束縛する男子と独占欲が強い男子なら、アナタはどっちを選びますか?今日はこの両者の特長についてお話させていただきます。

束縛する男子について
束縛が激しい男子はいます。付き合ったばかりならばまだ「かわいらしい」で済まされることでも、長い付き合いになってくると、「もういい加減にしてくれない?」という気持ちになってくるでしょう。束縛する男子の特徴にはいったい何があるのでしょう。

【自分に自信がない】
自分が周囲の男性と比べて劣っていると感じてしまうと、女性を束縛してしまうことがあるようです。自分に自信がないから、優れた男性のところに自分の彼女がいってしまうのではないかという心理が働いてしまい、彼女を必要以上に束縛してしまうというわけですね。アナタが「アナタが一番好きなのよ」という言動を見せ続けていくことで、彼は自信を持つことができてきます。

【彼女を支配したい】
彼女が自分の言うことを聞くのは当たり前。そう思っている彼氏はいます。男性と話すのも一切禁止で、「俺のことが好きならば、他の男と話す必要はない」なんていう過剰な束縛をするというのも特徴となるでしょう。でもこの行動は自分勝手に女性を支配したいだけですよね。

【過去の恋愛に問題あり】
昔の彼女に浮気されたことがあるなどの場合は、女性に対して信頼がなくなっています。アナタも浮気するんじゃないかという不安があるので、そういう目で見てしまうのでしょう。「私は浮気なんてしないから大丈夫」という態度を見せ続けるしかありませんね。彼氏がようやく安心しないと、束縛からは逃げられないかもしれません。
トラウマですから、そうそう簡単に消えることではないでしょう。そこを理解してあげなければ、お付き合いもうまくいきにくい関係になってしまう可能性が高いです。

独占欲が強い男子について
束縛が強いのではなく、独占欲が強い彼もいます。独占欲が強いということは、言い換えれば「嫉妬深い」ということになるでしょう。独占欲が強い男性の特徴をご紹介いたします。

【被害者意識が強い】
「いつも自分ばかりが嫌な思いをする」などといった、悲劇のヒーロー的な男性は独占欲が強い傾向があります。自分は悪くないのに・・・という思いから、何でも人のせいにしてしまいますね。「僕が嫌な思いをするのは、君が悪い」なんていわれてしまったら、たまったもんじゃありません。

【疑いやすい】
アナタと連絡がつかないだけで、「誰かと会ってるんじゃないか」「もしかして僕が嫌いになったのか」・・・など、どんどん疑心暗鬼になっていく彼。被害者意識が強い人と同じで、恐らく、過去に裏切られた経験があるのではないでしょうか。彼が悪いわけじゃないのかもしれませんが、こういう人にも「安心感」を与えてあげる必要があるのかもしれませんね。

【自信がない】
束縛する男子の特徴と一緒です。自分のいいところに目はいかず、どうしても周囲の男性と比べてしまいます。

【プライドが高い】
自信のない彼とは違い、逆に自信があり過ぎるのがこの「プライドが高い彼」です。自分は優秀で、誰にも負けたくないという気持ちが強く、負けず嫌いです。相手をしばったり、自分の思い通りにコントロールしようとする行動が目立ちます。

束縛する彼も独占欲が強い彼も嫌ならば・・・
束縛する彼も独占欲が強い彼も嫌ならば、付き合う前に見極めて付き合わないようにしなければいけないでしょう。ご紹介した特徴を持っている彼だったら、少し警戒する必要がありますね。好きになったからすぐに告白して付き合うというのではなく、特徴が少しでも見受けられれば、いったん様子を見るようにしたほうがいいと思います。ご紹介した特徴の他に、気を付けて見ていただきたいのが、「友達の数」です。
友達が極端に少ないのであれば、その彼は「束縛しすぎて友達にも嫌われている」という可能性が高いからですよ。狭く深い付き合いしかしないけれど、それでも交流は頻繁にしている・・・ということであれば問題はありません。しかし、本当に友達がいなくて引きこもっているようなタイプであれば、危険性が高いので注意が必要です。
また、友達の悪口ばかり言う男もダメですね。ただでさえ付き合いがないのに、その友達のことを悪く言う男なんていい男はいないものです。

さいごに
いい男というのは、やっぱり見ていればわかります。束縛したり、彼女をコントロールしようとする男というのは、心に余裕がない証しです。他人をほめることができない男性の場合、自信を自分に持っていないので、人の好さを認めることもできないわけですから、そんな人であれば付き合わないようにしておきましょう。人をきちんと褒める。彼女を認めてる・・・。
そういう男性は、束縛も独占欲もあまりありませんよ。束縛されてうれしいという女性はいいのですが、束縛され過ぎるのが嫌だという女性は、こういった男性と付き合っても幸せにはなれません。

PAK99_nukenoarukabedon20140301500-thumb-869x600-4289
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)