気軽に部屋の雰囲気を変えられると最近大ブレイクの「ウォールステッカー」。
名前を聞いたことがあるもののイマイチどういうものなのか分からない、
気になるもののどうすればオシャレになるのか分からずに手が出せない…
という人も多いのでは? しかし心配ご無用!
コツさえ掴めば誰にでも簡単に室内をセンスアップできちゃいますよ。
そんな人気急上昇中のウォールステッカーについて今回はお届けします!

ウォールステッカーとは?
部屋の壁に直接貼ることができる、
さまざまな図柄にカッティングされたシール状のものをいいます。
通常のシールは貼ったら剥がせなかったり跡が残ったりと大変ですが、
ウォールステッカーは弱粘着タイプのため、
壁紙を痛めずに簡単に部屋をアレンジすることが可能!
(素材によっては跡が残ることもあります)
また貼り間違えても修正ができるのでプロに頼まなくても
自分の好きな時間に雰囲気を変えることができてしまいます。
ちょっとした汚れや傷の目隠しにもなるので活用の幅が広がりますね。

マスキングテープとの違い
ウォールステッカーとマスキングテープは同じように壁紙に直接張って
壁を一枚のキャンバスのようにアレンジすることができます。
両者とも弱粘着ですので賃貸物件にお住まいの方でも安心して使用できるのが魅力的。
ウォールステッカーは形もサイズも様々なものが市販されていますし、
100%オーダーメイドに対応してくれる業者もあります。
一方のマスキングテープは色・柄・幅ともに大変多くのレパートリーがありますが、
基本的には直線のテープを上手に貼って壁にひとつのアートを作っていくことになるため、
センスやアイディアが要求されることも。
そのため、失敗が少ないウォールステッカーを利用することがオススメです。

ウォールステッカーをどこに貼る?
とっても頭の痛い問題が、「どこ」に「なに」を貼るかですよね。
まずは家のなかで印象が寂しいところを探してみましょう。
場所選びのポイントは、窓や家具、コンセント、階段など
ハードとの調和ができる場所をチョイスすること。
たとえば窓に続く壁にスペースがあれば、
好きな樹木が窓から伸びているような構図で枝を配置し、
好きな果実を実らせても可愛いですね。
もしくは、背もたれのないベンチの高さにあわせ、
そこに犬や猫など、大好きなペットのシルエットを配置すれば、
椅子にペットが座っているようでとてもオシャレ。
または玄関のドアを開けて最初に見える壁にインパクトのある花などを貼れば、
室内には入らないお客様へのアピールにもなります。
玄関は自然と足元に目が行くので、
壁の下のほうに小さなウォールステッカーを貼るのもオススメですよ。

人気のウォールステッカーは?
自分の家を好みに合わせてカスタマイズするのですから、
見ていて楽しくなったり、リラックスできることが一番大切です。
まずはどんな部屋にするのかという完成形をイメージするために、
ネットで情報収集することがとても有益。
画像を参考に、自分の家だったらこんな風に、あんな風にと想像して、
ピピッと来るものがあればそこから始めるのが良いでしょう。

なかなかピンと来るものがない、イメージもわかないという方は、
小さいものから始めるのがオススメ。
コンパクトな花や星、月など季節を問わず人気で失敗のない定番アイテム。
リビングの壁に貼るだけでも部屋の印象は全然違ったものに。
シーズン的なものではクリスマスツリーを貼ったり、
ラッピングされたプレゼントを床近くに配置すれば子供たちも大喜びするかも!?
インパクトのあるキリンやウマなど大きな動物を
壁一面に貼るのも存在感があってステキですね。
そのほか明確な完成図が浮かぶのにどうしても既製品のウォールステッカーでは
イメージしているものが見つからないという方にはオーダーメイドがいいかもしれません。
多少値段は張りますが満足いくデザインのものを使えば、
より一層自分の部屋が好きになるでしょう。


最初に大きなウォールステッカーを貼るのは勇気もいりますので、
まずは小さなものから始めてみましょう。
価格も数百円のプチプラから高いものでも数千円程度と手が出しやすいのも魅力の秘密。
まずはひとつ、自分で気に入ったものをチョイスして、
小さなスペースから始めてみてはいかがでしょうか。
きっと部屋の印象がガラリと変わると思いますよ。くれぐれも「貼りすぎ」にはご注意ください!

3fd8528ae0b006d5a0e9122a586b8b8d
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews-)