人間ですから、イライラするのは当然。イライラしない人間がいるならば、一度拝んでみたいものですね。仕事に対してイライラ、人間関係にイライラ、とりあえず目に映るものにイライラ。イライラするのは仕方ないといっても、イライラはキレイの大敵です。
眉間のシワも残ってしまいますし、できることなら、イライラを軽減させたいと思いませんか?今回はイライラの原因と、一人でできる解消法5つをお教えいたします。

イライラの原因その1 甘いもの不足
甘いものはイライラを抑制する力があるとされています。とはいっても、甘いものに含まれている砂糖には依存性と常習性の強いものとなりますので、甘いものを食べることを習慣化してしまうと、常に甘いものを欲しがるようになってしまいますので、結果的にイライラする原因になってしまうのです。

イライラの原因その2 水分不足
水分には、血液の中にあるストレスホルモンを抑える働きがあります。つまり水分が不足してしまうと、血液の中にあるストレスホルモンを抑制することができませんので、情緒不安定になりイライラしてしまうわけです。

イライラの原因その3 妥協できずに完璧主義
妥協ができずに完璧主義の人はどうしても人よりイライラする回数も増えてしまうでしょう。自分も完璧でありたい、他人も完璧でいてほしい。これでは毎日がイライラの原因になってしまいますね。自分にも他人にも少しくらい甘くなってみてはいかがでしょうか?

イライラの原因その4 汚い部屋
疲れて帰ってきたのに、家の中が汚かった。これは本当にイライラを増幅させます。部屋が散らかっていると、目から入ってくる情報量が増えてしまいますので、余計に脳を疲れさせてしまうのです。イライラしたくないのであれば、部屋きれいにしておくことにこしたことはありません。

イライラの原因その5 空腹
人間お腹がすくとイライラしてしまいます。体が「飢餓状態」という反応をしてしまうと、脳内にストレスホルモンが発生し、「早く食べ物を食べろ!」という指令を出します。忙しくてなかなか食事ができないとこのホルモンは出っ放しになってしまいますから、余計イライラがつのってしまうのです。
こういうときは、何かを食べたら収まりませんか?「あ、お腹が空いていたからイライラしてたんだな」っていうわかりやすいケースですね。子供がお腹を空かせて泣くのと一緒です。

では実際に一人でできるイライラ解消法をご紹介いたしましょう。
イライラ解消法その1 食べる
まずは食べる!イライラしたら、とりあえず何かを食べましょう。何かを食べることによって、糖分が血液中に広がります。そうすると、脳内にセロトニンというリラックスさせてくれる成分が分泌されますので、イライラが解消されます。
また、赤身のお肉や魚、大豆や乳製品もセロトニンを含んでいる食べ物となりますので、イライラの緩和に役立ちます。

イライラ解消法その2 抱きしめる
何かを抱きしめる!何かを抱きしめる行為は、心を満たしてくれるようです。心理学でもこういったセラピーを行っているようなので、効果は高いと考えられるのではないでしょうか。ぬいぐるみがいいかもしれませんが、枕でもいいですよね。もちろん、生身の人間でもいいと思います。自分の気持ちをいやす気持ちで抱きしめると、心も落ち着いてくることでしょう。

イライラ解消法その3 ツボ押し
ツボ押し!手の平中心の窪んだ所にある「手心(しゅしん)」というツボを、ギュッと押すと鎮静効果によって興奮が治まるようです。すこし痛いくらいの強さで押してあげると、効果も高まります。

イライラ解消法その4 泣く
泣けるときは思いっきり泣く!どんな方法をとってもイライラして収まらない場合は、思いっきり泣きましょう。泣いた後は、脳内から会館物質が放出されるのでイライラが解消されることがあります。悲しい話、感動する話の映画などを見て、思いっきり泣いてスッキリしてみてください。怒りの感情というのは、6秒くらいしかもたないと言われています。

イライラ解消法その5 ちょっと我慢してみる
イラッとしたら、まず我慢してみる。それでもだめなら、上記でお教えしたイライラ解消法を試してみましょう。健康状態が悪くて、カラダのどこかに不調を抱えていると、ささいなことでもイライラしてしまいます。また仕事や育児などで精神的に余裕がなくなったときも同じように、イライラしやすくなります。

また、女性の場合は生理というのがありますので、生理前や生理中にイライラすることも多くなります。しかし、生理の場合のイライラは、生理が終わればおさまるはずです。「生理が終わったらおさまる」という気持ちでいるほうが、イライラは軽減されるでしょう。
生理現象によるイライラが起きた場合は、好きな音楽を聴いたり、好きな香りをかいだりして、リフレッシュをはかること。リフレッシュすることによって、肌荒れがひどかったりしても気づいたらキレイな肌に戻っていたということもありますので、キレイを意識するのであれば、心の健康をまず大切にするようにしましょう。


4b001afabd2362cdde105a6d0cbd1eef


↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》