漫画やラノベの流行もあり、最近では女性も理想が高くなっているようでありますが、どちらかと言いますと、女性は現実を見る傾向があり、男性はいつまでも理想を追いかけるというのが、お約束の流れでありました。いや、聞いた話しでありまして、筆者が身を以て感じる事では無いのでありますが……
うんと年下や、猫耳の生えたツンデレなんていうのは、ただの現実逃避でありますが、そこは男性もちゃんと学ぶようでありまして、後に現実(現次元?)を見つめ、その上で更に理想を描くわけであります。理想だけで言えば、胸が大きくて性欲モリモリの女性、というのが本心なのでしょうが、今回はもっと突き詰めて、最終的に長く一緒に居たいと思われる女性とはどんなものなのか見て行きたいと思います。
大切なのは、男性の結婚観を把握することであります。現実逃避真っ只中の彼に夢中なアナタも、イマイチ反応が薄い彼氏持ちのアナタも、どうぞお付き合いくださいませ。

【男の儚い結婚像】
遊んで帰っても何も聞かずに出迎えてくれる人がいい。そして美味しい食事が用意されていて、風呂が沸いていて、洗濯もしてくれる。毎日パリッとしたワイシャツを着る事ができて、でもって自分の稼いだ金はある程度自由に使えて。
一歩下がるように、黙って付いて来る存在がおまけにある、そんな結婚ならば良い。
儚い夢でございます。もちろん、一瞬過るのみの理想だということは男性も直ぐに気が付きます。侍の時代ではないのだと、今時は女性も侍よろしくの力をもっていると、悟っているわけでありますね。

【男性の結婚に対する本音】
 さて悟ったところで、もう一つ男性が想う事は「結婚したくない」ということであります。本心でありますね。年収を求められ、息抜きのパートを許せと懇願され、ならば家事も折半だろ、という女性のワガママに振り回されるわけでありますし、そんな状態の周りを見てしまっているのですから、理解できる気もいたします。ここに子供ができると、育児も手伝えや、という事になっていくのですね。いつまでも遊びたい男性陣にとっては、足かせであります。

【結婚したい女とは】
理想は現実には居ないものでございます。ならばどんな女なら、消極的な男性も結婚したい!と思うのでしょうか。ポイントはズバリ、母性であります。赤ちゃんだけではないのです。それを求めるのは男性も同じであります。
故に、男性は女性とくらべてお子様なのでありますね。即ち母のような広い懐と、手綱をしっかり握ってくれる存在であります。男性が「帰りたい」と思えるような人こそが、結婚したい女性なのではないでしょうか。
お遊びが過ぎればガッツリ叱る。嫉妬や妬みで縛るのではなく、叱るのです。尻を叩く勢いで。そして彼が弱っていれば、下手な慰めではない何かを与えられる、そんな女性。
だからと言って、常に厳しいわけでなく、しっかり甘えさせてくれる。もちろん、彼もアナタの事を本当の母だとは思いませんよ、ちゃんと女として見てくれます。この人を養っても良い!と男性が思える女性は、都合良く平等を主張したり、ワガママに約束を変えたりする人では無く、自分の立場や出来る事をしっかり踏まえて、貫く人なのであります。

【母性を出すのは難しい?】
良い女=結婚したい女=母性、とざっくり書きましたが、母性なんてどうやって出せば良いの?私が甘えたいのに!なんていう人も居るかと思います。確かに、意識して出せるものではありませんね、色気なんかもそうですが。極端に考え過ぎて、土手っ腹の母ちゃん、を想像する人も存在するかと。そんなの成りたく無い!と思いますよね、極端過ぎます、落ち着いて下さいませ。
彼を赤子のように見てみるのはいかがでしょうか。見下すのではありません。聖母の様な眼差しで見つめてあげるのです。筆者は仏教徒なので聖母の事はよくわかりませんが、とにかく温かく包む。それが一番手っ取り早くできる事ではないでしょうか。
正直、根っからの天然物の母性を醸し出す(意識してないですよ、もちろん)女性は居ます。その人達には中々勝てません。事実なのでございます。掌で転がすのが上手いのとわけが違いますから、How to で成せる技ではないのでありますね。あぁ、向いてないわ、やっぱり私が甘えたいし寄りかかりたいし、男にも母性を求めなきゃ!という女性は、また違った「良い女」の道が存在すると思いますので、機会があれば触れてみたいと思う所在であります。

一時の幸せも素敵でありますが、長い目で見た時、続いている幸福のほうが、女としても男としても人生充実するのであります。

o04810319121011katase
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)