誰しもが「汚い」と嫌なものです。男性にとって女性というのは理想化していますから、「キレイであって当たり前(キレイにしていて当たり前)」と思っている部分があります。そこを汚くしていると、「うわ~、サイアク」とゲンメツしてしまいますよね。では、男性にとって、女性にキレイにしていてもらいたいところってどこになるのでしょうか?

女性のここが汚いと幻滅する場所
【キッチン】
キッチンがキレイじゃないと、「料理ができない人」と思われてしまいます。まあ、料理ができる人は絶対にキッチンを汚しませんからね。それに冷蔵庫の中身に賞味期限切れのものだってありません。

【トイレ】
トイレが汚いなんてとんでもない話です。男性がトイレに入って、もし「アレ」がくっついていたら・・・。想像するだけで嫌なものです。

【部屋】
部屋が汚いのもありえませんし、ズボラ女だってことが判明してしまいます。せめて、週に1回くらいは片付けましょう。

【爪と皮の間の汚れ】
こういうところに目がいく男性は多いものです。どれだけ外見を磨いても、そこが汚いと外見だけ気を使っている女になってしまいますよ。

【財布の中】
レシートやポイントカードで財布がパンパンに膨れ上がってしまっている財布は清潔感がありません。また、ネガティブなイメージを与えてしまいますから、レシートはきちんと処分するか片づけるかして、ポイントカードはむやみに持たないようにするといいのではないでしょうか。
財布というのは見ようと思ってみるものではありません。しかし、ふとした瞬間に見えてしまうのは仕方ありませんよね。財布が汚い人は、整理整頓ができない人だと思われてしまいますので、整理整頓ができる女を目指しましょう。

【言葉遣いが汚い】
口の悪い女性は品がありません。若い子であっても、正直言葉が汚いと嫌われます。それなのに、社会人になった女性が汚い言葉づかいだったらどう思いますか?どんなに顔が可愛くても、服装を完璧にしていたとしても、言葉づかいが悪ければすべて台無しになってしまいます。自分の外見に気を使う前に、言葉づかいから治すようにしていったほうがいいですよ。
コミュニケーションというのは、言葉でするものです。汚い言葉を話されてしまうと、話しているほうが疲れてしまいます。何より、聞いていて不愉快な気持ちになりますから、言葉づかいをきれいにする。悪口や陰口は叩かないようにしてください。

ここが汚いと幻滅してしまう場所と綺麗にするためのポイント
【キッチン】
水回りが汚いと、風水の考え方としてはお金が逃げていくと言われていますよね。また、運気を下げるとも言われていますから、料理をしたら片づけるようにしましょう。確かに面倒なときもあるかと思います。洗い物を後回しにしたいという気持ちもわかります。そういったときは、台拭きで流しを拭く・・・くらいはすることから始めてみてはいかがでしょうか?

【トイレ】
トイレは週1くらいで掃除するようにしましょう。トイレをきれいにすると、自分にいいことが返ってくると言われていますから、掃除しても損はありません。

【部屋】
とりあえず、目につくものから片づけるようにしていきましょう。使わないもの・いらないものは処分すること。捨てるのがもったいないのであれば、リサイクルショップやオークションなどを利用して売ればいいのです。

【爪と皮の間の汚れ】
お風呂に入ればきれいに取れます。ここが汚いと「お風呂に入ってないの?」って思われてしまいますよ。

【財布の中】
レシートを取っておく必要がないのであれば、処分してください。もう行かないだろうというお店のポイントカードも破棄してもいいのではないでしょうか?

【言葉遣いが汚い】
日本語がきれいに話せる女性はとても素敵に見えます。「マジ」「うぜー」「うるせー」・・・と言った言葉はもう卒業してください。学生ではありません。立派な社会人なわけですから、もう大人になりましょう。

さいごに
男性にとって、キレイでいてほしいところは人それぞれ違いますが、それでも大方共通しているものです。外見にしろ、内面にしろ、整理整頓にしても、そこをきちんときれいにすることができれば、「完璧な女性」と思われます。もちろん、全部を完璧にする必要もありませんし、なかなかできないですよね。
ならば、できることから始めていきましょう。キッチンを片付ける、トイレを掃除する、財布の中身を片付ける・・・なんてことは、すぐにできてしまうことです。確かに「面倒」だと思うかもしれませんが、それを繰り返していくと体が慣れてきますから、気付いたらやっているようになりますよ。

20140313ikuho161
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)