近年の離婚率は悲しいことに右肩上がり、今では3組に1組は離婚しているという計算になります。離婚は結婚よりも体力も、お金も使うと言われていますが、なぜ一生添い遂げるという約束を交わした相手とお別れしなくてはならないのか?その理由は十人十色となりますが、その中でも離婚されている夫婦の多くは、結婚の際彼からのプロポーズの言葉が無かった夫婦が多いとも言われています。

離婚率の理由にはならないかもしれませんが、離婚されている多くの男女は、彼からの「結婚しよう」というプロポーズの言葉が無いまま結婚の至った方が多いのも、後々に繋がっているのではないでしょうか。一生を添い遂げる約束を、一番初めにしないのとするのとでは、それほどまでに違いがあるのか。


『プロポーズ無しの理由とは?』
そもそもなぜ結婚前にプロポーズという大切なステップをぬかしたのか?その理由の多くはオメデタ婚が多いです。二人の赤ちゃんが出来たのだから結婚するは当たり前、そのためプロポーズという一大イベントはスルーされてしまうのです。
その他にも、彼女側の外堀から埋められていったなどという男性の意見も多く、自分の思いから結婚に踏み切れていない男性が多いのも離婚率が上がる原因とも言えます。

このプロポーズ無しと、プロポーズ有りでは、結婚前の確固たる思いや責任感の重さ、男性自ら口に出すのと出さないのとでは、結婚生活を続けていく上で大きな差が生まれてくるのでしょう。

【プロポーズが無かった理由】
・オメデタ婚、結婚は視野に入れていたが先に子供が出来た場合。
・親に紹介された時、相手の両親に押された。(外堀から埋められた)
・同棲生活が続き、流れに身を任せた。
というように、この人と結婚したい!これからも一緒に居ようと思っている!という、思いがあやふやなまま結婚へと至った感じがします。


『プロポーズ有りの場合、離婚率は低くなる?!』
これは「彼女がプロポーズして欲しそうだったから」という意見は省いて、彼自身の思いからプロポーズに至った場合です。プロポーズはやはり、男性自身も緊張するイベントの一つ。プロポーズに欠かせない結婚指輪も用意して、彼女と一生の思い出に残る時間にしたいと思っています。

ですからプロポーズをする前に彼自身、彼女との結婚について真剣に考えていたという事になります。結婚前に男性にその時間が有るのと、無いのとで大きな違いが生まれ、だから結婚に対しても真剣に向き合う姿勢になるのではないでしょうか。反対に女性が逆プロポーズをした際の離婚率は格段に上がり、この場合でも男性女性との違いが感じられます。


『軽視しすぎ!プロポーズが有るのと、無いのとでの結婚生活の違い』
旦那さまからプロポーズが無かった、結婚指輪もなかったという気持ちは、男性よりも女性の方が何かあるたびに思ってしまう気持ちです。マンネリ化が進むにつれ、彼の気持ちがなくなっているのではないかと不安に感じるのも、結婚前の最初の約束が無かったからかもしれません。
反対に彼からちゃんとしたプロポーズの言葉があった女性は、何か夫婦間で問題があった場合でも、左手に光る指輪と共に幸せな瞬間を思い出すことで、優しくなれるという意見が多いからです。

この違いからして一番初めのステップをぬかしたというヒビは、着実に後々の結婚生活に拡がっていくような気もしますよね。男性もプロポーズの際に、彼女と結婚しようかと本気で考え結婚をしたのですから、思いの重さというのは、初めから異なっているようにも感じます。


『プロポーズの本当の意味とは』
プロポーズとは、求婚・男性が女性に結婚を申し込むこと。その意味は、男性が「この人と一生を共に、二人で生きていきたい」という思いを乗せて、女性に誠意をもって行うイベントです。プロポーズとは、お互いに結婚しようと思っているかどうかの、意志の疎通を図るものでもあり、お互いが結婚や相手の事を真剣に考えるために必要なプロセスともいえます。

男性が女性に求婚するという行為は、長きに渡り私達がしてきたこと。家族になろうという約束の重さを、現代の男女は軽く考えてしまっている傾向があります。

このプロポーズという大切な思いでは、自分たちだけではなく、自分たちの子供たちにも伝えることで、我が子自身お父さんとお母さんの愛を感じることが出来ると思います。男性は恥ずかしさからか、あまり自分の思いや考えを表には出しません。ですが、人生にはケジメが大切な時が何度か来ます。

その大切なケジメの一つが「結婚しよう」という誠意と愛を込めた言葉です。これから結婚しようと考えている方なら、彼女にプロポーズという二人の幸せな思い出を真剣に考え、彼女に自分の思いを存分に伝えてあげてください。
不器用でも、へたくそでも大好きな彼から沢山の愛のこもった言葉を伝えられるだけで、彼女自身もきっと彼を大切にしようという思いが生まれると思います。


130322ECPW13

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)