待ちに待った、シルバウィークに突入しました。遠くへお出かけする方も多いのではないでしょうか?
国内でも国外でも行く先が遠ければ遠いほど、移動距離も長くなります。
到着した頃にはなんだか疲れてしまってぐったり…なんて方も中にはいらっしゃいますよね。

そこで今回は長距離移動で疲れないための方法をご紹介していきたいと思います。

◆なぜ長距離移動は疲れてしまうのか?

何をしているわけでもない、ただ座っているだけなのに疲れてしまう。
そうなんです、何もせず同じ姿勢で長時間いなければならないために長距離移動は疲れてしまうのです。
かといって、車内を動きまわるわけにも、横になって休むこともできませんよね。

長距離移動で疲れないためには、ゆっくりと休めるかどうかが大切。
大きな動きの取れない車内、座席でいかにリラックスして過ごすかが移動疲れをしないためのポイントです。

◆長距離移動をリラックスして過ごすためには

長距離移動でどっと疲れないためにリラックスして過ごすための服装、アイテム、飲み物をご紹介していきたいと思います。

【服装】
・締め付けの少ない、ゆったりとした服装
・羽織ものなど防寒用の上着
・脱ぎ履きしやすい靴

寝るときやお部屋でリラックスして過ごすときに、スーツとまではいかなくとも身動きの取りにくい服装はしませんよね?
移動中もなるべく締め付けの少ないゆったりとした服装で過ごしたいものです。靴をぬぐことでも人はリラックスできます。履きなれていて、すぐに脱ぎ履きの靴を履くのが良いでしょう。

また、車内の温度は一定に保たれ、寝ていると寒く感じることがあります。飛行機の場合、ブランケットを貰うことができますがそれでも足りないことがありますよね。そこで、防寒用の上着はひとつ用意したいものです。

【アイテム】
・アイマスク
・ノイズキャンセリングイヤホン、耳栓
・ネックピロー
・フットレスト

長距離移動用の便利なアイテムが開発される理由、そして売れる理由。それは、一定の効果を得ることができるからですよね!
寝ている時の光や音が気になる方はシャットアウトできるものを用意しましょう。飛行機に限らず、新幹線でも子供の鳴き声など気になりますよね?原因は元から絶ってしまいましょう。
また、座って寝るとき、首と足がどうも落ち着きませんよね。そんな時に便利なのがネックピローやフットレスト。首を落ち着かせてくれ、足を少し高い位置に持ち上げてくれます。

【飲み物】
・ミルク
・カモミールティー
・適度なアルコール

車内は乾燥していることが多いため、なるべく利尿作用のあるものは避けたいものです。コーヒーやコーラ、カクテルなどは利尿作用があるため、ミルクやカモミールティーなどを飲みましょう。睡眠導入成分も含まれているので、オススメです。

また、気圧の変化によって酔いやすくなる(飛行機の場合)、体内の水分を奪うなど飲み過ぎは注意ですが、適度のアルコールも眠りを誘うため飲んでも良いかと思います。
新幹線なんかだと、駅弁をお酒と一緒に堪能して一眠りした頃には到着している、なんてこともありますからね!

きっと慣れない長距離移動に神経質になり、疲れを更に悪化させているような気がします。
旅先で元気に楽しむためにも、なるべく移動中はストレスを溜めたくないもの。自分がリラックスできる方法を考えて、長い時間を乗り切りたいですよね!

それでは皆さん。体に気をつけて、いってらっしゃい!



1e35037c466844bdd99ef793e41d1b4a_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)