社内恋愛はドキドキもあるけれど、ハラハラすることもつきものですよね。今では社内恋愛を禁止しているところも少なくなってきましたが、それでも昔よりは寛容になってきた会社も多くなってきています。しかし、まだまだお堅い会社もありますから、上司や部下との社内恋愛をうまく続けていくための方法をご紹介したいと思います。

なぜ職場恋愛はばれたらまずいの?
職場恋愛を禁止している会社の理由としては、やはり業務に支障をきたすことが多いからです。例えば、うまくいっているときはいいのですが、別れた後は社内全体に気まずいムードが立ち込めるという部分にあるでしょう。もし取引先までもが知っていたら、「あの二人は別れたのか?」といろいろ聞いてくることもありますので、会社としては面倒くさいことになりますよね。
恋愛重視になってしまって、仕事をしてくれなくなってもこまりますし、別れてしまった後で、どちらかに辞められてしまっても困るものがあります。そういったことから、社内恋愛を禁止しているところも多いんですよ。さらに、同僚としても、本当に仕事をうまくこなしてくれたからこ褒めているのに、「あの二人は付き合っているから贔屓している」なんて思われることもありますから、余計にシビアにとらえられているのではないでしょうか。

上司と部下、バレたらまずい社内恋愛を上手く続ける方法
上司と部下のバレたらまずい社内恋愛をうまく続けるコツをご紹介します。

①会社ではイチャつかない
会社でいちゃついたら、当たり前ですがバレますよね。会社の人間は見ていますから、ちょっとでも馴れ馴れしい態度を見せるとそこから話が広まってしまうでしょう。本来は、職場で付き合っている相手と顔を合わせないのが一番です。付き合っている相手がいるとついついニヤついてしまいますからね。

②会社の近くで会わない
会社の近くで付き合っている相手と会うのもやめましょう。できるだけ遠くで会うようにし、偶然会社の同僚と会っても、交際相手と偶然に会ったことが装えるようにすることがベストですね。人間は噂好きですので、見られたらよからぬ噂を広められてしまいますよ。

③休日を合わせるのも厳禁
シフト制の場合、休みを合わせるのもいけません。土日祝日休みの会社であればいいのですが、希望休で休むことができる会社だと周囲に知ってください!と言っているようなものです。休みを合わせるにしても、あくまで偶然一緒になったように思わせるようにすることが大切です。月に1回くらいならばバレることはないのではないかと思います。

④メールやLINEなどで履歴、画像は残さないこと
メール・LINEなどは隠し事の宝庫です。もしメールやLINEに履歴や画像を残しているようであれば、いつみられてもおかしくない状況になってしまいます。たとえロックをかけていても、危険ですよ。ロックなんて簡単に解除できますし、もしロックをし忘れていて見られてしまったら後々とんでもないことになってしまいますよね。
二人が付き合っている証拠になるようなものは一切残しておかないようにしましょう。好きな人とのやりとりを残しておきたい気持ちはわかりますが、そこから付き合いがバレて大事になったほうがよっぽど嫌な思いをします。

⑤人に交際していることを離さない
付き合っていることを誰かに話したい気持ちだって、相談したい気持ちだってよくわかります。しかし、いくら信頼いている人であっても相談したりしてはいけません。たとえ話をしても、「それって、自分のことを言ってるんじゃない?」とバレてしまいますから、言わない方がベストです。
もし友達の恋愛相談に乗っていたとしても、自分は相談しないこと。「私はまだ浮いた話がないから~」と適当にごまかすほうが二人のためではないでしょうか。もし相手が上司だった場合、アナタと付き合っていることがバレた時点で、最悪、左遷されてしまうことだってありますからね。

さいごに
社内恋愛は、いろいろなことがあって楽しいと思います。バレそうでバレない雰囲気やスリルだって楽しめるのも社内恋愛です。しかし、それはバレていないからこそ楽しめるもの。もしバレたときにリスクを負ってしまうようなことがあるのであれば、バレないように徹底するのも大切ですよね。それが別れたくない相手であればなおさらですよ。最悪、社長クラスの人間にたちには報告するというのもありです。
「本当ならば社内恋愛は禁止だけど、きちんと報告してくれたから例外で認める」・・・というところもありますので、バレそうになってきたら、誠意を見せて会社に報告するのもいいのではないでしょうか。

LoveforM_photodune-868415-flirting-at-office-xs-e1370176088512
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)