので、デートスポットとしてもお勧めです。
ゆったりと時間に余裕をもって、行きたいですね。カフェもあります。
http://www.teien-art-museum.ne.jp/

「根津美術館」

青山にあるので通ったことがある方も多いことだと思います。
東武鉄道の創業者の根津嘉一郎氏が集めた膨大なコレクションを、敷地が2万平方メートルもある根津氏本人の私邸に展示している根津美術館は、特に茶器の充実ぶりで名高い。ほかにも、中国の殷周時代の青銅器は世界的にも著名なコレクションです。
美しい庭園は都会にいることを忘れてしまいそうになってしまいます。庭園散策だけでも十分に楽しむことが出来るでしょう。
http://www.nezu-muse.or.jp/index.html

「三井記念美術館」

日本橋三井ビルにある美術館です。
三井記念美術館は、多数の日本・東洋の優れた美術品を収蔵している三井文庫別館が、三井家及び三井グループに縁の深い日本橋に移転して、平成17年10月に開設された新しい美術館です。収蔵されている美術品は、江戸時代以来300年におよぶ三井家の歴史のなかで収集され、今日まで伝えられた、日本でも有数の貴重な文化遺産です。
財閥のコレクション、圧巻です。
http://www.mitsui-museum.jp/index.html

東京の美術館をご紹介いたしましたが、まだまだあります。普段行き慣れないとなかなか行かないかもしれません。でも、一度行ってみると案外楽しいものです。いつもと違ったところへ行ってみると新しい自分に出会うことが出来るかもしれません。是非、足を運んでみて下さいね。

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット

4329b92e50c2d5a1f33b3a062d1b5647_s

  (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)