お見合い番組や合コンを観察する番組が増え、「結婚」「婚活」が世の中を賑わしている昨今。あなたも結婚に憧れる女性の1人ではないでしょうか?しかし、相手探しはなかなか難しいもの。もしかしたら、あなたが周りから「付き合うならいいけど結婚相手にはしたくない」と思われているからかもしれません。男性の考える恋愛と結婚の違いから、結婚相手にしたいくないと思われている女性の特徴を考えていきましょう。


【男子が思う恋愛と結婚の違いとは?】
男性が考える恋愛は、「楽しいかどうか」に左右されているよう。一緒にいて、自分の人生に楽しさを運んでくれる女性を好む傾向にあるのです。それもあって、直感で「あ、この子といたら楽しそうだ」と思う人と付き合うのだとか。恋愛はあくまで一時的なものであり、 いくらでも失敗できると考えていると言っていいでしょう。そのため、連れてあるいた時に恥ずかしくなかったり、人に自慢できるようなスタイルや見た目を基準として選ぶこともあるようです。
逆に結婚は、一緒に過ごす時間が長いこともあり「性格が合うかどうか」を重視しているんだとか。自分と感覚が合う人を選べば、気を使わずに過ごせますから、長時間2人でいてもへっちゃらです。また金銭感覚が合うかどうかも、ポイントの1つになるそう。お金遣いの荒い人と結婚すれば、生活が破綻しかねませんからね。

男性は、恋愛を「一時的」、結婚を「長期的」なものと考えていると言えるでしょう。


【付き合うなららいいけど結婚相手にはしたくない女子の特徴とは?】
では、男性はどういった女性とは結婚したくないと考えているのでしょうか?

◆お金遣いが荒いしかし、なにをもって「お金遣いが荒い」とするかは人それぞれ。あなたが海外旅行好きで、彼も同じならば、そこにお金をかけることを「浪費している」と捉えられることはないでしょう。どこにお金を使うことが、相手にとって「お金遣いが荒い」と思われてしまうことなのかを見極めるのが大切です。

◆長期的な結婚を選択する際に、「お金」の問題は大切になってきます。浪費家の人と結婚してしまうと、家計が破綻してしまい、生活が苦しくなることは目に見えていますしね。確実に苦労するでしょうから、避けたいと思っているようです。

◆食べ物の趣味が合わない
生活する上で欠かせないのが、食事です。結婚し、これから長い時間を共にするのに、食べものの趣味が合わないのはお互いにとって苦痛ではないでしょうか?せっかく頑張って作った料理も、彼にとってはマズイなんて…。また外食するときも、お店選びで揉める可能性が高いです。一緒に食卓を共にしない夫婦の結婚生活が、うまくいくとは思えません。ですから、男性は食べ物の趣味が合わない女性と結婚するのを避けるのです。

◆働くつもりがないまた結婚という、長い時間を一緒に過ごす時に必要になってくるのが「刺激」です。互いになにか打ち込むものがあったり、目指している夢があると、「負けずに頑張らないと!」という気持ちになるため、お互いいい距離感で夫婦生活が送れます。しかし、女性が仕事をしていないとなると、そういった夫婦間で共通の目的を持つことができませんし、お互いに刺激しあえる関係を築くのは大変です。すると、すぐにマンネリ化してしまうため長続きするのが難しくなってしまうのではないでしょうか? 

◆専業主婦希望の女性や、仕事をしていない女性は、結婚相手候補にはならないようです。先にも書きましたが、結婚する上で切っても切り離せないのがお金の問題。出産にかかるお金、養育費、生活にかかるお金など、独身だった時よりもはるかに高額な費用がかかるのです。それを旦那さん1人で支えるのは、とても大変なこと。できれば夫婦で協力したいですよね。


女性の多くは「結婚は、恋愛の延長線上にある」と考えており、どこか幻想を抱いてしまっている部分があります。ですが、男性はとても現実的に恋愛と結婚を線引きしているようですね。付き合っているんだけれど、なかなか結婚の話にならないという方は、ぜひ一度自分が結婚したくない女性の特徴に当てはまっていないかをチェックしてみてくださいね。

o06000406140702tiorinu-600x406[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)