人は弱っている時こそ誰かに頼りたい生き物です。しかも独り暮らしをしている男子なら特に、何も自分では出来ないのですから心の中で「誰か~・・・」と呼んでいるに決まっています。そんな弱っている時に、「お粥作ろうか?栄養のあるもの食べなきゃ治らないよ?」なんて言って、食材を買ってきてテキパキ作ってくれる女子がいたら好きになってしまいますよね。
男子の中でも、風邪で寝込んで学校を休んだ時に学校のプリントや、授業のノートを持ってきてくれたら好きになる。とか独り暮らししている時に、身体がしんどくて何もできない中、彼女が家に来てくれて身の回りの事をしてくれた時に、結婚するならこの子だなと思った。というように弱っている時にこそ、彼女の存在が大きく感じさせることが出来るのです。
彼とあと一歩距離を縮めたいと思っている女子や、気になる彼に意識してもらいたいという女子は、このお見舞いで高ポイントを収めることで、彼との距離はググッと縮まること間違いありません。

【お見舞いの時に持っていくべきモノor作ってあげると喜ばれるモノ】
◆男子が一番喜ぶのは手料理
「お見舞いに来たよ~」と来てくれ、しかもちゃちゃっとお粥やおじや、温かいうどんなどを作ってくれたら惚れるしかありません。自分の体に気を使ってくれながら、自分のために手料理を作ってくれる女子を、男子の中で嫌う人間はいません。
ここで重要なのが、テキパキと作ってくれるのもありがたいですが、出来ないなりにも作ってあげたいという気持ちが、男子からすると嬉しいようで、出来る・出来ないはあまり関係ないようですので料理が苦手な方でも、大切な彼が寝込んでいたら進んでお見舞いに行く事をお勧めします。

◆フルーツやあっさりしたもの
体調が悪い時に食べられるものは決まっています。お粥やうどんのようなあっさり食べられるものか、口の中がさっぱりするフルーツなんかも口当たりが良いです。フルーツからとれる水分で水分補給も出来るので、フルーツは嫌がられることなく持っていくことが出来るお見舞い品です。
手料理だと関係性が浅い場合、ずうずうしく感じられるかもしれないと不安になる場合は、カットされているフルーツではなく、剥いたりしなくてはならないフルーツを選ぶことがお勧めです。女子力をアピールすることも出来ますし、手料理とまた違い簡単に出来るので長居することも無く済ませられるからです。

◆暇を持て余す事の無いようにDVDや本
体調が悪い時はDVDや本など意味がありませんが、風邪などひいている時は昼間に沢山寝るので夜は目が冴えてしまうことがありますから、そんな時にDVDや本のお見舞いの品は嬉しいですね。こういう時は簡単に軽く見ることが出来るものを選ぶのが重要で、サスペンスやコテコテのラブストーリーとかはNGで、「もう少し俺の体調考えてくれよ・・・」と思われてしまうので、DVDや本のチョイスはあなたの優しさや気遣いが試される場面でもあります。

【お見舞いの時のNG行動】
◆事前に訪問することを伝えずに、サプライズ訪問
彼から「少し体調が悪くてさ・・・」という連絡がきて、女子が思いがちな行動は「サプライズで行く方が彼からすると嬉しいかも?」と勘違いしてしまっています。好きな子が来てくれるのは嬉しいですが、やはり事前に報告がある方が相手側からするとありがたいですよね。
もしかしたら、熱が高い時だと来てもらっても起き上がることさえできないかもしれないし、チャイムが鳴っても出れないかもしれませんからね。サプライズ訪問が成功するケースは、事前に彼から「もう熱も下がったけど、安静にしているね」とか「暇だ~」という会話があった場合なら、「来ちゃった!」というサプライズ訪問は成功かと思います。

彼がしんどいかどうかを気にせず長居する
体調を崩して寝込んでいるのだから、無駄に長居することをお勧めしません。反対に自分が寝込んでいる立場なら、さっとすることをして帰る方が嬉しいですよね。うつるかもしれないと病人に気を使わせるのは申し訳ないです。
お粥など手料理を振舞う時は、彼に食べさせてあげて洗い物をちゃちゃっと済ませ「ゆっくり寝ているんだよ?」と一言言って立ち去るのがベストですね。
会話をするのもしんどい時は、水分補給の出来る水や、簡単に食べられるゼリーなどを買って玄関先でお邪魔するのも良いと思います。

◆何も持っていかずに顔を見に来ただけ
「風邪ひいたって聞いたから!」と何も持たずに訪問されても、彼からすると「せめて水とか冷えピタとかないのかな?」と思われてしまいます。コンビニはどこにでもあるのですから、彼の家に行く前によって、食べる・食べないではなく、あれば嬉しいかな?というものを買っていくだけで全然印象が違いますよね。男友達ならあり得る話ですが、女子なのですから、そこは何か一つでもお見舞い品を持参することが大切です。

omimaimain
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)