結婚を考えている彼との関係は良好!でも結婚となるといつの時代も、当人だけでの問題ではありません。家同士のお付き合いというものがオプションで付いてくるので、当人がどれだけ仲睦まじくても義父と義母との反りが合わないと彼との関係は良好には進まなくなってきてしまいます。
それほど結婚相手の両親との関係は、難しいものと思っておいてほしいですね。ですが、中には最初から彼女と義母の仲がいいパターンもあるので一概には言えませんが、気に入られるための心構えは持っておいた方が賢明だと思います。

【その1、交際相手の両親に挨拶に行く時には?】
お家にお邪魔するのだから手土産は持参しておくこと
事前に彼や彼女の両親の好きなモノは聞いておいて、挨拶に行く時に持参して実家に伺いましょう。やはり何も持たずに出向くよりも、家にお邪魔するのですからお礼の気持ちと初めましての気持ちを込めて持っていく事が、挨拶の礼儀なのです。
昔の時代では、友達の家に遊びに行ってくるね!と母に言うと「じゃあ、お宅にあがらせて貰うのだから、これ持っていきなさい」と手土産を持たせてくれたものです。今の時代は、友達に家にお邪魔したとしても手土産持参してくる礼儀正しい子供は少ないですよね。そういう部分をしっかり理解していれば、何が必要で大切かは分かってくるものだと思います。

玄関先で最初の挨拶は済ませておく
一歩足を踏み入れたら、覚悟を決めて元気に挨拶をしましょう。好きな人の両親なのですから、笑顔でその時間を過ごしてください。初対面のご挨拶は「初めまして、○○さんとお付き合いをさせていただいている○○です。」と簡潔に済ませましょう。
そして、客間へ招かれるので、その時に手土産を渡して下さい。紙袋は取っておいて両手で渡すことです。「つまらないものですが…」と思わず言ってしまうかもしれませんが、この言葉は謙虚な一言ではなくマナーとしては失礼な言葉なので気を付けてくださいね。相手の両親は、こちら側からすると緊張する瞬間ですが、相手からすると安心出来る場所でもあるので相手の知らない一面を垣間見れる事があります。
挨拶は恥ずかしがらずに、緊張せずに会話を楽しみましょう。相手のご両親も結婚を考えている相手なので、構えているとは思いますが、これからもお付き合いをしていくのですから、いつものように自然体にいることが一番です。

【その2 イベントがある時は、高いものでなくてもプレゼントを用意する】
自分の両親にクリスマスやバレンタイン、誕生日にプレゼント(形にある物でなくても)は渡しますよね。日頃の感謝の気持ちを込めて。結婚を考えている相手なら、いつかは自分の義理の両親になる人たちなのですから、少しの気持ちだけでも表すと相手の両親との関係は良好に繋がると思います。
物自体に喜ばれることではなく、気にかけているという思いが伝わることで、結婚しても「この人なら安心だな」と思うのです。相手も「自分の両親を気にかけてくれている」という思いは伝わり、結婚を現実的に意識できる部分だと思います。

【その3 彼との問題は彼のお母さんに話を聞いてもらうようにする】
結婚をした場合の、義理のお母さんと仲良くなる方法でもありますが、これは結婚前でも効果的です。女子は彼の不安や不満は自分の家族や両親に話してしまいがちですが、本当は彼のお母さんに話すことが一番だと言われています。
その理由は、可哀想だとか同情しかない話し合いではなく、生まれた時から彼を見ている母親だからこそ、彼女も聞く耳を持てたり、解決の糸口につながるのです。自分の両親に不安や不満をぶつけてしまうと、両親から「○○さんて、そんな人なの?」と大袈裟に取られてしまうからです。
自分の中にもまだ余裕がある段階なら彼のお母さんに話を聞いてもらい、そして心に余裕がなくなってしまうほど思いつめてしまったら、次は自分の両親に救いの手を伸ばしてもらいましょう。こうすることで、彼のお母さんとの関係はいい方向を向いてくれ、彼も彼女の両親にあれやこれやと愚痴を言われるよりも、自分の両親に言ってくれていた方が、何かと安心だからです。
好きな人の両親によく思ってもらうとなると、色々大変な気もしますが、そこは好きな人のお母さんとお父さんなのだからという気持ちを、常日頃から持っていることで自然と関係は良好に繋がると思います。あまり意識しすぎない事が一番のポイントかもしれませんね。
無理して好かれるために、自分の許容範囲を超えるほど頑張り過ぎたら、いつかそのしわ寄せが自分に返ってきたり、また無理して頑張っていたことが、彼の両親からすると当たり前なんだという風に捉えられたら、しんどくなってしまうのは自分だという事を忘れないようにしてほしいですね。結婚を考えている彼女に彼氏!お互いが仲睦まじい二人なら、両親は何も思うことなく、二人の幸せを願ってくれるはずですよ。

img_start
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)