秋と言ったら紅葉狩りですよね。
赤く染まった紅葉を愛でる、たまにはそんな優雅な時間を過ごしてみませんか?

今回は秋が美しいと言われる京都の絶景スポットをご紹介。
古都京都で、日本の美しい光景に包まれてみましょう。

◆高台寺

まず紹介するのは高台寺。ここは、豊臣秀吉の奥方、ねねが建立した美しい庭園が有名ですよね。

ここの庭園は夜が魅力的。ライトアップされた紅葉が水面に映し出され、なんとも幻想的で美しい。
水面に映る赤い紅葉がゆらゆらと揺らぐ様子が、夢心地な気分にさせてくれることでしょう。

邸内に入ると、臥龍廓から見える庭も美しく、時間を忘れて見とれてしまいそうです。
ねねもここに座ってこの庭を見たのかな?なんて思いにふけりながら、美しい庭を見つめるのもいいですね。

この近辺には寧々の小道があり、そちらも幻想的。まるでタイムスリップしたかのような錯覚に陥ってしまう場所です。

醍醐寺

こちらはねねではなく、夫の豊臣秀吉ゆかりの地。豊臣秀吉が望んだ夢の紅葉と言われているだけあって見ごたえは抜群!

事前申し込みが必要なのですが、その分期待していいですよ!
弁天堂の橋とお堂にかかるモミジの美しさもさることながら、見ておきたいのは紅葉の道。
紅葉に挟まれた道は真っ赤っか。見上げればモミジの赤、下を見れば紅葉のカーペット、まさに赤い世界です!
感動するほど美しい醍醐寺は、絶対に期待を裏切ることはないでしょう。

◆東福寺

東福寺は約2000本もの紅葉がひしめき合っています。
そのため、どこにいても赤や黄色の美しい紅葉を見ることができるのですが、その中でも特に通天橋から見る紅葉は最高!6万坪の敷地に広がる紅葉が眼前いっぱいに広がる光景はまさに絶景です。
日本の秋の美しさを体感できることでしょう。

残念ながら、秋は拝観時間が短く、16時に閉門、入門は15時半までに済ませないといけません。行ったけれど閉まっていて見れなかった!なんて悲しいことがないように気を付けてくださいね。ゆっくり見たい人は時間に余裕をもって訪れると良いでしょう。

拝観時間が短い割に訪れる人は多いので、マナーを守って行動するようにしてください。

◆清水寺

いまさら言われなくっても・・・というほど有名な清水寺。清水の舞台と紅葉のセット写真はとても有名ですよね。

多くの観光客も訪れる京都で最も有名な紅葉スポットです。
もちろん、清水の舞台と紅葉が一緒に撮れるスポットが一番人気なのですが、筆者的には、清水の下の道の方が好きですね。

見上げると紅葉がひらひらひらひらと舞う姿がとても美しいです。また、筆者が秋に行ったときには小雨が降っていたため、水に落ちた紅葉がゆらゆら揺れていた姿も美しいと感じました。

◆白龍園

この白龍園はずっと一般公開されていなかった場所。
それが2012年の1月から、毎日100人限定という人数制限を設けて一般公開されているのです。

毎日100人って相当レアな数ですよ!
すごく美しい庭園が、人ごみで雰囲気を損ねさせられることもなくゆっくりと拝観できるのですからこんなにうれしいことはないですよね。まだまだここが一般公開されていることを知らない人が多い今こそ行くチャンスだと思いませんか?

チケットは白龍園ではなく、叡山電鉄出町柳駅でのみ発売されていて、100人分のチケットが売れたら終了。そのあとはごねても入ることはできません。これはぜひ、一度訪れておきたい場所ですね!

秋の京都は美しい見どころがいっぱいです。
昔の日本人たちが感嘆した美しさを、時を超えた今、味わってみませんか?
せわしない日常を忘れられる優雅なひと時をかみしめましょう。



31dce9b837bcc719a9ba4a3058a587ca_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)