日本が海外から注目を集めていますが、日本人女性も海外ではとても人気が高い存在だと言われています。あまりかわいくないな・・・って日本では思われがちな人でも、海外に行くと外国人男性から声をかけられる・・・ということも珍しくない話です。

《どんな人がモテるの?》
外国人男性からモテる日本人女性というのは、ものすごく美人という人ではなく、ごく平凡な日本人らしい女性です。では、なぜ日本人が外国人男性にモテるのでしょうか?
◆理由その1 黒髪と黒い瞳
日本人が生まれながらにもっている黒い髪と黒い瞳がとても印象を強く与えるようです。

◆理由その2 華奢なスタイル
日本人の女性は、世界基準でみてもとても小さく華奢なスタイルをしています。そんな小さくて華奢な外見を外国人男性は「守ってあげたい」という気持ちにさせるそうです。逆に細すぎる女性は、「不健康そう」という印象を与えてしまいモデル体型のような日本人女性はモテません。

◆性格
日本人女性は大和撫子精神がありますので、奥ゆかしく控えめで、とても誠実だと言われています。周囲への気配りもよくできますし、協調性もあるため、より一層日本人の良さを引き立ててくれるのでしょう。

◆家庭的
日本人女性は、他の国の女性と比べても家庭的だと言われています。夫婦共働きであっても、家事をこなす。そんな姿が好評を呼んでいるのでしょう。

では、《日本人男性と外国人男性の違い》はどこにあるのか見てみましょう。
◆レディーファースト精神がない
外国人男性というのはレディーファースト精神があります。ドアを開けてくれたりなど、女性をエスコートしてくれるのを自然にやってくれますよね。しかし、日本人男性の場合は、そういったところに欠けています。

◆愛情表現が乏しい
外国人男性は愛情表現がとても豊です。「愛している」「好きだ」・・・そういった言葉をきちんと出してくれますので女性は安心します。それと比べて日本人男性の場合は言わないし、「見ててわかるもの」と思っている部分が目立っているのではないでしょうか。

◆行動力がない
何をするにも行動力がないというのが挙げられますね。特に恋愛に関しては行動力がないので、外国人男性のような行動力が欲しいものです。

◆褒めない
照れているのか、人前では彼女をほめることはあまりしません。やっぱり、堂々と自分の彼女をほめてくれる男性って、素敵ですよね。

◆体格
外国人男性というのは、体格がとてもしっかりしていて、とても頼もしく見えます。日本人男性は華奢で、弱弱しく見えてしまいますから、残念感があります。

外国人男性と出会いたくても、そうそう出会える機会ってあまりないものです。さらに、仲良くなるには時間がかかりそうですよね。外国人男性とお近づきになりたいのであれば、《外国人男性と多く出会える場所》に自分から足を運んでみてはいかがでしょうか?
◆ジムに行こう!
外国人男性は、体を鍛えている人が多いです。ですから、ジムに行くと外国人男性がうようよいると思います。とはいっても、ジムならどこへ行ってもいいというわけではなく、できるだけ外国人が多く通っているという噂のジムを探して行くようにするといいでしょう。

◆スポーツバー
外国人男性はスポーツバーに行くことが多くあります。サッカーや野球、バスケットボールなど、あらゆるスポーツ観戦が好きですから、スポーツバーに行ってみて交流を深めるのもいいと思います。スポーツに国は関係ありませんから、仲良しな外国人男性ができると思います。

◆英会話教室
絶対的に外国人男性がいる場所があります。それは「英会話教室」です。しかし、先生目当てで行くのではありませんよ。先生目当てで行っても、恋愛にはおそらく発展はしないからです。英会話教室は、コミュニティがありますので、そういったコミュニティに参加することをオススメしているのです。

ここでポイントは、アナタ自身が先生に好意があると思われないことです。先生に興味があると勘違いされてしまうと、他の男性は近づいてきてくれません。先生を利用しつつ、外国人男性との交流を深めていく手法です。「私は多くの外国人の方とお友達になりたい」という気持ちを先生に伝えると、とてもやる気がある生徒だと思われて、お友達などを紹介してくれる可能性が出てきます。


《さいごに》
外国人男性から日本人女性はとてもモテるとお話しましたが、あくまでも「一般的に」という話です。自意識過剰な行動に出て、逆に嫌われてしまうことがありますから注意してください。

外国人男性は、「日本人の女性ならでは」の姿が好きなのです。それなのに、海外の女性のような振る舞いをしてしまったら幻滅されてしまいます。例えば、外国人女性ははっきりものを言う・・・ということをうのみにして、ズケズケした態度をとってしまったらアナタに対しての興味はなくなってしまうので、大和撫子精神を忘れないようにしてくださいね。

auto-iNnZIb

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews-)