気が付けば今年もあと数十日。。
2014年を振り返る事もあるのではないでしょうか。
ミスばかりだったりそうでなかったり。
自分のミスじゃなくても連帯責任として責任を取る事って少なからずありますよね。
思わぬ所から上司から叱られてしまってもうダメかもしれない・・
この会社を続けていても楽しくない。
そんな役立つコツを私事ですが5つに分けて紹介していきます。

#1 【自分を見つめ直す事も大事】

新社会人として入社し、仕事を続けて早○年。
無遅刻無欠勤で仕事も定時で仕上げているのに給料がなかなか上がらない。。
もしかして自分は評価されていないのでは?向いていないのでは?と
考えてしまう事って、人生に1度は考えてしまいますよね。
上司に言えない不満は少しづつ溜まっていく一方、
仕事はどんどん増えるさばかり。
そんな時は「自分が上司になったらどういう時に社員を評価しているのか」
ある程度イメージをして考えてみると良いかもしれません。
「無遅刻無欠勤」や「定時内に仕事を仕上げます」など
ポイントだけであなたは社員を評価できますか?
売り上げを伸ばしたり、〆切期日前に仕事を仕上げたりなど
自分にチャレンジし続ける事で仕事の出来栄えと評価は変わっていくものです。

#2 【何事も視野は広く持つこと】

この仕事が忙しい。。あの仕事が立て込んでいる。
日々の激務に追われ精神的に限界!!となる事ってありますよね!
一つの仕事だけに集中していたくても
思わぬところから仕事が入り込んできたら、あなたはどうしますか?
そんな時は頭を抱えてふさぎ込んで机にかじり・・つかないで、
今行っている作業を整理した上でそれぞれの優先順位を上司に聞きましょう。
平行する仕事は多かれ少なかれ、自分は一人しかいないのですから
徹夜をしても作業量には限度があります。仕事を進んで受けるのも良いのですが
請け負い過ぎてしまって提出期限に間に合わなければ意味がありません。
自分に合った仕事のスタイルを見つける事で周りからの
評価や見方も変わってくるかもしれませんね。
私は社会人になって間もない頃、
視野を広く持つ事ができなかった時期がありました。
上司に相談するのも怖くて一人で依頼される案件を片っ端から請け負い、
仕事を進めていたのですが。。。
一度その仕事がイヤになってしまうと、全てがイヤになってしまうんですね。笑
それをきっかけに、当時居た会社は辞めて転職をしました。
今では仕事について上司に相談をしたり、私が上司として仕事の案件を
振るまでに出世をしました。笑
仕事の余裕は心の余裕からという言葉をよく聞きますが転職をする事で
私は実感する事が出来ました。キッパリ仕事と割り切って取り組むよりも
ある程度楽しみを見つけて作業している方が
スキルも身につきますし時間の余裕も生まれてくるんじゃないか、と
個人的には思っています。

#3 【出資のバランスも時には必要?】

今月厳しいけど、仕事忙しかったし一回くらい贅沢しても
いいよねってなってしまう事、ありますよね。
私は週2回くらいのペースであります。贅沢や趣味にお金を投じるのは
もちろん良いと思います。で・す・が、会社の付き合いが増えてくると
出費のバランスも考えた上でやりくりしないといけなくなってしまいます。。
例えば忘年会や新年会。
会社に属していればどちらかは必ず出席する事もあるかと思います。
そこでもし、趣味での出費が多すぎて忘年会や新年会に
会費が払えず出席できなかった場合、付き合いが悪いんじゃないかと
受け取られてしまう事もあるかもしれません。
私はお酒をそんなに飲めないのですが、
普段忙しくてあまり話すことがない先輩や上司と話す良いチャンスだと思い
進んで出席しています。さらに同じオフィスの人達と
一緒に飲んだり食べたりする事が無いので、
一人暮らしの私にとってなんだか親戚で集まって
ご飯を食べている感覚になってしまう事があるんですが・・・
そんなに風になりませんよね。笑 すいません。

#4 【出来ない・分からないはNG?何事も臨機応変に】

「分かりません」「出来ません」。
不得手なジャンルの対応に限ってつい出てしまうこの2つのワード。
私も分かりません・出来ませんと言いたい所ですが・・
言われた側はどう思うでしょうか?
仕事を依頼したい段階で断られては「この人はこれしかできない」と
見限られてしまうかもしれません。何事もチャレンジ意欲を表す事で
やりがいのある仕事に出会えるのではないでしょうか。
私はもし不得意な内容の仕事を依頼された時は時間がかかっても
自分自身を成長させるためにも対応していきたいですね。
「出来ない・分からない」というのは
自分の可能性を殺してしまっているのではないかと考えています。
未知に挑戦することで自身の成長にも繋がりますし、
それがクリアできた時の達成感を味わえますし、自分に自信が持てると思います。

#5 【プラス思考で気持ちを前向きに】

どうせ私なんて・・と
職場で暗い影を落としている人は少なからずいると思います。
そうならない為に重要なのは【プラス思考である事。】
仕事ができるのはありがたい事・自分がこの技量で職場に
いられるのは上司の優しさがあるから等、記事を書いている私でさえ
ドM心をくすぐられてしまいます。笑
受け取り方次第で仕事に対して前向きが良いのか、後ろ向きが良いのか。
日々取り組むものなのでどちらが自身にとってプラスになるのか
それはあなた自身、分かり切っていますが気持ちの切り替えなんて難しいですよね。
切り替え方については私はよく連休がある時期に自分を
見つめ直す時間を設け、休みが明けた日に気持ちを変えて
仕事に取り組むようにしています。土日を挟んでチャレンジしてみるのも
有りですが、仕事の事を忘れて連休最終日に思い出すくらいが
丁度よいのではないかと私は思います。笑

編集後記

私はこの業界で仕事を始めて5年目になるのですが、社会人になりたての頃。
自分はこの業界に向いていない。センスがない。
忍耐力がなければ何もないと後ろ向きな姿勢で
仕事に取り組んでいた時期がありました。笑

転職をしてからは、少しづつ出来る所から仕事をして自信を付けて
今ではデザインからコーディングまである程度のものであれば
一人で作りだせるようになりました。専門職で頑張って稼ごうと思っても
限界はあるかもしれませんが、沢山良い仕事をして評価されて
どんどんスキルを磨きたいと考えています。こういう考え方が出来るのも
今までの職場と先輩と社長のお蔭だと思います。
言われて気付けるものではなく体験して気付くものだと思います。
仕事を楽しくするかつまらなくするかはあなた次第です!

 

Green19_taisyoku20141123133801500

 

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews-)