同居と言う言葉で、一気に結婚願望があった女子もきっと大人しくなります。彼の親が嫌いだとか、合わないだとか思っているわけではなく”同居”と言う言葉には、魅力も何も感じられなくて、しかも同居したら苦労するという世間の声がリアルに感じてしまうのです。

凄く冷たい女だと、自分自身でも感じるでしょうが、そういう事ではないのです。好きのままでいたいから、同居はしたくないという女子なりの言い訳をお話ししたいと思います。


【同居をしたくないと思う女子の本音とは?】

◆彼とケンカしたとき、味方はいないと感じる
同居をすると、彼とのケンカでさえも気を使ってしまう。口論が聞こえていたら、なんて思われるか気になって言いたいことも言えない。やっぱり、自分の息子が一番可愛いのだから、ケンカになっても自分独りの気持ちになる。

◆彼の両親とこれからも円満にいたいから
彼の両親と仲良く過ごすなら、同居はまずあり得ません。時々会うからこそ距離感を保ち、優しくなれるのに、毎日一緒だとやはり嫌なところを無意識に探してしまうのでしょうね。

◆二世帯でも、同居でも同じ
二世帯と同居は、別だと思っている男子諸君!それは間違いですね。二世帯だと余計にどれ位の頻度で顔を出したらいいのか、何処まで関わるものなのかの距離感が掴めないから、余計に気を使ってしまう。

◆生活習慣の違いを感じる時、自分は我慢しないといけないから
嫁いだのだから、嫁が旦那の家のしきたりを学ばなければならないもの。そういう昭和的考えを尊重しなければならないのは、正直フラストレーションは溜まる一方になってしまいます。

◆夫婦でお出掛けなど、行きづらくなりそう
「何処いっていたの?」と毎回聞かれたら、夫婦のお出掛けが苦痛になる。お土産は毎回必要なのか?もしかして、義母も一緒に出掛けたいのかな?と考えると夫婦の時間が少なくなっていきそうに感じる。

◆旦那も他人だけど、他人ばかりの家で落ち着くわけない
家は唯一ホッとする場所。そんな空間を夫婦で作り出して行きたいもの。だけど同居となると、自分家なのに気を使わないといけなかったり、一人の時間を作ることが難しくなってしまいます。

同居が嫌な理由は、偏に義父母というよりかは夫婦2人で過ごしたいのでしょうね。女子側も彼の両親が最初から嫌だと言うわけではなく、嫌になりたくない、嫌だと自分でも感じたくないから同居に対して過敏なのだと思います。


【それでも万が一、同居しなくてはいけない状況になってしまった時の心構え】
ですが、家庭の事情などで同居が余儀無くされた場合の心構えについてお話ししたいと思います。

◆夫婦のルールを事前に決めておく
同居にあたってのルールは事前に決めておく。ご飯は基本的に親と一緒に食卓を囲むが、週に1回は夫婦だけの外食をする、義母と問題が起きても彼がちゃんと間に入ることなど、小さなことから大きなことまで最初から決めておきましょう。そうすることで、意識的にも心的にも余裕が生まれるのではないでしょうか。

◆家事全般は基本的に嫁がする。でも時々は義母に甘えることも大切
家事などの家の仕事は進んでする。そして、全部自分がしなくては!と意固地にならず義母にも甘える事が大切です。義母からすると、家に主婦は2人もいらないから、自分は触らないでおこうと思っていることが多いのですが、嫁から甘えられればしてあげたく感じるものなのです。可愛がって欲しいなら、可愛げを見せることが大切なのでしょう。

◆義父母揃っての同居なら、嫁から労いの意味も込め「2人で出掛けて下さいね」と促す
「たまにはデートでもしてきてください!」と、義父母に外出してもらいましょう。年齢を重ねると家から出るのが億劫になりがちなので、健康のためにもアクティブに日々を過ごしてもらうように促してあげましょう。

◆義母との同居なら、ご飯は皆で食べるようにする
彼のお母さんと3人での同居なら、夕食位は家族皆で食べるようにしましょう。夫婦だけで食事し、義母は1人だなんて寂しすぎますよね。彼自身も母親に、1人でご飯を食べさせるなんて正直嫌です。ですが、彼女に気を使い言えないかもしれませんので、そんな時は彼女から「一緒に食べましょう」と言うことです。

◆旦那の不満は義母に言う
旦那の愚痴や不満は、義母に伝えましょう。心理カウンセラーがよく使うのですが、同じ意識を持つことで仲間意識を高め、自ら居心地のいい間柄にもっていくのです。旦那は義母と仲良くしてくれてるだけで有難いのですから、問題なしですね。

◆買い物などに行くときは、誘うか、何か要るものはないか気配りを忘れない
自分が買い物に行く時は、義父母が欲しいものなど聞いて買い物にいくようにします。気配りや気遣いができる嫁がいいというのは、彼の両親からすると最低限のボーダーライン。

◆大好きな人の親なんだと言うことを、常に忘れない
いくら生活習慣が合わないからって、いくら気が合わず居心地が悪いからって、やはり好きな人の両親には変わりはありません。その気持ちが薄れていくことで、関係性がギクシャクしてきてしまうのだと思います。お互い良好な関係でいたいなら、当たり前にならない気持ちと、感謝の気持ちを忘れないこと
です。

971f3a1c6d3ee6dff2138b560a6ecd89

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews-)