一昔前までは、「ハネムーン」と言えば「ハワイ」でした。もちろん、一生に一度の思い出をハワイで作るのも素敵ですが、どうせなら人とは違った「ハネムーン」してみませんか。人生最高の思い出作り、どこに行きましょうか。

「ハネムーン」人気ベスト10

1位 ハワイ 2位 イタリア  3位 フランス  4位 スペイン  5位 モルディブ 
6位 バリ  7位 アメリカ本土 8位 オーストラリア 9位 タヒチ 10位 ドイツ

なるほどといった感じですね。確かにどこも行ってみたいところばかりです。
実際に行きたい希望の1位は「ヨーロッパ」のようですが、ヨーロッパとなると日程的に余裕がないと行きづらいので、実際はハワイが1番になっているのでしょうね。

「カリブ海クルーズ」

カリブ海というとどのようなイメージをお持ちですか。たくさんの島が浮かぶ、カリビアンブルーの美しい海。日本からは遠く、渡航時間がかかるため、なかなか行先に選ぶという事がないところかもしれませんね。たくさんの島は、たくさんの国もあり、行く前に調べてみるだけでも楽しめるカリブ海。新婚旅行の思い出の地に選び、クルージング。想像しただけでも、胸が高まります。
船旅というのは、一回経験してみるとその素晴らしさに何度も行ってみたくなるとか。豪華客船には、ありとあらゆるサービスが揃っており、飽きることなく過ごすことが出来ます。
“ディズニークルーズ“というディズニー好きにはたまらないクルーズ船もあります。地上では味わえないディズニーの世界好きな人と一生に一度の思い出に最適ですね。

「モルディブの水上コテージ」

モルディブの美しい海上に浮かぶ、水上コテージ。まるで映画の世界のような素敵なコテージは夢の世界へといざなってくれるでしょう。何もせずに1日2人で海を眺めていても飽きることはないはず。夕陽の時刻に気分は一層高まり、今まで味わったことのない幸せを感じること間違いなしです。
コテージの形も様々。古くからある船を模したコテージ。長い桟橋を渡っていくコテージ。お部屋から直接海に降りられる。海に浮かびながらさらにプライベートプール付きなど。好みのコテージを選んでみましょう。

「ナスカの地上絵」

未だに謎の多い世界遺産の一つ「ナスカの地上絵」を見に行くのも、神秘的な旅行になるでしょう。南半球は行く機会が少ないので思い切ってこのような個性的な旅もいいのでは。
「ナスカの地上絵」を楽しむ方法は二通りあります。地上から見る方法、空から見下ろす方法です。地上から見たのでは、あまりに大きな絵であるため、何の絵なのか把握するのは困難です。その為、飛行機(セスナ)に乗る遊覧飛行ツアーが人気です。せっかくなのでこれは、ぜひ楽しみたいですね。(セスナは何回も旋回するので乗り物酔いしやすい方は、お薬持参で)

「南極」

最後の人類未踏の地・南極。まず行く機会はないところです。新婚旅行で思い切って選んでみるのいいですね。南極半島をクルージングするとペンギン・ヒョウアザラシ、巨大氷山を見ることが出来ます。
旅行代金はかなり高めとなりますが、一生に一度の思い出とすれば高くはないかも・・・
運が良ければ、オーロラを見ることが出来ます。南極ですが温泉を楽しむツアーもあります。ペンギンの繁殖地としても有名なところなので、場合によっては温泉につかりながらペンギンを眺めることが出来るかもしれません。

「南アフリカ」

南アフリカも、仕事でもない限り行かない地でしょう。日本からの距離もありますので、旅行代金もかなりかかります。新婚旅行だから思い切って行ってみる価値のある地でしょう。
ヨハネスブルクから、世界遺産に登録されている世界最大級のヴィクトリアフォールズの滝を見に行くことが出来ます。クルーガー国立公園で、ライオン、ゾウ、ヒョウ、バッファロー、サイなど大型動物を見ることも可能です。サバンナに沈みゆく夕陽を見た後、ナイトサファリも迫力満点です。
ケープタウンの喜望峰もぜひ行ってみたいスポットです。地球が丸いことを確認しながら、二人の想いを語り合ってみてはいかがでしょう。

「モロッコ」

モロッコまで行くのもとても時間がかかります。が、新婚旅行という事で長期休暇をもらいましょう。
神秘的な旅は新婚旅行に最適ではないですか。飛行時間が長いため、疲れるのは我慢して行ってみる価値ありです。
「迷宮都市」フェズは一見の価値あり。どうしてこんな町が出来たのでしょうね。迷宮を二人で散策も記念になります。

一生に一度の「新婚旅行」こんなときでなければ、長期休暇はなかなか取れなかったりします。思い切って、長いお休みを取って、みんながびっくりしてしまうようなところへ行ってみましょう。言葉なんて関係ありません。珍道中になったってとても良い思い出になりますものね。



a39d8f479a835904f2969ee98ccf0966_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)