もうそろそろ結婚適齢期だし、今付き合っている彼との将来もちゃんと考えたいと思っている女子。でも結婚に対してあまり乗り気でない彼の態度に、気持ちはソワソワしっぱなしです。男子には結婚適齢期といはっきりした年齢制限がないかもしれないけど、女子には結婚適齢期=妊娠適齢期でもあるので、女子の結婚願望は25歳を過ぎた途端に拍車がかかるのです。
ですが結婚をしたいわけではなく、大好きな彼と結婚をしたいのです。でもこちらがしたくても結婚は一人で出来るものではありません。そんな結婚に対して何も考えていない彼に、「早く結婚を考えなくては!」と思わせられる揺さぶりセリフを、男子のタイプ別に分けてお話したいと思います。

【自分の意見はあまり言わない草食系男子の場合】
草食系男子の場合は、もしかしたら悶々とあなたに対してプロポーズを考えている可能性があります。ただ「断られたらどうしよう・・・」というマイナスな気持ちが勝ってしまう場合もありますから、草食系男子には「私はあなたと結婚したいと思っているよ」とハッキリ伝えた方が、あなたにプロポーズしようという気になるかもしれません。
この草食系男子に対する揺さぶりセリフは「あなたみたいな人と結婚出来たら幸せだね」と、相手に自信を持たせるセリフを心掛けてみて下さい。そうすることで、草食系男子は「自分の事をそんな風に見てくれているんだ」と安心感を感じる事でしょう。


【我が道をいく肉食系男子の場合】
俺についてこい!と言わんばかりの肉食系男子、ついていってもその先に結婚はあるの?なんて余計に不安になってしまいますよね。そんな肉食系男子にとっておきの揺さぶりセリフは「私の事ちゃんと見ておかないと、後悔するからね」と少し強気で言ってみましょう。

男性的な本能が強い肉食系男子は「追わなければいけない存在」を好む生き物だからです。やはり男子は追いかけたい願望が根本に眠っているのかもしれません。そんな男子に追いかけさせることが出来たら、肉食系男子の彼との結婚は目前だと思います。

【年下男子の場合】
年下男子とお付き合いをしていたら結婚に対して女子は過敏に反応してしまいます。その理由はやはり自分の方が年上なので、彼が心変わりしてしまうかもしれないという不安を、長い間抱えておくのは辛いからだと思います。ですが、彼が年下な分、自分の結婚適齢期の年齢だと彼はまだ若いです。ですから彼の方が結婚を考えているという希望は少ないでしょうね。
でも、そうも言ってられない!年下男子でも「結婚したい」と感じさせるための揺さぶりセリフとは「将来の事を考えたら不安になる・・・あなたはどう考えている?」と素直に言ってみることが大切です。
年下男子は彼女よりも年下な分「頼られない存在」と不安を抱いている可能性があるので、ココは素直になってみるべきところです。そうすることで「年下だからではなく、自分は男だ」と意識すると思います。そうすることでこれからの関係性はグッと変わっていく事でしょう。

【年齢差がある、またはバツイチ男子の場合】
彼が10歳以上も離れているまたは、バツイチ男子の場合はどんな揺さぶりセリフが効果的なのでしょうか?10歳以上という事は、一回結婚した経験がある場合が多いです。その場合二度目の結婚に対して躊躇してしまうでしょう。
そんな結婚に対して前向きにさせるための揺さぶりセリフは「結婚を考えるのではなく、これから一緒に居たいという気持ちを大切にしていこう」と言ってみましょう。結婚自体に夢を抱く女子は多く、夢でもあり仕方がないものですが、男子はその感覚がないです。ですから、結婚と言う枠内で考えるのではなく「これからの人生」に対してお互いに前向きに考えていこうという姿勢が大切なのです。
そうすることで「この人とならやっていけるかもしれない」という希望を、自分自身で作り上げていく事が必要ですね。結婚に対して後ろ向きの考えを、無理に現実に引き戻すのではなく、包み込んであげることが大切ですね。

【お付き合いが長すぎて結婚が遠のいている気がするマンネリカップルの場合】
私達いつまでこんな関係続けていくのだろう・・・。こんな不安は今すぐにでも断ち切りたいと思う女子は多いです。ですが、今別れても次に出会える男子と結婚を考える気にはなれない。そう思う事で結婚を切り出すことに億劫になり、中々進展しない現状が続いていくのでしょう。そんなマンネリカップルに効くゆさぶりセリフとは「結婚を考えていないなら、ハッキリしよう」とハッキリ物申すことをお勧めします。彼女が結婚に悶々としているなら、きっと彼自身もどうしたものかと悩んでいるかもしれません。
ですから思い切って聞くことで、この現状を打破できる一番の得策かもしれません。結婚は女子の人生の中で一番の大イベントです。そんな結婚の価値観は男子と女子、全く異なるかもしれませんが、あなたの事を真剣に考えているのなら、自然な流れで結婚に辿り着くことでしょう。ですが、あなたに甘え結婚を先送りにしている彼なら、一発喝を入れてみるのもいいかもしれません。



d170-101-618961-0
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)