好きな男には、本命がいる。でも諦めたくない気持ちが募り募って、二番目でもいいから側にいさせてと自分から二番目宣言。でも、二番目は二番目、女子がワクワクする楽しいイベントごとは彼と一緒に過ごせない。寂しいけど彼からは離れたくはない。いつかは振り向かせたいと思っているけど、このまま一緒に居てもいいのだろうか・・・。そんな複雑な思いを代弁し、二番目女子の本音をお話ししたいと思います。

【彼に見せる表の心理】
彼に見せる表の心理とは、彼にこう見られたい・こう思われたいという思いから、聞き分けのイイ女となってしまうのが結果です。でも、反対に物わかりの悪い女だと思われてしまったら、簡単に切り捨てられるのではないか?と不安になってしまうから、自然と物わかりのイイ女を自分自身で演出するのです。

◆「会える時会えたら、私はいいよ」
彼はやっぱり忙しいから、会える時間があるときに会えたらいい。自分からは誘わない、誘って断られる方が悲しいから。(20代後半女性)

◆「私からは連絡しないから、時間があったらあなたからしてきてね」
こっちからは連絡とらない、連絡手段は電話じゃなくメールかライン。もしかしたら彼女といるかもしれないし、彼も子の方がきっと楽だから。(10代後半女性)

◆「クリスマスとか、イベントごとは興味ないな」
誰に見られるかわからないから、人混みが多い所は避けるようにする。クリスマスとかイベント当日じゃなくても、2人にとってのクリスマスやイベントという特別なことをしたらいいと思う。その当日もしかして彼から連絡があるかもしれない場合は、家に居ることが多いですね。(30代前半女性)

◆「毎日充実してるよ!」
あなたに会えない日でも、私は元気です。私の毎日って恋愛ばかりじゃ無いの!(20代後半女性)

二番目の女子としての立ち位置を、すごくわかりきっている女子が多いような気もします。やはり、本命彼女に対しての遠慮でしょうか?それとも、物分かりの悪い女だと思われることを避けているようにも感じました。負担に感じさせないという彼に対しての思いを、彼がもっと彼女たちの思いをくみ取ってくれればいいのにと、心底思うほど二番手女子は紙一重で健気にも見えます。

【彼に見せない裏の心理】
二番目女子の本音を暴露!私達こんな風に思っています!気づいて欲しいけど、きっと彼は重たい女だと思うかもしれません。
◆「会いたい時に会えないなんて辛すぎる」
◆「電話もメールも、毎日したい!時間なんて何も気にしないで…」
◆「あなたを、独り占めしたい」
◆「私はなんて馬鹿なんだろうっていつも自己嫌悪」

【二番目女子は一番にはなれないの?一番の本命になる方法とは?】
リスクが高いが確かめる価値あり!「離れる」宣言で引いてみる
当たり前に自分のそばにいると思われやすい二番目女子。その理由は、本命がいるのにそれでもいいという位、自分のことが好きなのだと思ってしまうからです。その思い込みを一刀両断することで、彼の中でどちらが大切か真剣に考えるのです。関係が浅いまま、この作戦を使うと返り討ちにあってしまうので、日々の積み重ねを経てからが実行どきです。

何があってもあなたの味方だからと、安心感をもたす
どんな自分でも、二番目女子は味方なんだという思いが募れば、人は居てやすい存在を選びます。相手が既婚者の場合は、反対にズルズルと関係が続いてしまいやすなりますので、既婚者の方とお付き合い
している方以外の場合となります。

他にもいい人がいると匂わす
私は魅力的な女だから、あなただけの都合のいい女じゃないの。と言わんばかりの磨きが必要となってきますが、男子にとって他にも男がいるの!?となったら惜しくなるのが本能です。男子は追いかけたい生き物ですから、他にも男がいるとなると、心とは裏腹に燃えてきてしまいます。

本命彼女を非難しない
自分のものを非難されると腹が立ちますよね。きっと誰でもそうだと思います。例えば、彼が本命彼女の愚痴をあなたに述べるとします。その時は、でも彼女の気持ちわかるなぁ〜あなたが好きだからじゃないかな?と言うように、私は第三者的立場ですよ的アピールで「いい女」を演じます。彼と同じように彼女の悪口を言ってしまうと、彼自身も言っているのに、それがムカつきポイントになってしまう可能性があるので、ここは選択を間違えてはいけません。

本命彼女がいるのに、好きになってしまった。それでもそばに居たいなら頑張ればいいのです。結構選ぶのは彼なのですから、二番目が非難される必要ありません。ですが、自分自身本命彼女になれたとしても、彼は同じことを繰り返しやすくなってしまうでしょう。
その時に本命彼女の気持ちが痛いほどわかると思います。色々な恋愛がありますが、理屈でどうこう出来ないのが恋愛です。リスクを負う覚悟があるのならば、頑張って彼を振り向かせて下さい。

PAK82_gannbattekudasai1039500-thumb-750x500-4071
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)