テーマは題通り「男の好きな女の仕草」でございます。もう今更書かなくても様々な所で扱っている事柄でありますから、情報収集済みだよという読者も居るのでは、なんて本心思いながらも、つらつらと筆者目線で綴って参りますので、どうかお付き合いくださいませ。

 
【キュン度:★☆☆】
◆美味しそうに食べる……恥ずかしがらず気取らず、大きな口で美しく食べる姿に、男性は心癒されるようであります。おちょぼ口でも大丈夫、少しくらい口に食べ物が付いていても、可愛さの内であります。子供っぽさが、また良いのでしょう。きっと。
◆注意点……だからと言って、咀嚼中や飲み下す前に喋ろうとするのは、美しさに欠けますので避けてくださいませ。美味しい、と場を保たせる為にも直ぐにアピールしたいのは解りますが、如何せんお間抜けさんに見える上、やはり美しくありませんからね、最低限のものは保ちましょう。

 

【キュン度:★★★】
◆裾(袖可)を掴む……よく漫画なんかでもある仕草でございます。王道ですね。ちょこっと掴まれるのは、男性の強さに付いて行く女性のか弱さ、という印象を与えるようで、人気なのですね。呼び止める際や相手の歩行速度が速い時など、使える場面は様々でございます。
◆注意点……パーソナルスペースに侵入しての行動でありますから、嫌に感じる男性が居るのも確かであります。大抵は通用する仕草でありますが、タイミングをしっかり見極めて実践するのが吉であります。

 

【ドキッ度:★☆☆】
◆髪に手をやる……男性には無いもの、それは長い髪であります。長髪ポニーテールの男性も居ますがそれは置いておいて。やはり女性特有のものを活かした仕草は、鼓動を早める効果があるようで、安定して人気でございます。具体的に言いますと、耳に掛ける、結ぶ、その時のゴム咥え、ほどく、コートの襟からバサッと出す等々。ショートヘアの人は項(うなじ)で勝負であります。半端な長さの人は……伸びるのを待ちましょう。◆注意点……この仕草は日頃より無意識に行っている動作ですので、これといったアドバイスは無いのですが、強いていうならば髪をちゃんと洗っておこう、ということでしょうか。

 

【ドキっ度:★★☆】
◆見つめる……これは女性が男性にやられても、グッときてしまう仕草かもしれませんね。話しをしっかり聞いてくれているようで嬉しい、プラス、といった感じなのでしょう。
◆注意点……意中でも無い相手にむやみにやらない事が大切でございます。というのも、ドキを超えると「その気」になりますから、相手様も。”女からの好きアピール”としても上がる仕草なので加減が必要でございます。裏を返せば、それ程効果のある技なのですね。

 

【ドキっ度:★★★】
◆脚を組み替える……色気の伴うこの仕草、中々好きな男性は多い様で。見えそうで見えない、のもそうですが、パンツスタイルでも格好良さが際立つので良いのでございましょう。網タイツ云々と日常離れした意見もありましたが、それも一つの理想なのでしょう。網タイツ履きましょう。
◆注意点……品は捨てずに居て下さいませ。わざと大きく組み換えてテーブルを蹴ったり、予め感漂う下着を見せたり、そういうのは控えましょう。

 


【一番好きな仕草は?!】
明日から即実践してみて下さいませ、小賢しく。
しかしながら、やはり”さりげない仕草”に勝るものは無いのでございます。あくまでも自然体で過ごして行く中で、勝手に男性はキュンとしたりドキっとしたりするものですから。素のままのアナタに鼓動を速めてくれる男性こそ、大切にしたい相手なのですね。

女の仕草

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)