長くお付き合いをしてくのであれば、カラダの相性って大事ですよね?カラダの相性が合わないというだけでぎくしゃくしたり、逆にカラダの相性が合うというだけで他の部分が合わなくても許せてしまうこともあります。

でも、その相性っていつ確かめたらいいんでしょう?お付き合い前に確かめる?それとも付き合い始めてから?男性側は「Hしたい!」という気持ちが先行してしまう時もありますので、悩むところです。しかし、ちょっと慎重にいかないと、その後のトラブルも起こりがちですのでそれぞれのメリットデメリットを比較しながら考えてみましょう。


【SEXなんてお付き合い前にしておくべき!】

◆お付き合い前の性交渉肯定派の意見です。
・一回Hしてよかったら付き合えばいいし、悪かったら付き合わなきゃすぐ次に行ける
・Hなんて減るものでは無いからしたって別にいいんじゃない?
・付き合った後でカラダの相性が合わないことがわかったら面倒。

まあ、こんな感じです。確かに、否定できない部分もありますね。付き合い始めてカラダの相性が悪いのが判明した場合、相手にどう伝えて別れを切り出したらいいかわからないですし、周囲には詮索されてしまう可能性もありますからね。

◆付き合う前にH否定派の意見も見てみましょう。
・性病が気になる
・遊び人に思われる
・そもそも、付き合ってもない女性に手を出せるような男性は嫌だ
・どうせ真面目な恋愛に発展しないから

うん。こっちも納得です。確かに、付き合っていないのにHする男性は、他でもやってる可能性がありますので当然性病のリスクは考えるべきでしょう。また、そういうHの仕方をした場合、女性側も《軽い女》《性病を持っている可能性がある》と思われても仕方ないかもしれません。そういう女性とは真面目なお付き合いや結婚を含めたお付き合いはしたくないという男性も多いため、リスクは高いかもしれませんね。


【SEXは付き合ってからじゃないとNG!】
お付き合い前のH肯定派がいれば、お付き合い後でないと・・・と言う人もいます。

◆Hはお付き合い後肯定派の意見も見てみましょう。
・カラダより、まずは心!
・体から始まった付き合いは長く続かない
・安売りしたくない

うん。よくわかります。そうですよね。カラダだけのお付き合いってなんだか軽い感じがしますもんね!将来のことを考えるのであれば、心を優先し、絆を深めておかないと何かあった時の困難は乗り越えられませんから。安売りしたくないというのももっともです。ほいほいとHしてたら、簡単に寝る女だという評価が付きかねませんし、そんな女性は大事にされませんもんね。

◆否定派の意見もどうぞ。
・もったいぶったって最終的にはHするんだし、問題ないんじゃない?
・Hの相性が良くないと結局長続きしないから、時間の無駄!

肯定派の中にもあったキーワード《長続き》がここでも入りました。Hの相性が合わないと長続きしないかどうか、それがカギになるみたいですね!筆者個人の考えで言わせていただくと、Hは少なくともお付き合い後のほうが良いかと思えます。
というのも、付き合わないとわからないことっていっぱいなんですよね。特に女性側には妊娠と言うリスクも背負っての行為ですので、やはり慎重にいかなければならない問題だと思います。

【さいごに】
男性側の心理としては「簡単に手に入る女よりも、時間をかけて手に入れた女のほうを大事にする」と言う傾向があるようなので、そういう意味でも、SEXは気軽にしてはいけないのかな?とも思うのです。

最近の女性は、性を軽視していることが多いようですが、本来、SEXとは子どもを作るための行為であり、およそ気軽にしていいものでは無いのです。ただ、成人している女性ともなると、「妊娠」「性病」「風評被害」のリスクを背負ってまでお付き合い前の性交渉をする覚悟があるというのであれば、こちらは口を出す権利はないでしょう。

すべての覚悟を背負った上での交渉ならば、それでもいいのかも知れません。それはそれで一つの考え方ですし、確かにSEXの相性はその後の付き合いに付きまとってくる問題ですから、一つの方法としては良いのかもしれませんね。

しかし、未成年の場合、
もし、仮に避妊が失敗し、子どもができた時、どうしますか?
相手の男性は本当に頼りになりますか?
性病が発覚し、不妊症になった場合、一生、後悔することになりますが、その覚悟はありますか?

先述したように、お付き合いしなければわからない部分ってたくさんあるのです。お友達の時には見えなかった部分も、お付き合いを始めとたん、見えてくることだってよくある話。まずは相手の男性が信頼できるのかどうかを見極めることから始めましょう。これは自分の身を守ることにもつながりますので、よく考えて行動して欲しいと願ってい


a560da51

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)