待ちに待った彼との初デートの日、ワクワク・ドキドキばかりではいられません。初デートはやっぱり完璧なモノにしたいというのが、理想ですものね。その思いは男子に限らず女子も同じ気持ちです。でも一番気なるところは、デートの際のお会計ですよね。女子がデートの時に一番気なるところがここです!
当たり前のように奢ってもらうのは、初デートではしないほうがいいのか?それとも割り勘にしようと自分から進んでお会計に行くのか?このように、好きな相手なら尚更気にしてしまう瞬間なのです。そんな女子達に、初デートの男子の気持ちをお教えしたいと思います。

 

【初デートで男子が払う、または多く出す率は、8割!と高め】
初デートはやっぱり男子も格好をつけたい気持ちもあるので、男子が払うという意見が多いです。女子もせっかくの初デートで、彼に割り勘をせがまれたら「もう、会いたくない」という強めな意見が多いのも原因でしょうね。女子の言葉にしないけど無言の威圧というのは、きっと男子も感じているのでしょうね。男が払うのは当たり前だと思っている、女子からすると有難い男子の本音はどういったものなのでしょうか。

◆「男が格好つけられる所は、その部分だと思うから」(30代男性)
◆「財布が寒い時にデートに誘わない、誘う限りは自分が出すべき」(20代後半男性)
◆「男が払うのは、当たり前。その後の彼女のありがとうという笑顔と言葉でOK」(30代後半男性)

年齢層が高ければ高いほど、デート代は男が払うものという考えが多いようです。お金が無い時に誘わないという意見が多かったのが、ちゃんと女子の事も考えているのだなと嬉しい気持ちになりました。そういう場合は、彼が「今日はちょっと・・・」という日であれば「今日は任せて!いつもありがとう」なんて感謝の気持ちで反対にご馳走しようという気持にもなりますよね。


【2割の割り勘派の男子の本音は?】
男が払うのは当たり前という女子はどうかと思う・・・そんな2割の男子の本音とは?草食系男子が増えてきた傾向でしょうか。それとも、感謝の気持ちをあらわさない女子に対する思いでしょうか。

◆「女子も男子と同じ位稼いでいるし、今の時代男女平等は当たり前だと思う」(20代後半男性)

◆「初デートで格好つけて、これから先も払い続けるものだと思われたくない」(20代前半男性)

◆「奢った、奢られたとなると、give&takeを求めてしまうから、それなら初めから割り勘がいい」(30代前半男性)

やはり社会人になって日の浅い20代男性は、割り勘派を支持している様子。女子も男子同様、それ以上に稼いでいる場合、わざわざお会計で格好つけていたら、長い付き合いはしてられない。と言うのが割り勘派男子の本音だと思います。
ですが、目先の現実で自分自身男度を、落としてしまうリスクがあるこの瞬間。男子からしてもこのような時何が正解なのかと考える所なのでしょうね。


【奢ってもらう場合、忘れてはいけない女子の気配りQ&A】

お会計の際、女子はお店から出ていって、外で待っていた方がいいの

 ◆正解です。

特にお店のドアが透明な場合は、先に出て外で待ちましょう。ですが、お会計場所から入口が遠い場合は、少し離れて彼の後ろに立っていましょう。

世間では、スマートな女子は先に出て、外で彼を待つこと!と言われていますが、これは時と場合にもより、さっさと出口に向かう女子は、男子からすると「当たり前だと思っているの?」という嫌な気持ちにさせてしまうかもしれません。

彼が払ってくれると分かりきったうえでも、財布は出した方がいいの?

  ◆不正解です。

奢るのが当たり前だと思っている男子からすると、財布を出させている時点で嫌だという男子も中には居ます。しかも、毎回デートの時にそのようなやり取りがあるのも、正直面倒でもありますよね。彼が「細かいのある?」と言う風に言ってきたときに、サッと取り出せるところに置いておくのは、スマートな女子ではないでしょうか?
この答えは、奢るのが当たり前という男子についてなので、割り勘派男子に財布も出さず突っ立っていると「何?この子!」というように嫌われてしまう恐れがあるので、お気を付けください

◆奢ってもらった後、ありがとうだけだと気が引けちゃう・・・
そのように感じる女子は多いですよね。「ごちそうさま!ありがとう」と笑顔で言ってくれるだけでイイという男子の意見ですが、それでも気が済まないなとかんじるのでしたら、食後のコーヒーや飲み物を、「はい!」とお返ししたらいいでしょう。このコーヒーでチャラね、と思われないように「あげる!」と一言だけで、男子は都合よく解釈してくれるので、何の心配もいりません。


初デート、皆さんドキドキワクワクだとは思いますが、デート代をどうしよう・・と構えずとも、その時々に柔軟な対応で大丈夫だと思います。せっかく楽しいデートだったのに、最後の最後で残念!なんてことにならないように、余裕を持って初デートに挑んでほしいと思います。

050-NXPowerLite1

女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)