こんな男子絶対ありえない!そう思っていたのに・・・なぜかいつも好きになってしまう男子はダメンズばかりなのか?もしかして自分が引き寄せている?そんなお互いに成長も出来ない恋愛なんて、もうしたくない!そんなダメンズハンターの女子達に「見極めろ!ダメ系男子の特徴」そして「ダメ系男子に引っかかってしまう女子の特徴」をご紹介したいと思います。

【ダメ系男子の特徴】
誰が見てもこんな男ダメでしょ?と思うかもしれませんが、いざ自分の彼がそうだったとしたら、きっと私達は少なからず許し・見て見ぬふりをしていると思います。そんな明らかにダメンズ!という男子の特徴をお話します。

一番多いダメンズタイプ、お金にルーズ!
お金にルーズな男は、意外に多いと思いませんか。昔はルーズだったけど今は違うという場合や、最初はそんな風に思わなかったけど、最近感じる・・・というように、お金に対しての感覚は、皆さん無意識に敏感です。男女でしては別れてしまうかも・・・という問題ナンバーワンは、金銭問題というのですから、男女の関係が浅ければ浅いほど将来を考え別れという選択も頭に入れておいた方がいいでしょう。

避妊意識が低い
避妊意識が低い=責任感がないと捉えられてもしょうがないです。ですが、あなたとの関係を先まで考えているのであれば、お互い合意の上問題はありません。女子は特に、エッチ中の彼の要望を拒否することを、嫌がります。それは雰囲気を壊したくないという思いや、拒否することで関係が悪化しないかと考えてしまうからです。この時点で両者の立場関係は明白ですよね。ダメンズな彼に嫌われたくない思いで、ダメンズ彼のダメなところを飲み込む彼女も、また原因なのでしょう。

口論になると口調が激しくなる
ダメ系男子のわかりやすい特徴でもある、感情の起伏が激しい!カッとスイッチが入るかのように、口調は激しさを増します。男子が怒鳴りひしる声は、例え強気な女子であろうと恐怖を感じるでしょう。男らしさを感じさせるのは、もっと別の所で見せて欲しいものです。ですが、ダメ系男子は変なところで「俺は男だ!」という部分を意識し、女子に出してきます。そのようなタイプは同性に対しては弱いという傾向があります。

ギャンブルや賭け事が好き
ギャンブルが大好きな男子は、本当に多いです。ギャンブル好き賭け事好きだから、ダメ系男子だとは限りませんが、やはりお金にルーズとイコールになりやすいと思います。人に借りてまでギャンブルや賭け事をするほどなら、その男子からは早々に手を引いたほうが身のためです。自分の私利私欲のために「お金貸してくれる?」と言われるほど情けないものはありませんよね。

仕事が続かない、仕事をコロコロかえる
一つのことが続かない、持続できない。若い男子によくあることですが、社会人としては考えられないことです。したいことがあり、今の仕事を辞めるという考えは理解できますが、ただ単に嫌だからとか自分には合わないなどの理由なら、男として社会ではやっていけないですよね。しかも、その自分よがりの考えを肯定し「俺が悪いわけじゃない!」と開き直る所があります。重度なタイプだと「時代が俺についていけていない」と何様なんだ?と思ってしまうダメンズもいます。

【ダメ系男子に引っかかってしまう女子の特徴】
真実かどうかよりも上辺の言葉を信じる
ダメ系男子は、口が上手いと言われています。きっと色々なことを切り抜けるために、無駄に達者になるのでしょうか、ですが誰が聞いてもあり得ない話などでも疑いながらも信じようとするのが、ダメンズに引っかかりやすい女子の特徴です。

外見ばかりこだわっている
「あの子と、私どっちが可愛い?」など他人と自分をよく比較する女子。そして他人に対しても、外見で勝った、負けたと判断するのです。人間の魅力は外見だけでなく、中身も大切だという当たり前のことさえも見失っていては、男の見る目なんて養えるはずがありません。

自分にはもう後がないと思っている
「この人を逃したら自分には後がない…」というように、彼自身をちゃんと見ようともせずに、彼がいるということに価値を見出してしまっている女子は、ダメンズ彼と離れることを怖れ、言いなりになってしまいます。

恋愛経験が極端に少ない
男性経験が少なくてもいいのですが、恋愛経験が極端に少ないと、色々なことが初体験で特別意識をもってしまうのです。ですから、男子はこういうものなんだ…という間違った観念が植え付けられるのでしょう。

ダメ系男子とは、元々の性格と女子自身でつくり上げている場合があると思います。大好きな彼だからこそ、ダメンズなら直してあげる努力をする、自分自身で男をダメにしない。これに気づけなくては、お互いにいい関係を気づくことは出来ません。私達自身でダメンズを作り出さぬように、男女ともに向上出来る関係を築いていきたいと思います。

news_043
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)